イチゴづくしの「宝石パフェ」がウマすぎる! 遠方からでも絶対行くべき「超人気パティスリー」がココ

2017年11月30日
カテゴリ
トレンド
  • スイーツ
  • ワイン
  • カフェ
イチゴづくしの「宝石パフェ」がウマすぎる! 遠方からでも絶対行くべき「超人気パティスリー」がココ
Summary
1.東京・等々力で超人気のパティスリーが2017年11月にリニューアルオープン
2.12月の新作スペシャリテ「パルフェ ビジュー ノエル」が12月1日から期間限定で発売
3.シェフ自慢のケーキや焼き菓子も多くそろう

フォトジェニックなパフェが人気のパティスリーがリニューアルオープン

華やかで美しいフォトジェニックなパフェが話題の『PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI(パティスリィ アサコ イワヤナギ)』。シェフパティシエール・岩柳麻子さんが自らの名を冠して2015年に東京・等々力にオープンした超人気のパティスリーだ。

そんな同店が2017年11月、同じく等々力の地でリニューアルオープン。早くもスイーツ好きの間で話題になっている。

『パティスリィ アサコ イワヤナギ』は、東急電鉄大井町線・等々力駅から線路沿いの一角に店を構える。外観はシンプルで看板を掲げていないため、一見パティスリーには見えない造りが興味をそそる。

一時休業してリニューアル後も変わらずそのスイーツの味を求めて遠方からも訪問者が後を絶たない。

店のコンセプトはショーケース! 店頭、キッチン、ショーケースが全面ガラス張り

店内は外観と同じくグレー一色のシンプルでスタイリッシュな空間。ケーキやパフェの色がより映えるようにあえてシンプルな内装にしたのだという。

また2階にキッチンを設けて、作る場所や客席を増やすことで並ぶ人を少なくする工夫をした。来店した人がキッチンでケーキを作る姿に興味を持っていただけるよう、キッチンと店頭はすべてガラス張りにし、ケーキのショーケースのように“魅せる”内装になっている。

独学で技術を習得、こだわりのあるスイーツを作り続けるパティスリー

ガラス張りのショーケースでパフェを作るのは、シェフパティシエールの岩柳さん。服飾専門学校で染織を学び、卒業後も技術を身に付けながらレストランなどで経験を積んだ後、独学でパティシエールになった。

「今でこそ多くの人に食べていただいているパフェは、オープン当初はメインではありませんでした。数量限定で販売していたパフェがお昼頃には売り切れとなり、だんだん数を増やしていった結果、多くの人に食べていただけるようになりました」(岩柳さん)

12月の新作スペシャリテはクリスマス限定真っ赤な苺づくしのパルフェ

パフェの中でも特に話題を集めているのが、毎月新作を発表し続けているスペシャリテの「パルフェビジュー」。

12月の新作スペシャリテ「parfait bijou noel (パルフェ ビジュー ノエル)」(写真上)が1日から発売する。「パルフェビジュー」とは「宝石のパフェ」という意味。フルーツをふんだんに使うのが特徴で、それらのフルーツは山梨県甲州市にある『宿沢フルーツ農園』から仕入れている。

赤と白のコントラストが美しい「パルフェ ビジュー ノエル」は、クリスマスに食べるショートケーキをイメージした華やかな一品。フレッシュな苺はもちろん、ジェラート、コンポート、酸味のあるマスカルポーネクリームなどもすべて苺を使用しており、様々な味わいの苺が楽しめる。

ちなみに、グラスの底のシャンパンジュレは、同店一番人気のワイン「モスカートダスティ」をジュレにしたもの。個性豊かな素材の組み合わせによって生まれるパフェはひとつの芸術作品ともいえよう。

セットのドリンクは、コーヒー、紅茶、ハーブティー、ワインから好きな飲み物を選ぶことができる。

パフェとのペアリングでオススメなのは、オールドバカラのグラスで提供される赤の微発泡ワイン「ブラケットダックイ」(写真上・左)。甘口で低アルコールのワインと酸味のある苺のパフェは意外にも相性が抜群だ。今年のクリスマスは極上のパフェとワインとのマリアージュを楽しんでみてはいかがだろうか。

ブランマンジェと自家製ジェラートの組み合わせが格別なミニパフェ

新作スペシャリテ以外のオススメは、少し食べたい時にぴったりのミニパフェ「ジェラート ア・ラ・モード」(写真上)。ベースのブランマンジェと厳選した素材で作った自家製ジェラートの組み合わせが格別。

月替りの旬のフルーツを楽しめる一品で、こちらも追加料金でドリンクと一緒に楽しむことができる。

ワインにも合うケーキがそろう! シェフ自慢のケーキ

ショーケースにずらりと並ぶケーキにも注目したい。『パティスリィ アサコ イワヤナギ』は、定番の苺のショートケーキをはじめ和素材を使用したケーキが多いのが特徴。

“目の前に現れたら、思わず食べずにはいられないケーキを作りたい”そんな思いで毎日ケーキを作り続けている岩柳シェフ自慢のケーキは、パフェと同じくワインと合わせるのがオススメだ。

ギフトやお土産にも最適!シンプルながらも上質な焼き菓子

ショーケースの生菓子以外に、フィナンシェやマドレーヌ、クッキーなどの焼き菓子も人気。ひとつから購入できるが、もちろん詰め合わせもOK。ちょっとした贈り物に最適だ。

今年のクリスマスは、リニューアルしたばかりの『パティスリィ アサコ イワヤナギ』で、絶品のパフェを食べながら、一足先に華やかな気分を満喫してみてはいかがだろう。

【メニュー】
パルフェ ビジュー ノエル 3,000円(販売期間12/1〜12/17 ※1日/60台)
ジェラート ア・ラ・モード 1,000円
※価格は税抜

PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI (パティスリィ アサコ イワヤナギ)

住所
〒158-0082 東京都世田谷区等々力4-4-5
電話番号
03-6432-3878
営業時間
10:00~19:00
定休日
月曜(祝日の場合は翌日)
公式サイト
http://www.a-patisserie.com

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

日本一、作るのが面倒な「餃子」とは? ウマすぎて、餃子LOVE芸人も唸った無類の「餃子BAR」
日本一、作るのが面倒な「餃子」とは? ウマすぎて、餃子LOVE芸人も唸った無類の「餃子BAR」

1.中野に“日本一作るのが面倒くさい”餃子が食べられるBARがあった! 2.料理人として異例の経歴を持つシェフが作る餃子は、まさに芸術品 3.BARだけど、ランチやコース料理もあるからいろんなシーンで使える