【2017年版】予約必須! 超人気パティスリーの極上クリスマスケーキ5選

2017年11月23日
カテゴリ
トレンド
  • まとめ
  • スイーツ
  • クリスマス
  • 東京
【2017年版】予約必須! 超人気パティスリーの極上クリスマスケーキ5選
Summary
1. SNS映え間違いなし! 『ジャン=ポール・エヴァン』と『LOUANGE TOKYO』のアートなケーキ
2.名パティシエが生み出す至宝のクリスマスケーキ『モンサンクレール』『トシ・ヨロイヅカ』
3.クリスマスをクール&キュートに彩る『グラッシェル』のアイスケーキ

街がクリスマスのイルミネーションで輝き出す季節。多くのパティスリーではクリスマスケーキのラインナップが出そろい、予約が始まっている。年に1度のクリスマスなので、せっかくならいつもより特別感のあるケーキを選びたいところ。本記事では数あるクリスマスケーキの中から、おいしさはもちろん、見た目も美しく、ちょっと人に自慢したくなるような超人気パティスリーのケーキを厳選して紹介しよう。

1.スタイリッシュなフォルムが目を引く『ジャン=ポール・エヴァン』

『ジャン=ポール・エヴァン』は《アネ トラント (30年代) 》というテーマで、1930年代のすばらしい創造性、ダイナミズム、そして新しさへの欲求を表現したというコレクションを展開。創造性とショコラへのこだわりを感じる「ビュッシュ ドゥ ノエル」を味わえる。

創造性にあふれるすばらしい宝飾時計が生み出された1930年代を表現したのが「ビュッシュ オクロック」(写真上)。ベルガモット風味のビスキュイ、アーモンドのビスキュイとフランボワーズのジュレ、ヘーゼルナッツのダコワーズとユズのシブーストをマダガスカル産カカオのムースで包む、さわやかな味わい。時計の針が12時ではなく12時30分を指しているのは、『ジャン=ポール・エヴァン』の30周年にちなんでいる。

他にもアーモンドとカカオのビスキュイやローリエ風味のシブースト、ペルー産カカオとブナの木でスモークしたクリームのムースなどが層になった「ビュッシュ ジェオメトリック」(写真上・左)や、ショコラの樹皮の下にビスキュイ ショコラや栗とヘーゼルナッツのダコワーズ、ビターチョコレートのムースが隠れた「ビュッシュギャッツビー」(写真上・右)など、『ジャン=ポール・エヴァン』らしい独創的でアーティスティックなビュッシュ ドゥ ノエルが揃う。

【概要】
<ラインナップ 一例>
・ビュッシュ ジェオメトリック(縦6.2cm×横17.5cm×高さ5.0cm) 6,480円
・ビュッシュ オクロック(縦6.0cm×横16.5cm×高さ6.0cm) 6,210円
・ビュッシュギャッツビー(縦6.0cm×横16.5cm×高さ6.0cm) 6,210円
※価格はすべて税込

予約期間
・伊勢丹新宿本店:
店頭:10月11日(水)~11月 5日(日)/TEL:10月11日(水)~12月 9日(土)/WEB:10月11日(水)~12月 8日(金)
・表参道ヒルズ店:11月1日(水)~ (予約分がなくなり次第終了)
・東京ミッドタウン店:11月1日(水)~12月20日(水)
・三越銀座店:10月7日(土)~12月10日(日)
・三越札幌店:10月11日(水)~12月17日(日)
・三越仙台店:10月28日(土)~12月10日(日)
・伊勢丹浦和店:10月7日(土)~12月 5日(火)
・京都店:10月 4日(水)~12月16日(土)
・三越広島店:10月 3日(火)~12月15日(金)
・岩田屋本店:10月 1日(日)~12月17日(日)
・三越名古屋栄店:10月11日(水)~12月12日(火)
・チョコレート バー 丸の内店:11月1日(水)~ (予約分がなくなり次第終了)
※受け渡し期間については各店舗にお問い合わせください。

予約受付:ジャン=ポール・エヴァン全ブティック(上記)

JEAN-PAUL HÉVIN (ジャン=ポール・エヴァン)伊勢丹新宿本店

住所
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿本店B1F
電話番号
03-3352-1111
営業時間
10:30~20:00(L.O.19:30)
定休日
不定休
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/3x5rz3cd0000/
公式サイト
http://www.jph-japon.co.jp/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

