ライフスタイルのこだわりを食にも。ストラスブルゴの新展開

東京・NY・パリ、世界の食トレンドの最前線を走る街を中心に、国内外を問わず、「次に食べるべきもの」「こんど行きたい店」をクローズアップしていきます。

2015年09月23日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 二子玉川
  • ワイン
  • 梅田
ライフスタイルのこだわりを食にも。ストラスブルゴの新展開
Summary
・ファッションセレブ御用達「ストラスブルゴ」の新展開
・二子玉川と大阪・梅田の2店舗
・イタリア食材が中心

食も含めてこそ、のライフスタイル。クロージングと同じくハイクオリティ&センスな食材とワインとは?

「ストラスブルゴ」は、イタリアのテーラリングやプロヴァンスの香水、イギリス・ノーザンプトンの靴…そのすべてがそれぞれの文化に根付いた、その国独特の“Bottega(ボッテガ=工房)”で手間暇かけて作り上げられたものばかりをセレクト。ライフスタイルにこだわりを持つ人たちから圧倒的な支持を受け、今では中国にまで進出している。

そんなストラスブルゴの新展開が「ストラスブルゴ メンズ ライフスタイル ストア」だ。ライフスタイルに対するこだわりを、食材やワインにまで広げ、より豊かなライフスタイルを表現する店として注目したい。

たとえば、ピエンノロトマトという在来種は、品種改良や農法改良もされずに現代まで残った品種で、野生的で自然なうまみが強く濃厚。イタリアでパスタが食べ始められた頃の古い時代の味に一番近いと言われ、栽培も難しく、生産数に限りがあることから、現在では国立ベズビオ公園やスローフード協会から守られているほどだという。事実、この瓶詰めトマトは、少し塩を加え煮詰めるだけで美味しいソースになる。

また、ワインはオーストラリアで、有機栽培され、醸造過程においても一切化学的なアプローチを行わず、瓶詰め時も、亜硫酸塩の添加がほとんどないものだけを取り揃える。ワインの中で酵母が生きているので、その動きが活発になり、味に変化を及ぼす15℃を超えないよう、すべてをセラーに入れ、ディスプレイには空き瓶を置くだけという徹底ぶり。

他にも、オリーヴオイルやパスタ、チョコレート、スナックなどもオーガニックで、かつ手間をかけて作られるものばかりだ。

まさに、ストラスブルゴのBottegaで作られたものを扱うという姿勢に合致している。

たしかに決して安くはないが一度口にすると、世界観が変わるほどのものばかりが並ぶ。

二子玉川と梅田の店舗でしか展開していないが、わざわざ食材を買いに行く価値があるライフスタイル・セレクトショップである。

ストラスブルゴ メンズ ライフスタイル ストア 二子玉川店

住所
〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-17-1 玉川高島屋S・C南館3F
電話番号
03-5797-3171
営業時間
10:00~21:00
定休日
定休日 ※施設の休館日に準ずる
公式サイト
http://www.strasburgo.co.jp/stores/indispensable.html

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

ストラスブルゴ メンズ ライフスタイル ストア ルクア イーレ店

住所
〒530-8217 大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ8F
電話番号
06-6151-1420
営業時間
10:00~21:00
定休日
定休日 ※施設の休館日に準ずる
公式サイト
http://www.strasburgo.co.jp/stores/lucua_indis.html

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

これぞ「魅惑の隠れ家」! イタリア料理に惚れ込んだ敏腕シェフの新舞台、西麻布『ベルソーニョ』
これぞ「魅惑の隠れ家」! イタリア料理に惚れ込んだ敏腕シェフの新舞台、西麻布『ベルソーニョ』

1.イタリア料理に惚れ込み、現地の味を知り尽くした中本シェフが独立。西麻布『ベルソーニョ』 2.シェフの地元・宮崎県産の食材を豊富に使ったイタリアンが魅力 3.ラグジュアリーな店内は、全席シェフズテーブルなコの字型カウンターのみ

松本玲子
ライター/音楽家/ナレーター
 『キッシュヨロイヅカ』もオープン!トレンドグルメが集結した渋谷ヒカリエのフードフロアがリニューアル
『キッシュヨロイヅカ』もオープン!トレンドグルメが集結した渋谷ヒカリエのフードフロアがリニューアル

1.渋谷ヒカリエ内の商業施設「ShinQs(シンクス)」のフードフロアが9月16日リニューアル 2.最旬フードが楽しめる! ShinQsだけの新業態を含む、多彩な22のショップが仲間入り 3.鎧塚シェフのキッシュ専門店やロンドン発のカップケーキ店など注目度の高いショップが勢揃い

dressing編集部