ガッツリ、うまい「赤身肉」づくし! 肉の名峰『肉山』プロデュースの「ステーキハウス」が誕生

2017年12月05日
カテゴリ
トレンド
  • 北参道・千駄ヶ谷
  • ワイン
ガッツリ、うまい「赤身肉」づくし! 肉の名峰『肉山』プロデュースの「ステーキハウス」が誕生
Summary
1. 超人気の肉料理店『肉山』プロデュースのステーキが食べられる「ステーキハウス」がオープン
2. 昼と夜に店のコンセプトが変わる新しいスタイルの店
3. 豊富な種類のアルコールはワンコインで飲むことができる

人気肉料理店『肉山』プロデュースのステーキハウスが千駄ヶ谷にオープン

今密かに話題になっているステーキ屋がある。あの予約がとれない肉料理の人気店『肉山』のステーキが食べられるステーキハウスがそれだ。その名も『ステーキセンダガヤ』。だが、店の前に行くと『THE BURGERS』というハンバーガー屋になっている。

その謎をひも解くと、どうやら昼はハンバーガー屋『THE BURGERS』として、夜になるとガッツリ肉感のあるステーキを提供する『ステーキセンダガヤ』として、店名とコンセプトが変わる。昼と夜で店が変わる新しいスタイルの店なのだそう。

両店がオープンしたのは国立競技場の近く、神宮前二丁目。遡ること2017年4月に、同じ地にハンバーガー屋『THE BURGERS』がオープンした。

そこはグラスフェッドビーフを100%使用した特製パティが自慢のハンバーガーを提供する店として好評だったが、夏に一時休業。そして再び昼と夜2形式の店として9月11日にリニューアルオープンしたのだ。

夜から営業の『ステーキセンダガヤ』は、『肉山』監修のステーキを食べることができる。

ビルの3階に位置する店の扉を開けると、コンクリート打ちっ放しのアメリカンな雰囲気のある空間に20席ほどのテーブルやカウンター席。

オススメなのが大勢で訪れたときに利用したい店内奥のソファ席だ。ガラス張りの窓から日光がサンサンと降り注ぎ、千駄ヶ谷の街並みを望むことができる。

席は予約することができるので開放感あふれる空間で過ごしてみてはいかがだろう。

昼はハンバーガー屋、夜はステーキハウスとして営業するスタイル

注目したいのは、予約の取れない肉料理の名店『肉山』監修のステーキが食べられる、渋谷区唯一のお店ということ。昼営業の『THE BURGERS』に加え、夜から営業を開始した『ステーキセンダガヤ』は、オーストラリア産グラスフェッドビーフを使用した、食べごたえのある赤身肉をこころゆくまで食べられる。

「グラスフェッドビーフ」とは、大自然の中でストレスを与えず、牧草だけを食べて、伸び伸び育った放牧牛のことを指し、赤身が多く、肉本来の味、香りが楽しめる牛肉だ。

『肉山』の肉が提供できるのは、同店のオーナーと『肉山』のオーナーが交友関係にあることが背景にある。特徴は、肉のほとんどが赤身であること。ほどよい弾力と牛肉のうまみがぎゅっと凝縮された赤身肉は肉ラヴァーにはたまらない一品だ。

ステーキメニューは「サーロイン」「リブ」「ハラミ」「ラム」の4種類をラインナップ。それぞれ250g刻みで注文が可能で、250gが「ニーゴー」、500gが「ゴーマル」、750gが「ナナゴー」、1kgが「キロ」というユニークなメニュー表示となっている。

注文後に塊肉をカットし、熱々の鉄板で焼く。肉の下味はシンプルに塩、コショウのみ。サーロインはレアでハラミはミディアム、部位によって焼き加減を変えており、それぞれベストな状態で提供される。