2.テーブルが華やぐラグジュアリーな 『LOUANGE TOKYO(ルワンジュ東京)』

徹底したこだわりで素材を選んだアート性の高いケーキが特徴の『LOUANGE TOKYO(ルワンジュ東京)』。今年も、恋人や家族、友人など、大切な人と過ごすクリスマスという特別な日にぴったりのケーキが揃う。

メインはチョコレートでできた真っ赤なリボンをかけた“NOUNOURS(ヌヌース=フランス語でテディベア)”が、濃厚なチョコレートケーキの上に鎮座するクリスマスならではの特別なケーキ「ヌヌース ノエル 2017」(写真上)。

つややかなチョコレートにコーティングされたケーキをカットすると、ヘーゼルナッツやオレンジの美しい層が。一口ごとに深い味わいが楽しめ、ショコラティエのこだわりが伝わってくる一品だ。

エレガントなバッグがモチーフの「プチマトラッセ ノエル 2017」(写真上)は、バッグ型チョコレートの中にフロマージュ、ピスタチオ、ローズ、フランボワーズ、フリュイルージュの層が美しい、リッチなケーキが隠れている。見ているだけでうっとりしてしまう高級感あふれるケーキたちは、クリスマスディナーに一層の華やかさをプラスしてくれる。

【概要】
<ラインナップ 一例>
・ヌヌース ノエル 2017(直径12㎝・ケーキの高さ5㎝・高さ17㎝) 8,640円
・プチマトラッセ ノエル 2017(バッグ型チョコレート15cm×8cm×高さ8cm、中のケーキ12cm×4.5cm ×高さ5cm) 6,480円
※価格はすべて税込

予約期間:10月20日(金)~12月 20日(水)
受渡し期間:12月18日(月)~12月25日(月)

予約受付:LOUANGE TOKYO ATELIER 店頭/電話

LOUANGE TOKYO(ルワンジュ東京)

住所
〒106-0032 東京都港区六本木7-17-14 1F
電話番号
03-5412-7788
営業時間
月~土11:00 - 24:00 日祝日11:00 - 21:00
定休日
不定休
公式サイト
http://www.louange-tokyo.com/main/top.html

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

3.憧れの名店『モンサンクレール』の上品なケーキは家族で楽しむのにぴったり

クープ・デュ・モンドをはじめとする世界大会で数々の優勝経験を持つ辻口博啓氏がオーナーシェフを務める自由が丘の『モンサンクレール』。味覚・香り・食感が絶妙な、こだわりの芸術的スイーツを作り出す有名店からも、このときしか味わえない特別なクリスマスケーキが登場。

ピンク色が美しい「フェミニン」(写真上)は、練乳のクリーム、イチゴとルバーブのジュレ、香り豊かなココナッツのクリームを、イチゴなどの赤い果実のムースで仕上げた甘酸っぱいノエルで、お子様にも喜ばれそう。

フランボワーズのマカロンがアクセント。ライムとフランボワーズのジュレにピスタチオのムースと2種類のスポンジを重ね、ほのかにライムの香りがきいたリッチなショコラブランのクリームで包んだ「ルブラン」(写真上・左)や、ベルガモット香るショコラのムースに、ミルクティーのクリームブリュレとカシスのガナッシュ、コンフィチュールを合わせた「ショコラベルガモ」(写真上・右)など、辻口シェフがこだわり抜いた風味豊かなケーキは聖なる夜を五感で楽しませてくれる。


【概要】
<ラインナップ 一例>
・フェミニン 4,800円
・ルブラン 4,800円
・ショコラベルガモ 4,800円
※価格はすべて税込

予約期間:11月2日(木)~12月15日(金)
受渡し期間:12月21日(木)~12月25日(月)
当日販売期間:12月22日(金)~12月25日(月) ※各日数量限定
※12月店休日12月6日(水)、13(水)、19(火)、20(水)、27(水)

予約受付:モンサンクレール店頭/電話/オンライン

モンサンクレール(Mont St. Clair)

住所
〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-22-4
電話番号
03-3718-5200
営業時間
11:00〜19:00/サロン:11:00~17:30(L.O.) ※12/21~25の期間中、サロンはクローズします。
定休日
水曜日(臨時休業あり)
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/r7gyy7xd0000/
公式サイト
http://www.ms-clair.co.jp/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

4.人気パティスリー『トシ・ヨロイヅカ』のこだわりが詰まったノエル

国内の有名ホテルやヨーロッパの名だたるレストランなどで活躍し、世界的コンクールでの受賞経験も持つ、トップパティシエ 鎧塚 俊彦氏の店『トシ・ヨロイヅカ』。技術だけでなく素材にもとことんこだわり、エクアドルでカカオ農園を開設したり、小田原の『一夜城ヨロイヅカ・ファーム』では農業に取り組むなど、おいしいものを届けるためにさまざまな挑戦をし続けている。

