仕事も恋もねばり勝ち!! とろ~りとした独特のねばりが超おいしい、フジッコの「カスピ海ヨーグルト」

2017年12月25日
カテゴリ
トレンド
  • 朝食
  • ランチ
  • おつまみ
  • ディナー
  • 美容・健康
仕事も恋もねばり勝ち!! とろ~りとした独特のねばりが超おいしい、フジッコの「カスピ海ヨーグルト」
Summary
1.とろ~りとした独特のねばり! フジッコの「カスピ海ヨーグルト」のおいしさの秘密とは?
2.朝食・昼食・夕食・おやつ・夜食に幅広く使える! アレンジメニューを作ってみよう
3.まるでフジッコの「カスピ海ヨーグルト」みたい! ねばり強さで仕事も恋もしっかり成就

長寿地域のコーカサス地方からやってきた! とろ~りとした独特のねばり、フジッコの「カスピ海ヨーグルト」

スプーンで混ぜてゆっくりすくうと、とろ〜りとした独特のねばり。ひと口食べると、酸味が穏やかで優しい風味にうっとり。これまで抱いていたヨーグルトのイメージを覆し、新しいヨーグルトの世界を広げてくれる商品がフジッコの「カスピ海ヨーグルト」だ。

フジッコの「カルピ海ヨーグルト」のふるさとは、ヨーロッパ東部とアジアの境、コーカサス地方の小さな国ジョージア。西は黒海、東にはカスピ海が広がる自然豊かな国である。

2015年までの国名はグルジア。そう、「ワイン発祥の地」としても有名だ。また、この地域は「長寿地域」としても、よく知られている。100歳以上のお年寄りが元気に暮らしていて、笑顔の素敵なお年寄りが毎日の食事を楽しんでいる。

その食卓に欠かせないのが、何を隠そう「カスピ海ヨーグルト」なのだ。しかも各家庭で自家製するのが一般的で、朝晩、カフェボウル1杯も食べるファミリーもいるそう。

とろ~りとした独特のねばり成分の元は、乳酸菌の一種「EPS(エキソ ポリ サッカライドの略)」。顕微鏡をのぞくと糖が繰り返し結合していて、これがねばりを作り出している。「EPS」を作る菌は「クレモリス菌FC株」と呼ばれ、一般的によく知られている「ブルガリア菌」とはまったく別もので、新食感のとろ〜りとした独特のねばりが生まれるというわけだ。

酸味が穏やかで優しい風味は、他の食材の味を引き立てる!

北海道の雄大な自然に育つ乳牛の生乳を使うのが、フジッコの「カスピ海ヨーグルト」の大きな魅力だ。ルーツの国・ジョージアと、製造拠点のある北海道千歳は緯度が近く、気候風土が似ていることも、フジッコの「カスピ海ヨーグルト」のおいしさにつながっている。通常のヨーグルトと比べると、低温でゆっくり時間をかけて発酵させるが、他の乳酸菌よりも乳酸を作る量が少なく、酸味のない優しい風味が生まれるのはこのためだ。

「とろ~りとした独特のねばり」は、クリーミーで色々な食材とよく絡む。
「穏やかな酸味」は、色々な食材の味をより引き立てる。

つまり、料理に合わせやすい、使いやすいことこの上ない。朝食・昼食・夕食・おやつ・夜食に幅広く使える、食材。そのまま食べるだけを脱して、アレンジ上手になろうではないか!

朝食・ランチはもちろん、メインディッシュにも! いろんな食べ方おしえます

例えば朝食に、フジッコの「カスピ海ヨーグルト」のふわふわスクランブルエッグ(写真上)はいかがでしょうか? ボウルに卵2個を割りほぐし、フジッコの「カスピ海ヨーグルト」を50g、塩少々を混ぜ合わせる。あとはバターを溶かしたフライパンでスクランブル! ふんわり感とコクが増した卵料理は、ライ麦入りのドイツパンとの相性もいい。

おやつには、フジッコの「カスピ海ヨーグルト」に黒豆を加え、好みのフルーツをトッピングしてみよう。イソフラボン、アントシアニンが豊富な黒豆の力と乳酸菌の相乗効果で、美容に期待できそうだ。夜の大人のおやつには、コアントローやブランデーを少し入れるとgood!

