【保存版】いつもの餃子にひと工夫! 焼き餃子がもっとおいしくなる、簡単アレンジレシピまとめ

2017年01月19日
カテゴリ
レシピ
  • 餃子
  • 中華料理
【保存版】いつもの餃子にひと工夫! 焼き餃子がもっとおいしくなる、簡単アレンジレシピまとめ
Summary
1.いつもの焼き餃子がさらにおいしくなる、「ちょい足し」アレンジ5選
2.ぴったりのタレの組み合わせも紹介
3.ミンチと具材は粘りが出るまで手でしっかり混ぜるのがポイント

肉と野菜をバランスよく食べることができ、ごはんのお供にもお酒のおつまみにも合う家庭料理の定番「餃子」。最近では「餃子フェス」が開催されるほど、老若男女問わず根強いファンが多いメニューだ。
今回は、そんな餃子に「ちょい足し」するだけで味の変化を楽しむことができる、とっておきの簡単アレンジレシピと、それに合わせたい、ぴったりのタレの組み合わせをご紹介。

1.「軟骨とザーサイのコリコリジューシー餃子」+「食べるラー油」

軟骨とザーサイのコリコリとした食感が楽しいアレンジ。 食べるラー油のうま辛い味わいは、言うまでもなく餃子と相性ピッタリ。ビールやハイボールのお供には絶対コレ!

<レシピ>

■材料(2人分)
・豚ミンチ肉 … 120g
・餃子の皮 … 10枚
・とり軟骨(やげん) … 60g
・ザーサイ … 40g
・食べるラー油 … 適宜

■作り方(調理時間:15分)
① 軟骨とザーサイは粗みじん切りにする。

② 豚ミンチ肉に①を加え粘りが出るまでよく混ぜる。

③ 餃子の皮の真ん中に②をのせ、水溶き片栗粉(分量外)を淵につけて成形する。

④ 熱したフライパンにサラダ油大さじ1(分量外)を広げ、餃子を並べて中火で約1分焼く。餃子が1/3浸るくらいの水を注ぎ蓋をして水分が飛ぶまで約3分蒸し焼きにする。

⑤ 器に盛り、食べるラー油を添えていただく。

2.「餅とキムチのピリ辛モチモチ餃子」+「コチュジャン」

シャキシャキとしたキムチに餅を合わせ、食感の違いとほどよい辛さを味わえる一品。甘辛いコチュジャンダレを合わせれば、ごはんが止まらない味わいに!

<レシピ>

■材料(2人分)
・豚ミンチ肉 … 120g
・餃子の皮 … 10枚
・キムチ … 80g
・スライス餅 … 40g
・コチュジャン … 適宜

■作り方(調理時間:15分)
① キムチは粗みじん切りにする。スライス餅は5ミリ角にする。

② 豚ミンチ肉に①を加え粘りが出るまでよく混ぜる。

③ 餃子の皮の真ん中に②をのせ、水溶き片栗粉(分量外)を淵につけて成形する。

④ 熱したフライパンにサラダ油大さじ1(分量外)を広げ、餃子を並べて中火で約1分焼く。餃子が1/3浸るくらいの水を注ぎ蓋をして水分が飛ぶまで約3分蒸し焼きにする。

⑤ 器に盛り、コチュジャンを添えていただく。

3.「パクチーと海老のエスニック餃子」+「ナンプラー」

プリプリ海老とパクチーの香りがギュッと詰まったエスニックな餃子は、まるでアジアの屋台飯のよう! パクチー好きはパクチー増量で楽しみたい。

<レシピ>

■材料(2人分)
・豚ミンチ肉 … 120g
・餃子の皮 … 10枚
・パクチー … 40g
・エビ(ボイル) … 60g
・白コショウ … 少々
・ナンプラー … 適宜

■作り方(調理時間:15分)
① ボイルしたエビは粗みじん切りにする。パクチーは茎を除いて細かく刻む。

② 豚ミンチ肉に①とナンプラー小さじ1と白コショウを加え、粘りが出るまでよく混ぜる。

③ 餃子の皮の真ん中に②をのせ、水溶き片栗粉(分量外)を淵につけて成形する。

④ 熱したフライパンにサラダ油大さじ1(分量外)を広げ、餃子を並べて中火で約1分焼く。餃子が1/3浸るくらいの水を注ぎ蓋をして水分が飛ぶまで約3分蒸し焼きにする。

⑤ 器に盛り、ナンプラーを添えていただく。

4.「アボカドとクリームチーズの和風イタリアン餃子」+「ワサビ醤油」

アボカドとクリームチーズのまろやかな味わいを、ワサビ醤油でキュッと引き締め。ありそうでなかった新感覚の餃子は、女子ウケが期待できそう!

