導入事例

分析機能で売れ筋を的確に把握。
スタッフの提案力を高める
鉄板Diner JAKEN 新宿店
鉄板Diner JAKEN 新宿店
株式会社JAKEN
代表取締役 川上 宏光 氏
経営管理をより簡単に、より詳細に分析できるツールです
経営管理をより簡単に、より詳細に分析できるツールです
当社では、売上管理をするうえでメニューのABC分析を重視していますが、これまでは主に手書き伝票の集計をもとに行っており、複雑な分析が難しく、集計に手間がかかるのが課題でした。それをより手軽に、詳細に分析したいと考え、池袋本店、池袋東口店、新宿店の3店舗すべてで「ぐるなびPOS+」を導入しました。
また、現在は様々なツールを組み合わせて管理している予約情報や顧客情報を、将来的に「ぐるなびPOS+」で一元管理できる点にも魅力を感じています。
データの中に顧客満足度UPのヒントがありました
データの中に顧客満足度UPのヒントがありました
導入後は分析機能を活用し、売上構成比の算出や利益分析が簡単にできるようになりました。
その結果をもとに、スタッフが売れ筋商品やお客様にとって“お得”な商品、店の利益が大きい商品などを的確に把握することで、戦略的に、なおかつ根拠を持ってメニュー提案ができています。
この提案力が細やかな接客に結びつき、ひいては顧客満足度アップや再来店につながっています。
業務を効率化した分だけ、お客様対応に集中できるようになりました
業務を効率化した分だけ、お客様対応に集中できるようになりました
OES(オーダーエントリーシステム)も全店舗で導入し、スタッフは導入トレーニングを経て、OES内のメニューの順序を並び替えるなど使いやすくカスタマイズ。
注文業務がよりスムーズになりました。特に、複数フロアで営業する池袋本店では、オーダー内容が別の階の厨房に瞬時に伝わる便利さを実感しています。
商品数も事前に登録できるので、数量限定メニューの残数をスタッフ同士が口頭で伝え合う必要がなく、機会を逃すことなく的確にお客様に提案できます。会計時は手計算が不用なため、スピーディに対応できるようになったのも大きな成果です。
店舗管理業務が大幅に軽減。注文や会計もスムーズに
いつでもどこでも各店舗の注文状況や売上をリアルタイムで把握でき、勤怠管理機能も活用中で、これまでは手計算で行っていた集計作業が瞬時に完了するようになり、管理業務が大幅に軽減されました。
今後は、原価計算やシフト管理なども行い、より一層の業務の効率化と店舗力の向上を図っていこうと考えています。

店舗情報

導入の流れ

  1. お問い合わせ
  2. 商談お見積り
  3. ご契約
    納品日決定
  4. 設置 / 設定
  5. ご利用開始

お問い合わせ

ぐるなびPOS+の導入をお考えの方は
お気軽にご相談ください