京都に関する記事一覧

43件中 1-20件を表示

究極の「チーズ肉カレーうどん」がついに東京に! 老舗の味を継ぐ「カレーうどん店」の正体

究極の「チーズ肉カレーうどん」がついに東京に! 老舗の味を継ぐ「カレーうどん店」の正体

1.曙橋駅から徒歩5分。2016年11月オープンの『おかる一力屋』 2.名物の「ちーず肉かれーうどん」は利尻昆布、サバ節など無添加だしを合わせる本格派 3.京都・祇園にある大正12年創業の老舗で修業を積んだ料理人が満を持してオープン

カメイアコ
ライター

【京おんなが教える京都のツウな遊び方】今や花街は旦那衆だけのものじゃない!祇園・先斗町のはしご酒3選

【連載】「京おんなの粋な夜遊び」第2夜 京都は三方を山に囲まれた小さな街。ここでは終電や終バスを逃し、タクシーで帰ってもさほど高額になることはなく、時間を気にせずはしご酒を楽しむのが当たり前。観光客仕様ではなく、京都人が日常遣いする店を今宵、地元の京都美人に案内してもらう。

【京都グルメ案内】朝から夜まで「和食」づくし!京都でしか味わえない、大注目の「和食がおいしい店」5選

【京都グルメ案内】朝から夜まで「和食」づくし!京都でしか味わえない、大注目の「和食がおいしい店」5選

1.京都に行くなら絶対行きたい! 絶品「京都の味」が味わえるオススメ5店 2. 朝食コース1本しかないお店から本格懐石、『菊乃井』が手がける甘味処まで、美食家がいち目おく注目店たち 3.『和久傳』『嵐山吉兆』出身店主などによる妙技が光る逸品は、味わうべき日本の芸術

50種類の具材を合わせて美しいお寿司を創ろう。カフェのようにくつろげるお寿司屋さん「アウーム」

50種類の具材を合わせて美しいお寿司を創ろう。カフェのようにくつろげるお寿司屋さん「アウーム」

1.「手織り寿し」で有名な人気店『AWOMB』の3号店が、京都の風情が漂う石塀小路に誕生 2. 手和え寿しから最後のお茶漬けまで、一つのメニューで何度でもおいしい! 3.苔庭や方丈庭園をイメージした美しすぎる和スイーツもお見逃しなく。

茶野真智子
ライター

【京おんなが教える京都のツウな遊び方】ガイド本じゃ物足りない貴方のための烏丸界隈・大人のはしご酒3選

【連載】「京おんなの粋な夜遊び」第一夜 京都は三方を山に囲まれた小さな街。ここでは終電や終バスを逃し、タクシーで帰ってもさほど高額にはなることはなく、時間を気にせずはしご酒を楽しむのが当たり前。観光客仕様ではなく、京都人が日常遣いする店を今宵、地元の京都美人に案内してもらう。

「本物とは何か?」を体験できる、京都の老舗料亭『菊乃井』が開いたカジュアルな「お弁当と甘味」の新店

「本物とは何か?」を体験できる、京都の老舗料亭『菊乃井』が開いたカジュアルな「お弁当と甘味」の新店

1.『菊乃井』の総料理長が亭主を務める、“本物”だけを集めたくつろぎの空間 2.味わい、素材は『菊乃井』本店そのままに、カジュアルなスタイルで 3.宇治抹茶を惜しみなく使ったパフェや、でき立てのわらび餅など甘味も楽しめる

まぼろし級にレアなアレも、なかなか飲めないナチュラルワインも勢揃いのフェスティヴァンが来週京都で開催

まぼろし級にレアなアレも、なかなか飲めないナチュラルワインも勢揃いのフェスティヴァンが来週京都で開催

1.ナチュラルワインやヴァン・ナチュール、自然派ワインと呼ばれる自然な味わいが魅力のワインが300種類以上 2.祇園祭の中でも最大級の盛り上がりを見せる宵山当日の昼に平安神宮そばの「みやこめっせ」で開催 3.全国から集まる超人気レストランもアーティストたちも魅力あふれるラインナップ

松尾大
くるなびエディトリアルプロデューサー

【京都・いま一番話題になっている京料理店にて】真新しい店で常連になるための近道はどうすればいいのか?

【京都で恥をかかない遊び方】日本はもちろん世界中から観光客が訪れる京都。雑誌や書籍にもインターネット上にもさまざまな情報が飛び交い、もはや京都のことは誰でもわかる時代になった、、、と思いきや京都には1,000年の都ゆえの深~い伝統と流儀、そしてマナーがある。そんな京都でいかにして恥をかかずに愉しめるか?京都在住で関西の食文化に精通するコラムニスト・門上武司さんが知識を伝授する。

京都の超人気割烹『祇園 楽味』できいた、カウンター割烹で「上客」と認められるための効果的な振る舞い方

【京都で恥をかかない遊び方】日本はもちろん世界中から観光客が訪れる京都。雑誌や書籍にもインターネット上にもさまざまな情報が飛び交い、もはや京都のことは誰でもわかる時代になった、、、と思いきや京都には1,000年の都ゆえの深~い伝統と流儀、そしてマナーがある。そんな京都でいかにして恥をかかずに愉しめるか?京都在住で関西の食文化に精通するコラムニスト・門上武司さんが知識を伝授する。

『卵ドリル』著者・松浦達也さんが「2016年のひと皿」に選んだのは6時間かけて焼き上げたカステラ

『卵ドリル』著者・松浦達也さんが「2016年のひと皿」に選んだのは6時間かけて焼き上げたカステラ

The Best of Dish 2016 賢人のみなさんと編集部員が食べた料理のなかで最高のひと皿をご紹介します。お馴染みのあの店か?はたまた隠れた名店か?みなさんにとって、2016年はどんな「おいしい」一年でしたか?

京都の老舗『室町和久傳』で訊いた、「上客」と認められるための効果的な振る舞い方

【京都で恥をかかない遊び方】日本はもちろん世界中から観光客が訪れる京都。雑誌や書籍にもインターネット上にもさまざまな情報が飛び交い、もはや京都のことは誰でもわかる時代になった、、、と思いきや京都には1,000年の都ゆえの深~い伝統と流儀、そしてマナーがある。そんな京都でいかにして恥をかかずに愉しめるか?京都在住で関西の食文化に精通するコラムニスト・門上武司さんが知識を伝授する。

店から「人間として小さい」と思われる客にならないための「客力」の鍛え方

店から「人間として小さい」と思われる客にならないための「客力」の鍛え方

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

【京都】早くも予約困難となった新進気鋭の割烹でいち早く常連と見なされた人物は何をしたのか?

【京都で恥をかかない遊び方】日本はもちろん世界中から観光客が訪れる京都。雑誌や書籍にもインターネット上にもさまざまな情報が飛び交い、もはや京都のことは誰でもわかる時代になった、、、と思いきや京都には1,000年の都ゆえの深~い伝統と流儀、そしてマナーがある。そんな京都でいかにして恥をかかずに愉しめるか?京都在住で関西の食文化に精通するコラムニスト・門上武司さんが知識を伝授する。

  1. 1
  2. 2
  3. 3