寿司に関する記事一覧

とろけるような中トロが絶品!  吉祥寺の寿司屋『大益』に漫画家・江川達也が 30年通い続ける理由

とろけるような中トロが絶品! 吉祥寺の寿司屋『大益』に漫画家・江川達也が 30年通い続ける理由

愛知教育大学数学科(応用数学専攻)卒業。卒業後、中学の数学教師という経歴を持つ。本宮プロダクションでアシスタントを経て、1984年『BE FREE!』(講談社)で漫画家デビュー。『まじかる☆タルるートくん』(集英社)、『東京大学物語』(小学館)などのヒット作を生む。現在はタレントとしても活躍。「タモリ倶楽部」などのテレビや雑誌などさまざまなメディアにおいて、地図ネタ・地形ネタでは欠かせない存在。

並んででも食べたい! 「築地市場」を楽しむなら絶対に外せない、人気店の絶品グルメまとめ

並んででも食べたい! 「築地市場」を楽しむなら絶対に外せない、人気店の絶品グルメまとめ

1.早朝3時から行列の、口コミNo.1の市場内グルメ! 大人気寿司店『寿司大』人気の理由 2.『鳥藤』や『センリ軒』など、市場内にある仕入れのプロら食通も満足の「魚がし横丁」の名店 3.まるで鮮魚の宝石箱! 場外市場で食べられる絶品海鮮丼は『刺身Bar河岸頭』で

寿司屋なのにウニの肉巻き軍艦が倒れるウマさ!究極の肉と厳選された魚介の両方を味わえる『寿司さいしょ』

寿司屋なのにウニの肉巻き軍艦が倒れるウマさ!究極の肉と厳選された魚介の両方を味わえる『寿司さいしょ』

1.寿司や刺身といった魚介のメニューと牛・馬の肉料理の両方を堪能できる店 2.地元秋田の味にこだわり、寒麹(かんこうじ)を取り入れたデザートを提供 3.『格之進』とのコラボイベントからスタートしたスペシャリテ「うにく」

野山苺摘
グルメライター/フードアナリスト/調理師

【京都】早くも予約困難となった新進気鋭の割烹でいち早く常連と見なされた人物は何をしたのか?

【京都で恥をかかない遊び方】日本はもちろん世界中から観光客が訪れる京都。雑誌や書籍にもインターネット上にもさまざまな情報が飛び交い、もはや京都のことは誰でもわかる時代になった、、、と思いきや京都には1,000年の都ゆえの深~い伝統と流儀、そしてマナーがある。そんな京都でいかにして恥をかかずに愉しめるか?京都在住で関西の食文化に精通するコラムニスト・門上武司さんが知識を伝授する。

鮨好きの「踏み絵」と呼ばれるシンコの鮮烈なうまさを堪能した、夏の終わりの新富町『鮨はしもと』

鮨好きの「踏み絵」と呼ばれるシンコの鮮烈なうまさを堪能した、夏の終わりの新富町『鮨はしもと』

【連載】幸食のすゝめ #026  食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

鮨屋なのに「握らない鮨屋」とグルメ通に話題! 10,000円でお腹いっぱい鮨とつまみを堪能できる名店

鮨屋なのに「握らない鮨屋」とグルメ通に話題! 10,000円でお腹いっぱい鮨とつまみを堪能できる名店

1.予約は2カ月先まで満席! カウンター8席の広尾『鮨 心白』 2.鮨屋なのに、「握らない」!? 季節の食材を贅沢に使ったおまかせコース 3.もちろん握りも超絶品! 鮨の全てにこだわる大将の情熱がこもった集大成

濵本亜沙子
美食ソムリエ

身体的経験もなく無自覚に情報だけで店を選んでいるだけの客は実は店からもその「程度」を見抜かれている

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

“ちゃんとした”寿司屋はなぜ値段を書いていないのかという常識がわからない輩は旨いものにはありつけない

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

わざわざ行きたい!メディアで話題の「変態回転寿司」が作る本格フレンチが予想を超えるウマさだった

わざわざ行きたい!メディアで話題の「変態回転寿司」が作る本格フレンチが予想を超えるウマさだった

1.わざわざ行く価値アリ! 都心から2時間、フレンチも寿司も食べられる『あじわい回転寿司 禅』 2.一切妥協なし! ここでしか食べられない味のオンパレード 3.わがままに贅沢に、寿司とフレンチのコースを堪能できる名店

新橋にある1日2組限定、予約3年待ちの小さな貸し切り寿司にはどんな口福があるのか?

新橋にある1日2組限定、予約3年待ちの小さな貸し切り寿司にはどんな口福があるのか?

【連載】幸食のすゝめ #019  食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

次の20件を表示する