世界遺産の絶景を眺めながら極上「クラフトビール」が味わえる、『宮島ブルワリー』がオープン!

2018年02月07日
カテゴリ
トレンド
  • 広島
  • クラフトビール
  • ご当地グルメ
世界遺産の絶景を眺めながら極上「クラフトビール」が味わえる、『宮島ブルワリー』がオープン!
Summary
1.世界遺産の「厳島神社」を背景に極上「クラフトビール」が楽しめるブルワリーがオープン
2.「牡蠣」や「穴子」など瀬戸内自慢の地元食材を使った料理とビールのマッチング
3.2018年春から、宮島の天然水を100%使った醸造所も本格稼動!

世界遺産の「宮島」に話題のブルワリーが誕生した!

広島県廿日市(はつかいち)市の瀬戸内海に浮かぶ、人呼んで神の島「宮島」。世界遺産として広く認知され、世界最大の旅行口コミサイトの『外国人に人気の観光スポットランキング』でも、ここ数年、ずっと上位をキープ。2017年は来島者数も過去最多を記録するなど、ちょっとした観光バブルに湧いている。

そんな宮島についに話題のビアレストランが誕生した。その名も『宮島ブルワリー』。場所は宮島フェリー桟橋から徒歩約8分、宮島のメインストリート・表参道にある。

3階建てのビルの1階と3階に『宮島ブルワリー』は入居しており、1階のビールスタンドで宮島ビールをテイクアウトして観光を楽しむこともできる。

ちなみに同ビル内には『スターバックス コーヒー 厳島表参道店』が入っており、「食後はスタバでコーヒー」というお客さんも多い。

世界遺産を背景に極上ビールを味わう贅沢

3階には『宮島ブルワリー』のレストランがある。海岸通りに面した開放的な窓から見えるのは、世界遺産である宮島「厳島神社」の絶景。小窓からは宮島のシンボル、大鳥居も眺められる。

『宮島ブルワリー』を運営する株式会社宮島ビールのCEO・有本茂樹さんはここ宮島の出身。一度は宮島を離れサラリーマンの道を歩んだものの、「故郷に戻って地域に役立つことがしたい」と一念発起。2010年に宮島ビールを立ち上げ、2017年11月、ついに『宮島ブルワリー』をオープンした。

ブルワリー内でのビールの醸造は2018年春から本格稼働する。そうなれば大鳥居のすぐそばに湧き出る天然水を100%使ったビールも誕生する。

味わえるビールは全9種類。お試し3種で好みのビールを見つけて

現在、レストランで提供されているビールは定番と季節限定を含め、全9種類。全て宮島ビールのオリジナルレシピだ。1杯ずついただくのもいいけれど、「あれもこれも飲みたい」という欲ばりさんには「本日のお試し3種」(写真下)をオススメしたい。

こちらは、それぞれ185mlの量で、価格は3種で1,000円。写真は、左から「MOMIJI ALE(もみじエール)」「WEIZEN(ヴァイツェン)」「BLOOD ORANGE(ブラッドオレンジ)」。ご覧あれ、この美しい黄金色のグラデーション! これぞクラフトビールの真骨頂だ。

まずは食前酒にもなるという「ブラッド オレンジ」をひと口ゴクリ。鼻をくすぐる爽やかな柑橘系の香りが広がり、ほんのり甘みも感じる。広島県瀬戸田産のブラッドオレンジの果汁が入っていると聞き、納得。女性ウケ間違いなしのフルーツビールだ。

「ヴァイツェン」はバナナのような芳香がほんのり香り美味。同店のヴァイツェンの香りは、ただただ心地よく、いくらで飲めてしまう。

そして『宮島ビール』の醸造長・志村智弘さんのイチオシが「もみじエール」。「飲んだ後、コーヒーのような香りがするでしょう」という志村さんの言葉通り、ひと口飲めばたちまちその芳ばしい香りに口中を支配されてしまう。

「瀬戸の滋味」×「宮島産ビール」というベストマッチ!

『宮島ブルワリー』はフードメニューも充実している。地産地消の食材で創作するメニューは、宮島の天然水で造ったビールによく合う。今回は、豊富なメニューの中から料理長にチョイスしてもらった3品をご紹介しよう。

まずは、広島に来たらぜひ味わってほしい「生牡蠣」。プルっとつややかな身にキュッとレモンを搾って。

宮島近海で育つ牡蠣は粒が大きく、濃厚な味わいが特徴。つるっとひと口ほおばると、磯の香りとうまみが口いっぱいに広がる。

牡蠣に合うビールをたずねると「デュンケルが合いますよ」とのこと。それを聞いたら飲まずにはいられない。

「デュンケル」はローストした麦芽を使って醸造した濃色ビール。「スタウト」より色は明るいけれど、モルトの風味がしっかり感じられる。

そんなデュンケルは、穴子料理とも合う。写真上は「生穴子の藻塩焼き」。実は穴子も広島名物の一つ。ふっくらと香ばしく焼きあがった穴子の味付けは藻塩とオリーブオイルのみ。シンプルな味付けだからこそ、穴子のうまみが際立つ。これは絶品だ!

そして、いよいよシメ。

「牡蠣グラタン」はとにかくボリューミー! すくってもすくっても、プリップリの牡蠣が出てくる、出てくる! これは独り占めするより、友人や家族とシェアして食べるのがおすすめだ。

ちなみにチーズたっぷりのグラタンに合うビールは、ヴァイツェンだそう。ご来店の際はぜひお試しあれ。

宮島の絶景をみんなと共有したいという想い

世界遺産の絶景を眺めるという最高のロケーションに恵まれたこの土地は、有本さんの父がかつて旅館を営んでいた場所。

みんなにこの美しい景色を眺めながらビールを飲んでほしくて、ここにブルワリーを造ることにこだわった。いま多くの旅人や地元民が美しい景色とおいしいビールを求めて、『宮島ブルワリー』に集う。

もし宮島に訪れる予定があるなら、あなたのプランにぜひこちらのお店をプラスしてほしい。訪れればきっと、この絶景で飲むビールの虜になるはずだから。

【メニュー】
ビール各種 レギュラー400ml 650円
本日のビールお試し3種 185ml×3種 1,000円
本日の牡蠣 Raw 350円/Steamed 250円/Grilled 250円
生穴子の藻塩焼き 1,650円
牡蠣グラタン 1,100円

宮島ブルワリー

住所
〒739-0556 広島県廿日市市宮島町459-2
電話番号
0829-40-2607
営業時間
MIYAJIMA BEER STAND(1F)10:00~20:00、宮島ブルワリーレストラン(3F)11:00~23:00
定休日
木曜日(祝日は営業) ※営業時間・定休日は季節により変わります
公式サイト
https://www.miyajima-brewery.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

『ピエール・エルメ・パリ 青山』から始まる新しい朝。月に一度だけの朝食コースで、至福のひとときを
『ピエール・エルメ・パリ 青山』から始まる新しい朝。月に一度だけの朝食コースで、至福のひとときを

1.『ピエール・エルメ・パリ 青山』で毎月第3土曜にプティデジュネ(=朝食)を開催中 2. 焼きたてのクロワッサンやフルーツサラダなど、7~8種のコース仕立て 3. 陽光が差し込むガラス張りの客席で、特別なひとときが過ごせると、予約が殺到

糸田麻里子
ライター/エディター