石川県×ぐるなび

観光スポット詳細

兼六園・梅林

兼六園・梅林

紅梅、しだれ白梅など20種のウメが約200本植樹されており、開花とともに兼六園も春の様相を呈してきます。梅林は明治100年の記念事業として、1968(昭和43)年から1969(昭和44年)にかけて造成されました。大宰府天満宮や北野天満宮など梅の名所から苗木を集めて植栽し、現在は20種200本の梅があります。2月下旬、濃いピンクの「八重寒紅」から順次咲き始め、例年3月の半ばから下旬にかけてが見頃です。最も多い品種は白色一重の「白加賀」で、果樹の品種「豊後」とともに、実もたくさんつけます。6月の梅の実収穫も恒例行事です。

  • 金沢
  • 歴史・文化
  • 自然・景観

施設情報

住所 〒920-0936
石川県金沢市兼六町1-4
電話番号 076-234-3800
所要時間 60分
営業時間 7時00分~18時00分(3月1日~10月15日)
8時00分~17時00分(10月16日~2月末日)
定休日 年中無休
料金 大人300円、小人100円(6~18歳未満)、5歳以下65歳以上無料(要証明書)
(利用可能クレジットカード:無し)

(※消費税増税に伴い、平成26年4月より大人の料金は310円となる予定です)
交通アクセス 兼六園下バス停すぐ
HP URL http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/japanese/top.html

周辺スポット

  • 1 金城霊沢

    かつて芋掘藤五郎という男が、この湧水でイモを洗ったところ、砂金が出てきたという伝説があります。そこから、湧水は「金洗いの沢」と呼ばれるようになり、やがて「金沢」…

    • 金沢
    • 歴史・文化
  • 2 成巽閣(国指定重要文化財)

    加賀藩13代藩主前田斉泰(なりやす)によって母眞龍院(しんりゅういん)のため、1863(文久3)年兼六園の一隅に建てられました。柿葺(こけらぶ)き、寄棟造りの2…

    • 金沢
    • 歴史・文化
  • 3 兼六園・雪吊り作業

    特別名勝「兼六園」では、雪害から樹木を守るため、毎年11月1日から雪吊りを実施しています。雪吊り作業は、毎年「唐崎松」から始めます。園内随一の枝ぶりを誇るこの松…

    • 金沢
    • 歴史・文化
    • 自然・景観
  • 4 石川県立美術館

    石川県ゆかりの作家の近現代美術の各部門(日本画、洋画、彫刻、工芸)の作品を展示する総合美術館です。▽加賀藩主前田家伝来の文化財▽古九谷、加賀象嵌(ぞうがん)をは…

    • 金沢
    • 歴史・文化
    • レジャー
  • 5 兼六園・菊桜

    1つの蕾に300枚以上の花弁をつけます。花の色は、最初は青味を帯び、満開にはピンク、そして散る時は赤味を含んで散ります。  散る時に、花びらが1枚1枚散らないで…

    • 金沢
    • 歴史・文化
    • 自然・景観
  • 6 兼六園(国指定特別名勝)

    江戸時代の回遊林泉式庭園の特徴を今日に残す代表的庭園で、水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに日本の三名園と称されています。築庭は1676(延宝3)年加賀5代藩主綱…

    • 金沢
    • 歴史・文化
    • 自然・景観
    • レジャー
  • 7 時雨亭

    兼六園内にある歴代藩主の別荘で、今の噴水の前にありました。廃藩の後(明治初期)、取り壊されてしまいましたが、平成12年(2000年)、新しい庭園の完成とともに現…

    • 金沢
    • 歴史・文化
  • 8 石川県立伝統産業工芸館

    常設展示では、国・県指定の伝統的工芸品36業種を制作工程も含めてすべて展示しています。月替わりの企画展では伝統工芸の「いま」を紹介する作品を展示しています。毎週…

    • 金沢
    • 歴史・文化
    • 産業観光
  • 9 石川県立能楽堂

    加賀宝生で知られる金沢の能楽の殿堂。「月例能」や「観能の夕べ」など手軽に能楽鑑賞が楽しめる行事が催される。

    • 金沢
    • 歴史・文化
    • 体験
  • 10 兼六園・熊谷桜

    初代は樹齢300年と言われ、満開になると枝を取り巻きボタンの形のように咲くところから、俗にボタンザクラの異名があります。山桜の園芸品種で、開花は4月中旬頃です。…

    • 金沢
    • 歴史・文化
    • 自然・景観