グラスフェッドビーフを100%使用した特製パティと『肉山』のステーキがダブルで味わえる「ステーキバーガー」

まずは、昼営業の『THE BURGERS』の一押しメニュー「ステーキバーガー」(写真上)を味わってみる。最大の特徴は、パティ+ステーキのダブルビーフになっていること。グラスフェッドビーフ100%の特製パティになんと『肉山』のハラミステーキが加わり、2種類の肉を豪快に味わうことができる。

バンズは、表参道のベーカリーショップ『パンとエスプレッソと』のものを使用。ほのかな甘みとふわふわな口当たりが特徴のバンズと食べごたえがあるステーキは相性抜群だ。

ランチとディナー両方楽しめる!ボリュームがある肉サラダボウルは女性にもオススメ

次に、『THE BURGERS』と『ステーキセンダガヤ』の両店で提供している「肉サラダボウル」(写真上)。こちらは、ランチとディナー両方の時間帯で楽しむことができる。

ボリュームたっぷりの国産の野菜に『肉山』のハラミがトッピングされた女性にもオススメしたい一品だ。わさびドレッシングでいただくハラミは、レアながらも柔らかく野菜との相性も抜群。ランチメニューにはパンとドリンクがセットになって提供される。

これぞまさに肉の名峰!4種盛りオールミートで『肉山』を味わい尽くせ!

夜の『ステーキセンダガヤ』では、それぞれ特徴のある4種類のステーキメニューを味わうことができる。それに加えて全部盛りというスペシャルなメニューが存在する。「肉盛り4種」(写真下)は、サーロイン、リブ、ハラミ、ラムの4種類の肉が一度に味わえるスペシャルなメニューだ。

それぞれ焼き加減が違う特徴のある『肉山』の肉が豪快に盛り付けられて供されるその姿はまさに火山! 柔らかくジューシーでうまみたっぷりのサーロインは自家製のタレでいただく。

ハラミはしっかりした食感の中から肉のうまみが口の中で広がりマスタードと一緒に食べるとウマさが倍増! 山盛りながらどんどん食べ進められる。

『肉山』のステーキには「肉山ワイン」がオススメ! ワンコインで楽しめる豊富なアルコール

絶品のステーキにはアルコールを合わせたい。同店ではビールをはじめ、ハイボールやサワーなどのアルコールがオール500円で楽しめる。

その中でもオススメなのが、「肉山ワイン」。『肉山』のステーキには「肉山ワイン」を合わせてみてもいいだろう。スパークリングと赤ワイン2種類あるので、一度味を確かめてみてはいかが。

「原宿や千駄ヶ谷など、主要駅から少し離れていますが、都会の喧騒を忘れてゆったりと『肉山』のステーキが食べられます。お昼に提供しているハンバーガーなど一部のメニューはテイクアウトもできるので、気軽に来店していただけると嬉しいです」と店主の清川篤志さん。

昼と夜は違う顔を見せる新しいスタイルの店で『肉山』監修のステーキを豪快に味わってみてはいかがだろうか。

【メニュー】
肉盛り4種 7,000円
肉サラダボウル 1,200円
ステーキバーガー+フレンチフライ+ドリンク 1,500円
※価格は税込

THE BURGERS/ステーキセンダガヤ

住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-22-1 3F
電話番号
03-6447-1575
営業時間
THE BURGERS:月~金11:30〜15:30、土日祝11:00〜17:00/ステーキセンダガヤ:月~金17:00〜23:30(土日祝定休)
定休日
ステーキセンダガヤのみ土日祝定休
公式サイト
https://www.theburgers.shop/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

日本一、作るのが面倒な「餃子」とは? ウマすぎて、餃子LOVE芸人も唸った無類の「餃子BAR」
日本一、作るのが面倒な「餃子」とは? ウマすぎて、餃子LOVE芸人も唸った無類の「餃子BAR」

1.中野に“日本一作るのが面倒くさい”餃子が食べられるBARがあった! 2.料理人として異例の経歴を持つシェフが作る餃子は、まさに芸術品 3.BARだけど、ランチやコース料理もあるからいろんなシーンで使える