<レシピ>

■材料(2人分)
・豚ミンチ肉 … 120g
・餃子の皮 … 10枚
・アボカド … 80g
・クリームチーズ … 50g
・塩、黒コショウ … 各少々
・ワサビ醤油 … 適宜

■作り方(調理時間:15分)
① アボカドは種と皮を除いて1㎝角に切る。クリームチーズは電子レンジで20~30秒加熱して柔らかくする。

② 豚ミンチ肉に①と塩、黒コショウを加えて粘りが出るまでよく混ぜる。

③ 餃子の皮の真ん中に②をのせ、水溶き片栗粉(分量外)を淵につけて成形する。

④ 熱したフライパンにサラダ油大さじ1(分量外)を広げ、餃子を並べて中火で約1分焼く。餃子が1/3浸るくらいの水を注ぎ蓋をして水分が飛ぶまで約3分蒸し焼きにする。

⑤ 器に盛り、ワサビ醤油を添えていただく。

5.「トマトと茄子のとろ~りチーズ餃子」+「めんつゆ」

トマトとナスのさっぱり&ジューシーな味わいが、濃厚でまろやかなチーズとよく合う。めんつゆでさっぱりといただくのがポイント。毎日食べても飽きないおいしさだ。

<レシピ>

■材料(2人分)
・豚ミンチ肉 … 120g
・餃子の皮 … 10枚
・ミニトマト … 3個
・ナス … 50g
・ピザ用とろけるチーズ … 40g
・塩、黒コショウ … 各少々
・めんつゆ … 適宜

■作り方(調理時間:15分)
① ミニトマトは1/4に切る。ナスは粗みじん切りにして水に約10分浸してアクを抜く。その後しっかり水気を切る。

② 豚ミンチ肉に塩、コショウを加え粘りが出るまでよく混ぜる。

③ 餃子の皮の真ん中に②と①、とろけるチーズを適量のせ、水溶き片栗粉(分量外)を淵につけて成形する。

④ 熱したフライパンにサラダ油大さじ1(分量外)を広げ、餃子を並べて中火で約1分焼く。餃子が1/3浸るくらいの水を注ぎ蓋をして水分が飛ぶまで約3分蒸し焼きにする。

⑤ 器に盛り、めんつゆを添えていただく。


いつもの焼き餃子が「ちょい足し」でこんなにもバリエーション豊かに大変身。和風からイタリアン、エスニックまで同じ餃子でも具材とタレをちょっと変えるだけで驚くほど個性豊かな味わいに仕上がる。その日の気分や飲みたいお酒、冷蔵庫の中身に応じて、アレンジ餃子を楽しんでみてはいかが?




<レシピ作者プロフィール>
國塩亜矢子
フードコーディネーター・インナービューティー研究家
「旬食美人学」主宰。働く女性・頑張るママの元気とキレイを食の面からサポートしたい、という想いのもと、インナービューティーを軸とした自宅での少人数制レッスン、各種メディアでのコラム執筆・レシピ開発等の仕事を通じ「正しい食のあり方」×「美」についてのエッセンスを伝えている。 2児の母。離乳食レシピ・ 妊活・マタニティ・授乳ママレシピの開発にも積極的に取り組み、女性のライフステージごとに関わる「食」の大切さを幅広く発信中。
・「決定版!節約・冷凍レシピ」宝島社(共著)
・Blog:http://ameblo.jp/ayablo-1220/
・Instagram:https://www.instagram.com/enjoytable_by.a/
・HP:http://syunsyokubijingaku.jimdo.com/
(完成写真のフードコーディネート:フードクリエイティブファクトリー)
(編集、メニュー監修:河瀬璃菜/フードクリエイティブファクトリー http://foodcreativefactory.com/

関連記事