これぞ癒やしのスイーツ! リフレッシュ&リラックス効果抜群な、ジャスミン香る冷たいデザートレシピ

2018年08月28日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • スイーツ
これぞ癒やしのスイーツ! リフレッシュ&リラックス効果抜群な、ジャスミン香る冷たいデザートレシピ
Summary
1.ジャスミン茶葉は「スイーツ作り」にも使える!
2.ジャスミンの香りは、フルーツにも好相性。冷たいスイーツも焼き菓子もできる
3.おもてなしや手土産にもぴったりな「癒やしのスイーツ」レシピを3つご紹介

華やかで心が和む、癒やしの香りをもつ「ジャスミン茶」。

ジャスミン茶は中国茶のひとつで、一般的には緑茶、または高級な烏龍茶・白茶を用いて茉莉花(まつりか=ジャスミン)の花冠を交互に何層にも重ね合わせ、その香りを茶葉に吸着させて作られる。ジャスミンはハーブの1種としても知られており、その華やかな香りにはリラックス効果などが期待できるといわれている。

今回はこのジャスミン茶の香りを加えた「癒やしのスイーツ」を紹介する。
疲れを感じたら、この「癒やしのスイーツ」をティータイムにいただいて、心も体もリフレッシュしよう!

■ジャスミン茶シロップをかけて華やかな香りをプラス!「濃厚なめらか杏仁豆腐」

杏仁豆腐は、砂糖で作るシロップをかけるのが一般的だが、紹介するのはジャスミン茶と砂糖を合わせたシロップで食べる杏仁豆腐だ。

ミルク感たっぷりで杏仁の上品な香りがふわりと広がる濃厚なめらかな杏仁豆腐とジャスミンの華やかな香りがマッチする。ジャスミン茶のシロップをかけることで、濃厚でありながらもすっきりとした仕上がりになる。

■材料(2人分)

・粉ゼラチン … 4g
・砂糖 … 20g
・杏仁霜(きょうにんそう) … 大さじ1
・牛乳 … 200ml
・生クリーム … 大さじ2
・水 … 100ml
・ジャスミン茶葉 … ティーバッグ1袋(2g)
・砂糖 … 大さじ1

■作り方(調理時間:10分) ※冷やし固める時間は除く

① 鍋に杏仁霜を入れ、牛乳を少しずつ加えてなめらかになるまで混ぜたら生クリームを加えて混ぜ、さらに砂糖20gを加えて混ぜる。 

② 鍋を火にかけ、中火で熱して50℃になったら火を止め、粉ゼラチンをふりいれて溶かす。

③ グラスに入れて粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固める(目安:2時間以上)。

④ 鍋に水を入れて強火で熱し、沸騰したら火を止めてジャスミン茶葉を入れる。1分たったら茶葉を取り出し、砂糖大さじ1を加えて混ぜる。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

⑤ 食べるとき、③で固めた杏仁のグラスに冷たい④を注ぐ。

■ジャスミン茶とフルーツは最高の組み合わせ「黄桃とジャスミンティーのシャーベット」

次も冷たいデザートから、フルーツとジャスミン茶をあわせたシャーベットを紹介する。

ジャスミン茶は、実はフルーツととても相性が良い。ジャスミンの香りとフルーツの酸味が合わさることで、複雑な味わいのスイーツが作れる。

今回は黄桃の缶詰を使っているが、白桃缶や洋梨缶もオススメだ。冷凍庫で冷やし固める際は、時々かき混ぜるのをお忘れなく。空気を含ませることでカチカチに固まるのを防ぎ、口当たりのいいシャーベットになる。

■材料(2人分)