そんな朝食や軽食のイメージが強いヨーグルトも、フジッコの「カスピ海ヨーグルト」なら夕食にもどんどん使える。まずは、「水切りヨーグルト」を作ってみよう。ボウルにザルを重ね、キッチンペーパーを敷いてフジッコの「カスピ海ヨーグルト」を入れる。そのまま冷蔵庫で半日置くと「水切りヨーグルト」の完成。

フジッコの「カスピ海ヨーグルト」のヘルシーサラダ(写真上)は、この「水切りヨーグルト」200g、ハチミツ6g、粒マスタード6g、塩少々を混ぜ合わせた「ヨーグルトソース」を用意。鶏ささみ(塩茹で後に冷ましてほぐす)、えび(塩茹でして皮をむく)、ブロッコリー、さつまいも、ミニトマトなど好みの野菜と盛り付けて、ヨーグルトソースをとろ〜りとかけてできあがり!

夕食には、ボリュームたっぷり、フジッコの「カスピ海ヨーグルト」のかぼちゃのグラタン(写真上)がおすすめ。バターを塗ったグラタン皿に、茹でたかぼちゃとベーコンを並べ、ホワイトソースとフジッコの「カスピ海ヨーグルト」を合わせたソースたっぷりかけて、パン粉を散らしてオーブントースターへ。まろやかでボリュームたっぷりの夕食が簡単にできあがり!

「カスピ海ヨーグルト」の「白」は、食卓のアクセントにもなるので、肉や魚のメインディッシュに白いソースをあしらえば、色鮮やかな仕上がりに。ホームパーティのおもてなし力も倍増だ。

ねばり強いフジッコの「カスピ海ヨーグルト」は仕事に恋に、今を一生懸命突っ走る私たちのよき伴走者?!

そんな毎日の食生活の必須アイテムとしてファンが増え続けているフジッコの「カスピ海ヨーグルト」。「長寿食」にピンと来る人が多い一方で、密かに「美人食」とのうわさも聞こえてくる。ジョージアを旅した日本人が帰国後、口を揃えるのが「美人が多くて驚いた!」という言葉。食生活が美しさに直結することを、よ〜く知る日本の女性たちの間でも、「とろ~りとした強いねばりが最高」「スーッとキレイなねばりが好き」と話題沸騰中だ。そう、キーワードはずばり、「ねばり」!

「カスピ海ヨーグルトみたいに仕事も恋もしっかりねばれる人になりたい」……。混ぜて食べて体感する「ねばり」を、それぞれの生活スタイルに重ね合わせて、フジッコの「カスピ海ヨーグルト」から元気と頑張りをもらっているよう。

色占いでは、「白」は強烈なエネルギーを秘めているカラー。マイナスに傾きそうな気持ちを跳ね返す、まっすぐな気持ちを貫く色で、まさに「ねばり強さ」とシンクロする。フジッコの「カスピ海ヨーグルト」は、仕事に恋に、今を一生懸命突っ走る、私たちのよき伴走者。今日も明日も、ずっと仲良く寄り添いたい。

▼商品詳細やお問い合わせ
フジッコ カスピ海ヨーグルト公式ホームページ
http://www.caspia.jp/

提供:フジッコ

関連記事

日本一、作るのが面倒な「餃子」とは? ウマすぎて、餃子LOVE芸人も唸った無類の「餃子BAR」
日本一、作るのが面倒な「餃子」とは? ウマすぎて、餃子LOVE芸人も唸った無類の「餃子BAR」

1.中野に“日本一作るのが面倒くさい”餃子が食べられるBARがあった! 2.料理人として異例の経歴を持つシェフが作る餃子は、まさに芸術品 3.BARだけど、ランチやコース料理もあるからいろんなシーンで使える