石川県×ぐるなび

観光スポット詳細

兼六園(国指定特別名勝)

兼六園(国指定特別名勝)

江戸時代の回遊林泉式庭園の特徴を今日に残す代表的庭園で、水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに日本の三名園と称されています。築庭は1676(延宝3)年加賀5代藩主綱紀に始まり、約180年を費やしました。宏大、幽邃、人力、蒼古、水泉、眺望の六勝を兼ね備えるという意味から命名されました。ことじ灯籠、雁行橋、霞ヶ池など見どころが多数あります。サクラやカキツバタ、紅葉、雪吊りと四季折々の美しさが楽しめます。

  • 金沢
  • 歴史・文化
  • 自然・景観
  • レジャー

施設情報

住所 〒920-0936
石川県金沢市兼六町1-4
電話番号 076-234-3800
所要時間 60分
営業時間 7時00分~18時00分(3月1日~10月15日)、8時00分~17時00分(10月16日~2月末日)
定休日 年中無休
料金 入園料:大人310円、小人(6歳~18歳未満)100円、6歳未満及び65歳以上無料(証明書要)
時雨亭 呈茶(煎茶310円、抹茶720円)
(利用可能クレジットカード:VISA,MasterCard,JCB,アメリカンエキスプレス,Diners Club,銀聯)
交通アクセス バス:兼六園下バス停下車
タクシー:金沢駅より約10分
自動車:
 北陸自動車道 金沢西ICから 約30分
 北陸自動車道 金沢東ICから 約30分
 北陸自動車道 金沢森本ICから 約20分
HP URL http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/japanese/top.html

周辺スポット

  • 1 兼六園・雪吊り作業

    特別名勝「兼六園」では、雪害から樹木を守るため、毎年11月1日から雪吊りを実施しています。雪吊り作業は、毎年「唐崎松」から始めます。園内随一の枝ぶりを誇るこの松…

    • 金沢
    • 歴史・文化
    • 自然・景観
  • 2 兼六園・菊桜

    1つの蕾に300枚以上の花弁をつけます。花の色は、最初は青味を帯び、満開にはピンク、そして散る時は赤味を含んで散ります。  散る時に、花びらが1枚1枚散らないで…

    • 金沢
    • 歴史・文化
    • 自然・景観
  • 3 兼六園・熊谷桜

    初代は樹齢300年と言われ、満開になると枝を取り巻きボタンの形のように咲くところから、俗にボタンザクラの異名があります。山桜の園芸品種で、開花は4月中旬頃です。…

    • 金沢
    • 歴史・文化
    • 自然・景観
  • 4 兼六園・唐崎松

    兼六園で最も枝振ぶりが見事なマツ。加賀13代藩主前田斉泰が琵琶湖畔の唐崎から種子を取り寄せて実生から育てたクロマツといわれています。冬には風物詩ともいえる雪吊り…

    • 金沢
    • 歴史・文化
    • 自然・景観
  • 5 兼六園・旭桜

    樹齢500年と言われ、白山のヤマザクラの1種で気品が高く、おしべの長いのが特徴です。初代は1937(昭和12)年頃までに枯死しましたが、「ひこばえ」が残って大き…

    • 金沢
    • 歴史・文化
    • 自然・景観
  • 6 時雨亭

    兼六園内にある歴代藩主の別荘で、今の噴水の前にありました。廃藩の後(明治初期)、取り壊されてしまいましたが、平成12年(2000年)、新しい庭園の完成とともに現…

    • 金沢
    • 歴史・文化
  • 7 成巽閣(国指定重要文化財)

    加賀藩13代藩主前田斉泰(なりやす)によって母眞龍院(しんりゅういん)のため、1863(文久3)年兼六園の一隅に建てられました。柿葺(こけらぶ)き、寄棟造りの2…

    • 金沢
    • 歴史・文化
  • 8 日本武尊の銅像

    1877(明治10)年の「西南の役」で戦死した人の魂を祀(まつ)るため1880(明治13)年に建てられました。高さは5.5メートルあり、屋外に建つ人物銅像として…

    • 金沢
    • 歴史・文化
  • 9 兼六園・梅林

    紅梅、しだれ白梅など20種のウメが約200本植樹されており、開花とともに兼六園も春の様相を呈してきます。梅林は明治100年の記念事業として、1968(昭和43)…

    • 金沢
    • 歴史・文化
    • 自然・景観
  • 10 兼六園のサクラ

    園内には、約40種420本の桜の木があり、ソメイヨシノ、ヒガンザクラ、サトザクラ、ヤマザクラが大半を占めています。観桜期には兼六園が無料開放となると同時に、夜間…

    • 金沢
    • 歴史・文化
    • 自然・景観