行列必至!老舗の王道食パンから最新フルーツサンドまで、都内の人気ベーカリーまとめ4選

2017年12月20日
カテゴリ
トレンド
  • 東京
  • パン
  • サンドイッチ
  • ベーカリー
  • まとめ
行列必至!老舗の王道食パンから最新フルーツサンドまで、都内の人気ベーカリーまとめ4選
Summary
1.愛される老舗、大島の『メイカセブン』と浅草の『ペリカンカフェ』
2.行列の絶えないご当地パンの店、柏江『(食)盛岡製パン』
3.人気店が手がけるフルーツサンド専門店、中目黒『フツウニフルウツ』

パンが焼きあがる甘い香りに、ケースにならぶ色とりどりのサンドイッチ…ベーカリーは元気をくれる場所という方も多いのではないだろうか。
古くから愛される老舗がつくる、はちきれんばかりに具材がつまったぶどうパンや、炭火で焼き上げるシンプルトースト、注目のご当地サンドに最新フルーツサンド専門店まで。ぜひ足を運んでほしい、都内の人気ベーカリー4店をご紹介。

予約は1カ月待ち!?具がずっしりな老舗の人気あんぱん&ぶどうパン

江東区・大島の『メイカセブン』は昭和33年創業の老舗ベーカリー。特に人気の「うすかわあんぱん」(写真上)は、つぶあんとこしあんの2種類があり、営業開始とともに売り切れ、予約も1カ月待ちという。

これより入手困難なのが「77%ぶどうパン」。(写真上)小麦粉に対して77%のカリフォルニアレーズンを限界までふんだんに入れた大胆なパンで、かじるとレーズンがプシュッとはじけて酸味と甘みが口の中に溢れる、『メイカセブン』の一番人気商品だ。

そんなぶどうパンは、モーニングメニューのセットとして予約無しで店内で食べることができるので、早起きをしてでもぜひ体験してほしい。

>>>詳しい記事はこちら

創業75年。老舗の名物食パンを丁寧に炭火で焼き上げた、絶品トースト

浅草・田原町で創業75年を数える『パンのペリカン』は、「ロールパン」と「食パン」の2種類の生地だけを作り続けるスタイルを貫く有名店だ。
全国からこのパンを買い求める客の行列ができる同店だが、満を持して『ペリカンカフェ』をオープンした。

16品あるメニューの中でも、「炭焼きトースト」(写真上)は『パンのペリカン』の真骨頂ともいえる逸品だ。
自慢の「角食1斤」サイズの食パンを3センチの厚さにカットし、特注の炭火焼台で焼きあげたトーストは、じゅわ~っとバターが溶け出したパンからふわりと漂う小麦の甘い香り、サクッと焼き上げた表面に、ムギュッときめ細かく引きの強い生地で、多くのファンを生むのも納得だ。

>>>詳しい記事はこちら

おいしいものがてんこもり!一日1,000個売れるコッペパン

給食の定番・コッペパン。岩手ではソウルフードとも呼ばれている。
そんなコッペパンの専門店『(食)盛岡製パン』は、盛岡をはじめとする岩手の食材をメインにサンドしたコッペパンが食べられる店で、千葉の行徳に続いてオープンした東京・狛江の2号店も連日行列の人気店となっている。
岩手産の「ゆきちから」など3種の小麦粉を店内で配合し、発酵から焼き上げまで行う。フィリングはオーダーを受けてからサンド。前沢牛コロッケや盛岡じゃじゃ麺など、岩手のおいしいものが豪快に挟まれる様子は目にも満足!

狛江店限定の「お子様ランチ」(写真上)は卵、ミートボール、ナポリタン、そしてタコさんウインナーが豪快にもられ、インスタ映えもバッチリな大満足サンドだ。

>>>詳しい記事はこちら

話題の人気店が提案!フルーツをもっと好きになるフルーツサンド専門店

表参道の人気カフェ『パンとエスプレッソと』がサテライト店舗として手がけ、メディアでも話題を呼んでいる『フツウニフルウツ』。
フルーツをもっと日常的に、パンと一緒に楽しめるようにと生まれた、フルーツサンドの専門店だ。

フルーツサンド専用に考えられたパンは、しっとりふかふかの食感で、カラフルでフレッシュなフルーツやクリームとベストマッチ! ボリューミーなパニーニや温かいサンドイッチもあり、今後もどんどん新たな旬メニューが増えていくという。フルーツ好きにもパン好きにとっても目が離せない店だ。

>>>詳しい記事はこちら

関連記事

日本一、作るのが面倒な「餃子」とは? ウマすぎて、餃子LOVE芸人も唸った無類の「餃子BAR」
日本一、作るのが面倒な「餃子」とは? ウマすぎて、餃子LOVE芸人も唸った無類の「餃子BAR」

1.中野に“日本一作るのが面倒くさい”餃子が食べられるBARがあった! 2.料理人として異例の経歴を持つシェフが作る餃子は、まさに芸術品 3.BARだけど、ランチやコース料理もあるからいろんなシーンで使える