「新タマネギ」を丸ごと焼くだけ! シンプルなのに甘みとトロトロ感が最高なおつまみレシピ3選

2018年05月29日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • 野菜料理
「新タマネギ」を丸ごと焼くだけ! シンプルなのに甘みとトロトロ感が最高なおつまみレシピ3選
Summary
1.新タマネギの甘みを最大限に引き出す「丸ごとオーブン焼き」の調理法
2.スパイスなどトッピングを変えるだけで、料理のバリエーションが広がる
3.失敗知らずでおいしく作るためのテクニックも紹介!

春先3~5月が旬の「新タマネギ」。水分を豊富に含んでいる品種で乾燥に向かないため、収穫後すぐに出荷されるもののことだ。新タマネギは辛くなくやさしい甘みがあるため、サラダなど“生食”で食べるのが最適、というイメージが強いかもしれない。

もちろん生食に適した食材だが、今回はあえて丸ごと“焼く”ことでその甘さをさらに引き出す「新タマネギの丸ごとオーブン焼き」のレシピを紹介したい。皮のままオーブンでじっくりと加熱するだけで、甘くてトロトロな口あたりの最高のおつまみになる。

おいしく作るコツは、アルミホイルで包んで焼くこと。新タマネギの乾燥を防いでみずみずしく焼きあげることができる。それではさっそく、新タマネギで作る丸ごとオーブン焼きの簡単アレンジを紹介しよう!

■シンプルな味つけでおいしさをストレートに感じられる「新タマネギバター」

まずは新タマネギのおいしさをシンプルに味わえる一品を紹介する。じっくり焼いて甘みを引き出した新タマネギに、バターの塩気とコクが加わることで、素材がもつうまみがグンと引き立つ。

仕上げに粗挽き黒コショウとパセリをふると、香りと刺激が加わって味が引き締まる。さらにお好みでエクストラバージンオリーブオイルを少し足すと、香りが重なり合ってワンランク上の味わいになる。香りと刺激のひと足しでさらにおいしくなるので、ぜひ試してみてほしい。

■材料 (2人分)

・新タマネギ … 2個
・パセリ … 5g
・塩 … 小さじ1/4
・有塩バター … 20g
・粗挽き黒コショウ … 適量

■作り方 (調理時間:60分)

① 新タマネギは皮つきのまま洗う。根と先端を切り落とし、根元3cmを残して包丁で十字に切り込みを入れ、手で広げる。パセリはみじん切りにする。

② アルミホイルを二重にし、中心に新タマネギ1個を置いて塩の半量を切り込みにふり、水小さじ1/2(分量外)を回しかける。開いた新タマネギを閉じるようにし、アルミホイルですき間のないようにしっかりと包む。もう1個の新タマネギも同様にする。

③ 200℃に予熱したオーブンで50~60分焼く。クッキングシートを敷いた器の上にアルミホイルを外したアツアツの新たまねぎをのせる。開いてバターを半量ずつのせ、パセリと粗挽き黒コショウをふる。

■スパイシーな香りと刺激が食欲をそそる「新タマネギのスパイスマリネ焼き」

見た目も味も“ホット”な、スパイスマリネ焼きもぜひ試してほしい。赤色の正体は、パプリカパウダーとチリペッパー。合わせ使いすることで、複雑な味とスパイシーさが新タマネギに加わる。

エクストラバージンオリーブオイルは焼きあがってから回しかけるのがポイント。さらに香りと苦みが加わって豊かな味わいに仕上げてくれる。

■材料(2人分)

・新タマネギ … 2個
・エクストラバージンオリーブオイル … 大さじ1

・[A]パプリカパウダー … 小さじ2
・[A]チリペッパー … 小さじ1/2
・[A]塩 … 小さじ1/4
・[A]コショウ … 小さじ1/4
・[A]ハチミツ … 小さじ1/4

■作り方(調理時間:60分)

① 新タマネギは皮つきのまま洗う。根と先端を切り落とし、根元3cmを残して包丁で十字に切り込みを入れ、手で広げる。Aの材料は混ぜ合わせておく。

② 新タマネギの十字の部分にAをすり込む。アルミホイルを二重にし、中心に新タマネギ1個を置いて水小さじ1/2(分量外)を回しかける。開いた新タマネギを閉じるようにし、アルミホイルですき間のないようにしっかりと包む。もう1個の新タマネギも同様にする。

③ ②を200℃に予熱したオーブンで50~60分焼く。器にアルミホイルを外したアツアツの新たまねぎを盛り付ける。オリーブオイルを回しかけ、お好みで塩(分量外)をかける。

■こんがりと焼いたチーズも好相性「新タマネギの丸ごとグラタン」

最後は、チーズをトッピングして香ばしく焼きあげる「新タマネギの丸ごとグラタン」。材料は4つだけ!とシンプルなのに、一口食べると、新タマネギのトロトロ感とともに感じる味わい深さに驚くことだろう。

その秘密は、味噌とチーズのかけ合わせ。それぞれがもつうまみ成分が合わさることでおいしさがグンとアップする。お好みで、仕上げにゴマ油をかけて風味をプラスするのもオススメだ。

■材料(2人分)

・新タマネギ … 2個
・味噌 … 大さじ1
・シュレッドチーズ … 50g
・粗挽き黒コショウ … 適量

■作り方(調理時間:70分)

① 新タマネギは皮つきのまま洗う。根と先端を切り落とし、根元3cmを残して包丁で十字に切り込みを入れ、手で広げる。切り込みに味噌を半量ずつ塗る。

②アルミホイルを二重にし、中心に新タマネギ1個を置いて水小さじ1/2(分量外)を回しかける。開いた新タマネギを閉じるようにし、アルミホイルですき間のないようにしっかりと包む。もう1個の新タマネギも同様にする。

③ ②を200℃に予熱したオーブンで50~60分焼く。耐熱皿にアルミホイルを外した新たまねぎを盛り付ける。シュレッドチーズをのせ、200℃のオーブンで、こんがりと焦げ目がつくまで10分ほど焼く。

④ オーブンから取り出し、粗挽き黒コショウをふる。


新タマネギの最高の甘みとトロトロ感を味わえる、簡単おつまみレシピを紹介した。どのレシピもじっくりオーブンで焼くだけ。難しい工程はなく簡単に作れるので、新タマネギが出回る今の時期にぜひ楽しんでみてほしい。

【レシピ・調理・撮影】
フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/

関連記事

半熟卵を「煮切り醬油」に漬けると最高にウマイ!昔ながらの万能調味料・煮切り醬油の作り方と簡単アレンジ
半熟卵を「煮切り醬油」に漬けると最高にウマイ!昔ながらの万能調味料・煮切り醬油の作り方と簡単アレンジ

1.うまみと香りをギュッと凝縮! 和食店ではおなじみの「煮切り醬油」の作り方 2.カツオのおいしさを引き立てる!「カツオの漬け丼」のアレンジレシピ 3.半熟卵は煮切り醬油に漬け込むと最高においしい!「味たまおにぎり」のアレンジレシピ

dressing編集部

知らないと損!「サバ」はイタリアンやエスニック料理に合わせると最高においしくなる【絶品レシピ3選】
知らないと損!「サバ」はイタリアンやエスニック料理に合わせると最高においしくなる【絶品レシピ3選】

1.ナンプラーの酸味がサバのおいしさを引き立てる!「サバのエスニック煮込み」 2.甘辛い味わいに箸が止まらない!「サバのから揚げジンジャー風味 ハチミツソースがけ」 3.フライパンひとつで作れる簡単イタリアン!「サバのトマトソース ハーブの香り」

dressing編集部