・ジャスミン茶葉 … ティーバッグ1袋(2g)
・水 … 100ml
・きび砂糖 … 大さじ1と1/2
・黄桃の缶詰 … 100g

■作り方(調理時間:5分) ※冷凍する時間は除く

① 鍋に水を入れて強火で熱し、沸騰したら火を止めてジャスミン茶葉を入れる。1分たったら茶葉を取り出し、きび砂糖を加えて混ぜる。

② ボウルに黄桃を入れてフォークなどで細かくつぶし、①を加えて混ぜる。

③ バットに移して冷凍庫に入れ、凍らせる。カチカチにならないよう、1時間に1回フォークで崩して空気をふくませる。これを3~4回ほどくり返す。

■ジャスミン茶といただきたい「ジャスミン香る米粉のマフィン」

夏が終わり秋の空気にうつり変わる季節には、ジャスミンの香りが爽やかな焼き菓子のマフィンとジャスミン茶でティータイムを楽しむのも良いだろう。

紹介するレシピは、小麦粉の代わりに米粉を使うため、ややもっちりとした食感に仕上がる。米粉は小麦粉のようにグルテンを形成しないため、混ぜ具合を気にせずにひたすら材料を混ぜ合わせていくだけ。失敗知らずで手軽に作れるというメリットも。

牛乳にジャスミン茶葉を煮出した後は、ラップをして5分蒸らすのがポイント。ジャスミンの香りをしっかり引き出したマフィンに仕上げることができる。

■材料(直径6cmのマフィン型6個分)

・ジャスミン茶葉 … ティーバッグ1袋(2g)
・牛乳 … 大さじ5
・卵 … 2個
・きび砂糖(もしくは砂糖) … 50g
・米粉 … 120g
・ベーキングパウダー … 小さじ1
・溶かしバター … 40g

■作り方(調理時間:30分)

① 耐熱ボウルにジャスミン茶葉を袋ごと入れ、牛乳を注ぎ入れて600Wの電子レンジで1分加熱したらラップをし、そのまま5分蒸らす。

② ボウルに卵を溶きほぐし、きび砂糖、①の牛乳、米粉、ベーキングパウダー、溶かしバターの順に加え、そのつど混ぜる。

③ マフィン型に流し入れ、180℃に予熱したオーブンで20分焼く。

ジャスミン茶葉を使った華やかな香りの簡単スイーツレシピ3品を紹介した。友人との集まりなどにおやつとして手土産にすれば、喜ばれること間違いなし。
どのスイーツも手軽にできるものばかりなので、普段のティータイムに自宅で楽しむのはもちろん、おもてなしや手土産にもぜひ活用していただきたい。

【レシピ制作者プロフィール】
管理栄養士・料理研究家 五十嵐ゆかり

「楽うまヘルシーな時短ごはん」をモットーに、心とカラダにやさしい時短レシピを提案。
忙しい平日は時短でおいしく、時間のある休日はちょっと丁寧に、を心がけた暮らしに役立つレシピ開発をしている。

食材2つの組み合わせで栄養素を効果的にとるレシピを提案し、食品企業や各媒体にレシピ提供をしている。著書に『食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖』や『発酵いらずのちぎりパン』、『塩レモンでつくる基本のおかず』など。

食のクリエイティブディレクターとして、SNS拡散400,000以上の実績をもつ食のコンテンツマーケティング企画制作会社フードクリエイティブファクトリーでは、年間1,000を超えるレシピや食の企画をディレクションしWEB媒体や食品企業に提供。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、動画制作、テレビ出演、イベント出演、インフォマーシャル出演、講演、料理教室、食品企業のレシピサイト制作やホームページ制作のディレクションなど、多方面で活動中。

Twitter:https://twitter.com/igarashi_yukari
Instagram:https://www.instagram.com/yukari_igarashi/?hl=ja
Blog:http://lineblog.me/igarashiyukari/

【調理・撮影】
フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/

関連記事

とびきり新鮮なハーブ香る癒やしのイタリア料理を! 銀座の隠れ家リストランテ『ジャッジョーロ銀座』
とびきり新鮮なハーブ香る癒やしのイタリア料理を! 銀座の隠れ家リストランテ『ジャッジョーロ銀座』

1.フィレンツェにある世界最古の薬局『サンタ・マリア・ノヴェッラ』の思想を元にしたリストランテ 2.素材を選りすぐり、シンプルな調理法で提供する「3つの名物」 3.おひとり様から記念日デート、接待や会食まで、どの用途にもぴったりな銀座の隠れ家

木戸上かおり
ライター/クッキングインストラクター