「ノエル・エクアドル」(写真上)はまさにそのこだわりが詰まったクリスマスケーキ。『トシ・ヨロイヅカ カカオファーム』で採れた、カカオ豆から手作りしたショコラを使用した贅沢なショコラムースに、香り豊かなフランボワーズムースを合わせて仕上げてある。土台のサクサクチョコやショコラムースの中に入っているチョコがけナッツの食感がアクセント。デコレーションは可愛らしくクリスマス気分を盛り上げてくれる。13cmと17cmの2サイズで展開。

ちょっと大人の味を楽しみたいなら『トシ・ヨロイヅカ』が得意とするピスタチオのケーキもおすすめ。ピスタチオをふんだんに使用した香り豊かなムースで、やさしい甘さのイチゴムースを包みこんである。酸味とコクの絶妙なバランスが素材への徹底したこだわりを感じさせてくれる。

【概要】
<ラインナップ 一例>
・ノエル・エクアドル 13㎝ 3,500円/17㎝ 4,500円
・フレーズ・ピスタチオ 4,500円
・ブッシュ・マロニエ 4,500円
※価格はすべて税込

予約期間:11月1日(水)11:00~ ※定数に達し次第終了となります。
受渡し期間:12月22日(金)~25日(月)
当日販売期間:12月22日(金)~25日(月)
販売店舗:トシ・ヨロイヅカ全店

予約受付:クリスマスケーキ予約専用ダイヤル03-5357-8615(11:00~19:00)

ToshiYoroizuka TOKYO(トシ・ヨロイヅカ)

住所
〒104-0031東京都中央区京橋2-2-1京橋エドグラン1F
電話番号
03-6262-6510
営業時間
パティスリー 11:00~20:00/1階カフェ、2階サロン 11:00~20:00(L.O.19:00)
定休日
サロンは火曜休
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/c9amc7rk0000/
公式サイト
http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/index.html

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

5.『GLACIEL(グラッシェル)』のキュートな“アイスケーキ”でいつもと違うクリスマスはいかが?

『GLACIEL(グラッシェル)』は、人気のチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」で有名な北海道・小樽の『ルタオ』を運営するケイシイシイが手掛けるアントルメグラッセ・生グラス専門店。「アントルメグラッセ」とはフランス語でアイスケーキのこと。『GLACIEL(グラッシェル)』では、2017年のクリスマスケーキとして、クリスマスらしい華やかな新作アントルメグラッセ3品が登場。

「クーロンヌ ド“グラッシェル”」(写真上)はクリスマスリースをモチーフにした華やかな一品。クッキー入りバニラアイスが入ったタルトの中央にクリームチーズのアイスをのせ、周りはイチゴ風味のマスカルポーネアイスとイチゴ&フランボワーズのソルベで飾ってある。お腹いっぱいディナーを食べたあとでも、これならペロッと食べられそう。

「ノエルクリソン」(写真上)は定番人気のハリネズミの形をした「エリソン」を栗バージョンにした「クリソン」のクリスマスバージョンのノエル。中心にはマロンのアイスクリームにコンフィチュールカシスを絡めたものがあり、それをマロンのシャーベットで覆い、チョコレートのアイスクリームを絞っている。こんな可愛らしいアントルメグラッセならいつもとちょっと違うクリスマスを演出してくれること間違いなし。

【概要】
<ラインナップ 一例>
・クーロンヌ ド“グラッシェル”  5,400円
・ノエルクリソン 5,400円
※価格はすべて税込

予約期間:10月20日(金)~12月15日(金)
受渡し期間:12月15日(金)~12月25日(月)

予約受付:グラッシェル店頭/電話/オンライン

グラッシェル表参道店

住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-2-23
電話番号
03-6427-4666
営業時間
11:00~19:00 ※12/22(金)~25(月)は営業時間を11:00~20:00に延長
定休日
なし(年末年始を除く)
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/7hptnr870000/
公式サイト
http://www.glaciel.jp/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

フレンチ界の偉才 渡辺雄一郎シェフが通う「看板のない酒場」

【腕利き料理人が通ううまい店】世の食いしん坊たちを魅了する腕利き料理人こそ、選ばれし生粋の食いしん坊。好奇心を刺激しに、疲れた身体を癒しに通う店には、間違いない味と心意気がある。料理人から料理人へ、バトンを受け継いでとっておきの一軒を追う。

須永久美
ライター