石川県×ぐるなび

観光スポット詳細

小松市立錦窯展示館

小松市立錦窯展示館

錦窯とは、九谷焼の上絵付のために使用されていた窯です。作品に直接火が当たらない2重構造になっていて、薪(まき)を炊いた熱だけが伝わるようになっています。
建物は、九谷焼の名工として知られる初代から三代徳田八十吉(人間国宝)が、工房兼生活の場として使用していました。現在はこの昭和初期の木造家屋を改修し、九谷の名品をご覧いただくギャラリーと町家の雰囲気を楽しめる施設となっています。
館内には、2基の錦窯を保存展示している他、古九谷をはじめとする九谷焼の名品、初代から三代にわたる徳田八十吉の作品、上絵付の道具など貴重な資料も展示されています。

  • 加賀
  • 歴史・文化
  • 産業観光

施設情報

住所 〒923-0931
石川県小松市大文字町95番地1
電話番号 0761-23-2668
所要時間 20分~45分
営業時間 9時~17時(入館は16時30分まで)
定休日 月曜(月曜が祝日の場合、その翌日),祝日の翌日,年末年始,展示替え期間中
料金 一般300円(20人以上の団体は一人250円),高校生以下無料
※障がい者手帳をお持ちの方及びその介護者1名は無料
※市立の博物館や美術館などの施設の通常展で利用できる「こまつミュージアムパス」(1週間券=500円,年間券=1500円)があります。
※特別展期間中は料金が変更になる場合があります。
交通アクセス JR小松駅から徒歩10分
小松空港から車で10分
北陸自動車道小松ICから車で10分
HP URL http://www.kcm.gr.jp/nishikigama/

周辺スポット

  • 1 松岡山 真行寺

    文明十七年(1485)真言宗・実善が蓮如上人の教化を受けて能美郡松岡で創建し、慶長三年(1598)現在地に移転。本堂の内陣は文化三年(1806)以前の建築物で、…

    • 加賀
    • 歴史・文化
  • 2 芭蕉の句碑(小松市寺町)

    「しほらしき名や小松咲く萩すすき」 「奥の細道」の旅で、金沢を出発して小松のほとりに来て詠んだ句で、前書きに「小松と云(ふ)所にて」とある。建聖寺境内にある。

    • 加賀
    • 歴史・文化
  • 3 永龍山 建聖寺

    永禄年中、大乗寺十三代和尚の雪窓祐輔が能美郡寺井で創建。天正八年(1580)小松の城北に移り、寛永十七年(1640)に現在地に移転。前田利常の十二子・亀松の死を…

    • 加賀
    • 歴史・文化
  • 4 足羽山 本覚寺

    建久元年(1190)越前の和田庄で波多野義重の嫡男・義成、のちの親性が創建。慶長七年(1602)鶴来来同村へ移り、慶長九年(1604)現在地に移転。小松で最も大…

    • 加賀
    • 歴史・文化
  • 5 とら屋陶器店(ことらや)

    とら歳生まれの初代が九谷焼の卸しを開業したのが昭和7年(1932年)。次の2代目が小売業を始め、そして3代目は作家となった。そう、現当主の打田幸生さんは、とら屋…

    • 加賀
    • 体験
    • 産業観光
    • 土産
  • 6 こまつ曳山交流館みよっさ

    小松の重厚な蔵をイメージした館内には、曳山2基を展示。そのほか、歌舞伎に関連する書籍などを取りそろえたライブラリーコーナーや、曳山資料の展示など。 歌舞伎風メイ…

    • 加賀
    • 歴史・文化
  • 7 打越山 勝光寺

    本願寺第五代綽如上人が江沼郡弓波で創建。七代目住職の子祐欽が村上義明の命により小松へ移り小松勝光寺を創建。三度の大火では焼失するも門徒衆の寄進・尽力で再建。山門…

    • 加賀
    • 歴史・文化
  • 8 小松山 法界寺

    仁安二年(1167)真言宗・龍真が能美郡小寺村に小松寺を創建。その後、浄土宗に改宗して、天正五年(1577)に法界寺と号し、寛永十七年(1640)現在地に移転し…

    • 加賀
    • 歴史・文化
  • 9 大垣山 勧帰寺

    石山合戦で殉教精神に燃えて織田信長と戦った「能美四講」(能美郡220余の村で結成)に報いるために贈られた、親鸞聖人と顕如上人の影像軸「群中御影」(小松市指定文化…

    • 加賀
    • 歴史・文化
  • 10 稱名寺

    梵鐘は、戦中の金属類回収令の際に文化財的価値のある名鐘として供出をまぬがれた。明和六年(1769)作の古文書「烏兎記」(太陽と月及歳月を意味した日記)がある。打…

    • 加賀
    • 歴史・文化