「幻のカニ」をガーリックエキスで食べる本場の味がたまらない! 香港の老舗「海鮮料理店」が初上陸

2017年12月04日
カテゴリ
トレンド
  • 銀座
  • 初上陸
  • 中国料理
  • 魚料理
  • 東京
「幻のカニ」をガーリックエキスで食べる本場の味がたまらない! 香港の老舗「海鮮料理店」が初上陸
Summary
1.香港の名物料理の一つ「避風塘料理」の名店が日本初上陸
2.看板メニュー「マッドクラブのチリガーリック炒め」ははずせない一品
3.気軽に避風塘料理を堪能するならまずはお得なランチを味わうのがオススメ

香港に本店を構える海鮮料理の店『喜記(ヘイゲイ)』が日本初上陸

「香港に行くと必ず訪れるお店がある。」香港をよく知る人間が皆口を揃えていうほど自信を持って紹介できる香港料理の名店が日本に上陸してきた。それが香港に本店を構える海鮮料理の店『喜記(ヘイゲイ)』だ。

同店は、かつては「避風塘(フェイフォントン)料理」をタイフーンシェルターに停泊する船上で供し、その後陸上のレストランとして営業するまで50年の歴史がある香港を代表するレストランの一つだ。

そんな『喜記(ヘイゲイ)』が1号店に選んだ地は東京の中心街とされる銀座。この春オープンした銀座最大級の大型商業施設や有名ブランドショップが並ぶ今最も注目の銀座6丁目に位置する。

船をイメージしたデザインのファサードが『喜記』の入口。店舗は階段、またはエレベーターを上がった2階に位置する。

「香港の本店には行ったことがあるけれど」、そう思って訪れる訪問客は多いという。日本の店はどんな料理を出すのだろうか、そんな期待感を胸につのらせながらドアをあけるとスタッフが温かく迎えてくれる。

高級海鮮料理店でありながら敷居の高さを感じさせない雰囲気に、自然と緊張感がほぐれ安心感に変わる。店内はテーブル席やゆったりしたソファ席がある落ち着いたレイアウト。奥には個室もあり、心ゆくまで料理を味わうことができる空間が用意されている。

生きたまま空輸される鮮度抜群の『喜記』の看板メニュー「マッドクラブのチリガーリック炒め」

銀座店での料理は、前菜からメインの海鮮、麺、点心、デザートまでその豊富な種類の料理はほぼ本店と同じのライナップだ。

海鮮(シーフード)と言うと高級、高いというイメージが強いかもしれないが、ここでは気取らずリーズナブルな値段で、しかも最高の素材を使った料理が楽しめる。

そんな『喜記』のオススメ料理をご紹介しよう。

まず、『喜記』の看板メニュー「マッドクラブのチリガーリック炒め」は絶対外せない一品。幻の高級ガニと呼ばれるマッドクラブを贅沢に使い、『喜記』特製のガーリック調味料で炒めた海鮮料理だ。

ベトナム製の蟹は生きたまま香港から空輸。ぶつ切りにした生の蟹を新鮮なままサッと湯がき、豆豉と蟹油で揚げる。さらに蟹のエキスが出るように蟹油を追加し、油を切ったら味の決め手となる『喜記』特製のガーリック調味料「蟹油蒜蓉」で更に炒める。仕上げに青ネギを入れて完成だ。

蟹がエキスを吸うので身にうまみがしっかりついて、芳醇な味わいを醸し出す。

ぎっしりと詰まった蟹身も上質な味わいだ。身は甘くてプリプリ、殻についたニンニク唐辛子の香ばしい塩味がぴったり合う。

カニの甘みとカラッと爽やかなスパイシーさが後を引きお酒も進む。ご飯や麺と合わせて食べてもオススメだ。生きたまま空輸される鮮度抜群のマッドクラブを、 贅沢に、豪快に、たっぷりと味わってほしい。

身がぷりっぷり!秘伝のレシピで調理された「アサリの豆豉ソース炒め」はビールが進む一品

もう一つ海鮮でオススメなのが「アサリの豆豉ソース炒め」。身がぷりぷりで大きめの国産のアサリを、黒豆を麹で発酵させて作った豆豉とニンニク、秘伝のレシピで調理した一品。ソースが絡んだアサリは噛むごとに食感が良く、うまみとソースの辛さが絶妙にマッチしている。

シンプルだが濃厚!蟹の風味が感じられる『喜記』でしか味わえない絶品焼きそば

そして、麺料理でオススメなのは「焼きそばチリガーリック風味」だ。細麺ともやし、ねぎ、ニラ、さらにチップを中華鍋に投入し、蟹油で跳ねるように素早く炒める。最後に味の決め手となる老抽を少量入れながら炒め、仕上げに「蟹油蒜蓉」をかけて完成だ。

味付けはいたってシンプルだが、蟹油で炒めるので麺や具から蟹の風味を感じられる。『喜記』でしか食べることができない絶品の焼きそばを味わってほしい。

なお、先に紹介した「マッドクラブのチリガーリック炒め」をはじめとする『喜記』の料理の多くに使用されている「蟹油蒜蓉」(ガーリック調味料)は、本店ではお土産としても販売している。今後日本でも近く販売を予定しているのだそう。

「香港の『喜記』の味を日本でも味わっていただきたく銀座に出店しました。香港に行ったことがある方にとっては思い出を味わえるようなメニューになっています。初めて来店された方にも香港料理を十分に楽しんでいただけるお店です。オープンを機会に香港の文化も雰囲気も広めたいですね」と店長の楊少華(You Shoka)さん。

一品料理の他に大人数でシェアしてそれぞれ料理の味を堪能することができるコース料理もオススメだ。

海を越え、日本にやってきた本場香港の海鮮料理を銀座で堪能してみてほしい。

【メニュー】
マッドクラブのチリガーリック炒め(避風塘炒蟹) 4,800円
アサリの豆鼓ソース炒め(豉椒炒蜆) 1,200円
焼きそばチリガーリック風味(蟹油炒麵) 1,000円
※価格は税抜

喜記(ヘイゲイ)

住所
〒104-0061 東京都中央区銀座6-3-11 西銀座ビル2F
電話番号
03-3289-0505
営業時間
ランチ11:30~15:00(L.O.14:30)、ディナー平日17:30~23:00(L.O.22:00)、ディナー土日祝17:30~22:00(L.O.21:00)
定休日
無休
公式サイト
http://heigei.jp

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

フレンチ界の偉才 渡辺雄一郎シェフが通う「看板のない酒場」

【腕利き料理人が通ううまい店】世の食いしん坊たちを魅了する腕利き料理人こそ、選ばれし生粋の食いしん坊。好奇心を刺激しに、疲れた身体を癒しに通う店には、間違いない味と心意気がある。料理人から料理人へ、バトンを受け継いでとっておきの一軒を追う。

須永久美
ライター