パリ在住、石黒陽子さんが選んだ今年最高のレストラン

The Best of Dish 2015 2014年11月15日から2015年11月14日までの間で賢人のみなさんと編集部員が食べた料理のなかで最高のひと皿をご紹介します。お馴染みのあの店か?はたまた隠れた名店か?みなさんにとって、2015年はどんな「おいしい」一年でしたか?

2015年12月22日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • パリ
  • 連載
パリ在住、石黒陽子さんが選んだ今年最高のレストラン
Summary
・ワイン生産者フランソワ・エコから紹介された一軒
・たった1,300人の村で出逢えた卓越したセンス
・12月いっぱいでクローズ

北ブルゴーニュにおいてFrançois ECOTフランソワ・エコ(ワイン生産者)と並ぶもう一人の奇才Jérôme BIGOTジェローム・ビゴ。彼との最初の出会いはいつだったか。確か去年の夏頃François ECOTフランソワ・エコの蔵訪問をすっぽかされて、次の予定まで中途半端にぽかっと時間があいてしまって途方に暮れていた時に、フランソワが紹介してくれたような気がする。

パリからは車で2時間弱。オーセールより少し手前の出口で高速を降りてから30分ほど畑と森を抜けると辿り着けるLindryランドリー村にぽつんとある一軒家レストラン。

フランソワのおすすめということで期待7割、「こんな田舎に、、、」という不安3割を抱いて店に入るとセンスの良い内装が目に飛び込んでくる。もともと画家でありグラフィックデザイナーだったジェロームは、料理人としての修業経験を特に積むこと無く、20代半ばくらいから抱き続けて来た料理に対する愛情、パッションを少しづつ具体化していき、ついに2012年に人口1,300人にも満たないランドリー村に自分のレストランをオープンしたのだった。

何度も訪れた中でも今年最高は牛肉のひと皿

料理は「選び抜かれた食材の素材の良さを活かしたもの」と言えばまあよくある話だが、ジェロームの料理はそれだけでは無い。食器、皿の上の料理の色、食材の組み合わせ、食感/テクスチャーの組み合わせ、温度、そのすべての要素においてセンスがよく、高いレヴェルでバランスが取れていると感じる。そして、もちろん美味しい。料理の外見だけを見れば、数年前から流行のスタイルで括られてしまうことが多いだろうが、他とは似て非なるもの。パリの同種のものからは感じ取れない卓越したものを強く感じる。ワインはもちろん自然な味わいのものばかりが揃う、これまた素晴らしいセレクション。

アヌシーではどんな料理が待っているのか?

今年だけでも既に何皿ジェロームの料理を堪能しただろうか。写真を見返してみると、その中から一皿だけを選ぶのはなかなか難しかったが、思い切って選んだのは牛肉の一皿。この一皿にジェロームのセンス、知恵、工夫が凝縮されている。全ての皿に通底している、酸の利かせ方も巧み。今週末で現在の地での営業を終え、新天地アヌシーでのさらなる活躍に期待。


(2015年12月でこの地での営業は終了。アヌシーへ移り、ワインバーまたはレストランを始める予定との事。)

Les Grès

住所
9 Rue du 14 Juillet, 89240 Lindry, France
電話番号
+33 9 52 31 64 10
営業時間
2015年12月でこの地での営業は終了。アヌシーへ移り、ワインバーまたはレストランを始める予定との事

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

やっと美味しいコーヒーが飲めるようになったパリのプティカフェ
やっと美味しいコーヒーが飲めるようになったパリのプティカフェ

【連載】知りたいパリ、変わるパリ。  いまや世界は狭くなり、パリで起きている情報はすぐに手に入れることができる、、、と思いがちだけど、やはりパリに暮らしその空気を吸った人だけが感じられる「今」がある。パリでレストランのコンサルタントをし、日常の暮らしがあるからこそ見えてくるもの。そんな本当の最先端のパリの食事情を伝えていただく。

名物のロブスターカレーは必食! エコで100%サステイナブルなフィッシュバー
名物のロブスターカレーは必食! エコで100%サステイナブルなフィッシュバー

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
15時から自然派ワインを角打ち! 最高の“音”とワインで上質な時間を愉しめる、幡ヶ谷『flow』
15時から自然派ワインを角打ち! 最高の“音”とワインで上質な時間を愉しめる、幡ヶ谷『flow』

1.代々木上原の周辺散策がてら立ち寄りたい、自然派ワインを専門に扱う角打ち店 2.中野『松㐂』や下北沢『クオーレ・フォルテ』など、人気店のメニューがおつまみとして登場 3.ミュージシャンとしても活躍するオーナーのセンスが光る、“音”を楽しむために計算された音響空間も魅力!

有川美咲
フードライター
庶民たちの娯楽の頂点、花見文化の発祥地「王子」。時を越え、江戸の昔から受け継がれる行楽と食の里

【幸食秘宝館】#015 グルメサイトでもなかなか表れない、本当は教えたくない至福の隠れ家。街をさすらい、街に愛された賢人だけが知っている、店選びの黄金律。人気のレビューでは辿り着けない、「幸食の秘宝」そっと教えます。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン