石川県×ぐるなび

観光ルート一覧
絞り込み条件
  • エリア:白山
  • タイプ:すべて
  • ジャンル:その他

該当するルートはありません。おすすめのルートを表示しました。

芭蕉が愛した山中温泉

山中温泉は、かつて松尾芭蕉が滞在して「山中や 菊は手折らじ 湯の匂ひ」と句を残した歴史ある温泉です。その後も多くの文人墨客が訪れ、豊かな文化が根付きました。伝統…

  • 加賀
  • 初級
  • 歴史・文化
  • 女性向け
  • 家族向け
  • 1日

ルート案内

  • 【1】こおろぎ橋
  • →【2】鶴仙渓
  • →【3】あやとりはし
  • →【4】山中温泉芭蕉の館
  • →【5】山中うるし座(山中漆器伝統産業会館)
  • →【6】ゆげ街道
  • →【7】山中節と温泉の館 山中座
  • →…

観光特使のひとこと

芭蕉いわく“絶景の地”「黒谷橋」を渡ってすぐ、鶴仙渓の袂にある「東山ボヌール」は古民家を改修したオシャレな大人空間カフェです。箱庭の景色を眺め、妄想にふけりましょう。すぐ側には「芭蕉堂」があります。

会社員・女性・20代

小松の石文化を見て知る旅

2016年、文化庁が認定する「日本遺産」に選ばれた、小松の石文化。正式な名称は「『珠玉と歩む物語』小松~時の流れの中で磨き上げた石の文化~」といい、約2300年…

  • 加賀
  • 中級
  • 歴史・文化
  • 風景・自然
  • 女性向け
  • 男性向け
  • 家族向け
  • 1泊2日

ルート案内

  • 【1】小松空港
  • →【2】里山自然学校こまつ滝ヶ原
  • →【3】那谷寺
  • →【4】あわづ温泉
  • →【5】小松市埋蔵文化財センター
  • →【6】石川県立尾小屋鉱山資料館
  • →【7】小松市立博物館
  • →…

金沢を巡り観光列車で行く「花嫁のれん」の旅

金沢に行ったらまずはココというポイントを半日観光し、今話題のJR七尾線観光列車「花嫁のれん」に乗って七尾へ向かうコース。絢爛豪華な列車の旅を楽しんだ後は、「花嫁…

  • 金沢
  • 能登
  • 初級
  • 定番
  • 風景・自然
  • 女性向け
  • 1日

ルート案内

  • 【1】JR金沢駅 (鼓門・もてなしドーム)
  • →【2】兼六園(国指定特別名勝)
  • →【3】金沢城公園
  • →【4】ひがし茶屋街
  • →【5】近江町市場
  • →【6】JR金沢駅 (鼓門・もてなしドーム)
  • →【7】一本杉通り
  • →…

大自然を体感 白山白川郷ホワイトロード

白山市と白川郷を結ぶ「白山白川郷ホワイトロード」(旧:「白山スーパー林道」)は、春から秋の大自然が、あなたを魅了します。春は新緑、夏は蝉の声、秋は紅葉もまたよし…

  • 白山
  • 初級
  • 風景・自然
  • 家族向け
  • 1日

ルート案内

  • 【1】白山比咩神社
  • →【2】白山一里野公園
  • →【3】白山白川郷ホワイトロード
  • →【4】姥ヶ滝
  • →【5】親谷の湯
  • →【6】ふくべの大滝
  • →【7】三方岩岳

観光特使のひとこと

白山眺望と白山麓料理の宿「望岳苑」。立地条件がよく、各々の部屋からは白山がよく見えます。ロビーには薪ストーブが有り建物が新しく、おすすめです。

団体役員・職員・男性・70代

金沢の旬の味覚にふれる旅

金沢は新鮮な魚介類や加賀野菜など、食材の宝庫です。こうした食材は「じわもん」と呼ばれ、郷土料理に活用するなど広く愛されています。市民の台所「近江町市場」で旬の食…

  • 金沢
  • 初級
  • 女性向け
  • 家族向け
  • 1日

ルート案内

  • 【1】近江町市場
  • →【2】尾山神社
  • →【3】兼六園(国指定特別名勝)
  • →【4】石川県立美術館
  • →【5】石川県観光物産館

観光特使のひとこと

金沢市内には「道の駅」はございませんが、JA等が運営する地元農産物の「直売所」が五ヶ所程あります。四季がはっきりしている金沢の地で「加賀野菜」を始めとした「旬」の食材を味わってみてはいかがですか!

その他・男性・60代

九谷焼の聖地を訪ねる旅

九谷焼発祥の地である加賀市で、九谷焼の魅力に触れます。九谷焼窯跡展示館で、現存最古の登窯の見学や絵付体験をします。古総湯では、九谷焼タイルが施された浴室で源泉か…

  • 加賀
  • 初級
  • 工芸
  • 通年
  • 1日

ルート案内

  • 【1】九谷焼窯跡展示館
  • →【2】山代温泉 古総湯
  • →【3】魯山人寓居跡いろは草庵
  • →【4】石川県九谷焼美術館
  • →【5】九谷磁器窯跡

観光特使のひとこと

古総湯?新総湯?やっぱりどっちも!オススメは先に新総湯に入って、体も洗ってからの古総湯。復元された古総湯は、温泉施設というより体験施設。他でなかなか味わうことができないレトロな雰囲気が堪能できます。

会社員・女性・20代