レモンをまるごとスイーツ作りに活用!クッキーにチーズタルトなど、レモンで作れる簡単スイーツレシピ3選

2018年02月13日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • スイーツ
レモンをまるごとスイーツ作りに活用!クッキーにチーズタルトなど、レモンで作れる簡単スイーツレシピ3選
Summary
1.旬の国産レモンを使った、風味豊かなレモンスイーツレシピ
2.レモンの香りを最大限に活かすには「皮」を活用するのがポイント!
3.輪切りレモンをまるごとのせたクッキーは、斬新なビジュアルがインパクト大

1年中買うことができるレモンだが、国産レモンの旬は冬。旬の国産レモンは、香りとみずみずしさが段違いで、加熱しても風味が飛びにくいのが特徴だ。

この国産レモンの味と香りを生かすことができるのがお菓子作り。甘酸っぱさが食欲をそそる、おもてなしにも手土産にもぴったりのレモンスイーツを3つ紹介しよう。

■濃厚なのにあと味さっぱり!レモンの皮の風味を活かす「レモンのチーズタルト」

レモンの香りは実は果肉よりも皮の方が強いということをご存知だろうか。そんなレモンの皮をふんだんに使ったのが「レモンのチーズタルト」。
タルト生地さえ完成すれば、上にのせるレモン風味のフィリングは、7つの材料をフードプロセッサーで混ぜるだけで簡単に作ることができる。

濃厚クリーミーなチーズのコクを、レモンの香りがさっぱりと引き締める、バランスの良いスイーツの完成だ。

■材料(18cmのタルト型で作りやすい分量)

<生地>
・有塩バター … 50g
・グラニュー糖 … 40g
・卵黄 … 1個
・薄力粉 … 100g
・塩 … ひとつまみ

<フィリング>
・[A]クリームチーズ … 200g
・[A]レモン汁 … 大さじ2
・[A]グラニュー糖 … 40g
・[A]薄力粉 … 10g
・[A]コーンスターチ … 5g
・[A]卵 … 2個
・[A]生クリーム … 200ml
・レモンの皮 … 1個分(レモンの皮の黄色部分を細切りにしたもの)

■下準備

・バターを室温に戻す。
・タルト型にバターをぬり、(分量外)冷蔵庫で冷やしておく。
・クリームチーズを室温に戻す。

■作り方 (調理時間:120分)

① 室温に戻したバターをクリーム状にねる。グラニュー糖を加えよく混ぜ合わせる。卵黄を加えよく混ぜる。ふるった薄力粉と塩を加え生地をまとめる。ラップにつつみ冷蔵庫で1時間以上冷やす。

② ①の生地を5mmの厚さに綿棒で伸ばす。タルト型に敷き詰め、生地がふくらまないよう、底に一定の間隔でフォークなどを刺し穴をあける。

③ 180℃に予熱したオーブンで15分焼く。

④ フードプロセッサーにAを加え、なめらかになるまで攪拌する。

⑤ ③のタルト型に④を流し、170℃のオーブンで30分焼く。

⑥ ⑤の上に細切りにしたレモンをちらす。

■生地にもアイシングにもレモンの皮と果汁がたっぷり! 贅沢仕立ての「レモンケーキ」

コロコロとした見た目が愛らしく、白いアイシングが華やかさを演出する「レモンケーキ」。ファンも多いこのスイーツ、実は意外と簡単に作ることができる。
生地にはもちろん、アイシングにも国産レモンから搾った果汁を使っているため、ひと口食べた瞬間、口いっぱいにレモンの香りが広がっていく。

調理の最大のコツは、粉類を入れたら“さっくり”と混ぜ、かき混ぜすぎないようにすること。混ぜすぎると、生地がふくらまなくなってしまうためだ。

■材料(レモン型6個分)

・卵(Lサイズ) … 1個
・グラニュー糖 … 40g
・はちみつ … 小さじ1
・[A]薄力粉 … 40g
・[A]アーモンドパウダー … 10g
・[A]ベーキングパウダー … 1g
・無塩バター … 40g
・レモン汁 … 大さじ1
・レモンの皮 … 大さじ1(すりおろしたもの)

<アイシング>
・粉砂糖 … 60g
・レモン汁 … 小さじ2

■下準備

・レモン型に分量外のバターをぬり、薄力粉をはたき余分な粉は落とし、冷蔵庫で冷やす。
・バターは湯煎にかけ溶かしておく。
・Aをふるっておく。
・オーブンを180度に予熱する。

■作り方(調理時間:40分)

① ボウルに卵を割り入れ、グラニュー糖とはちみつを2回に分けて加え、ハンドミキサーで攪拌する。

② ①を湯煎にかけながらハンドミキサーで攪拌する。白くふわふわになり、ハンドミキサーから生地を垂らした時に文字がかけるくらいになったら湯煎から外す。ハンドミキサーを低速にし、泡のキメを整える。

③ Aを②にふるい入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。

④ ③に溶かしたバターとレモン汁を加えさっくりと混ぜ合わせる。

⑤ レモン型に生地を流し入れ180℃に予熱したオーブンで15分焼き、網にのせて粗熱を取る。

⑥ 粉砂糖をボウルに入れ、レモン汁を少しずつ加えながら混ぜ、アイシングを作る。

⑦ ⑥を⑤のケーキの上にぬり、刻んだレモンの皮をトッピングする。

■輪切りレモンをまるごとオン! 大胆なビジュアルが可愛い「レモンまるごとクッキー」

最後に紹介するのは、輪切りレモンをそのままのせた大胆なビジュアルが可愛い「レモンクッキー」。レモンの皮の酸味とクッキーの甘さがお互いを引き立てあう、大人味の一品だ。レモンの爽やかな風味が、紅茶やコーヒーのお茶請けにもぴったり。

レモンは分厚く切りすぎないよう、1mm幅の薄切りにすること。あまり厚く切りすぎると水分が出て生地がだれる原因になるうえ、レモンの苦みが強調されすぎてしまうためだ。

■材料(15枚分)

・レモン … 1個
・バター … 60g
・きび砂糖 … 50g
・卵黄 … 1個分
・レモン果汁 … 大さじ1
・[A]アーモンドプードル … 50g
・[A]薄力粉 … 80g
・グラニュー糖 … 適量

■下準備

・バターを室温に戻す。
・Aをふるっておく。
・レモンを1mm幅に輪切りにし、オーブンシートをひいた天板に並べ、100℃に予熱したオーブンで30分焼く。

■作り方(調理時間:40分)

ボウルにバターを入れなめらかになるまで混ぜ、さらにきび砂糖を加えふんわりとするまで混ぜる。

② ①に卵黄とレモン果汁を加え、なめらかになるよう混ぜる。

③ Aを加え、ゴムベラでさっくりと混ぜる。

④ 生地をラップで包み冷蔵庫で1時間ねかせる。

⑤ ④を丸く型抜きし、レモンを押し込むようにのせ、グラニュー糖を小さじ半分程度ずつふりかけ、180℃に予熱したオーブンで20分焼く。




旬の国産レモンを使ったスイーツレシピを3つ紹介した。
甘酸っぱいレモンはアレンジしやすく、甘いお菓子のアクセントとして大活躍してくれる。その爽やかな香りをフルに活かしたレモンスイーツを、国産レモンが旬のうちにぜひ作ってみてほしい。


【レシピ作者プロフィール】
レシピ制作:フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/

関連記事