ジューシーな厚切パストラミビーフを豪快にサンド! 名門フレンチ出身シェフが開いたサンドイッチ専門店

2017年05月18日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • 秋葉原
  • サンドイッチ
  • ハンバーガー
  • ビストロ
  • ワイン
ジューシーな厚切パストラミビーフを豪快にサンド! 名門フレンチ出身シェフが開いたサンドイッチ専門店
Summary
1.浅草橋と秋葉原の間に、アメリカンなサンドイッチを提供する店がオープン
2.スペシャリテは、4日間かけて完成するパストラミビーフサンド
3.夜はワインと食事が楽しめるビストロとして営業

浅草橋と秋葉原のちょうど中間地点に位置する清洲橋通りは、近所に古い町並みが残るエリア。町工場などがひしめく下町の一角に、2017年3月28日に、サンドイッチショップ『THE GOOD VIBES(ザ グッド バイブス)』がオープンした。

『ジャン・ジョルジュ トウキョウ』出身シェフがつくる絶品サンド!

こちらのお店をオープンしたのは、『ミシュラン東京』で三年連続、星に輝いた『ジャンジョルジュトウキョウ』の米澤文雄シェフの奥様、江美子さん。『ザ グッド バイブス』でシェフを務めるのは『ジャン・ジョルジュ トウキョウ』で米澤シェフの元で働いてきた経歴を持つ星阿騎野シェフだ。

「日本でもNYのサンドイッチ店で食べたような、自家製のパストラミビーフサンドが食べたいと思い、この店をオープンすることになりました」と江美子さん。

ランチはスペシャリテの「自家製パストラミサンド」を主軸に、「エスプレッソBBQポークサンド」、江戸甘味噌とかめびし醤油のてりやきソースをかけた「玄米クランチフライドチキン」のBBQサンドと「エッグサンド」、「季節のお野菜のサンドイッチ」などを提供。カジュアルなサンドイッチ店として、地元の人の憩いの場となっている。

4日間かけて作るジューシーなパストラミビーフがスペシャリテ

スペシャリテの「自家製パストラミサンド」は、牛の肩バラのブロック肉を塩とスパイスに3日間漬け込んでから4~5時間かけて煮込み、さらに特製のミックスハーブをまぶしてから桜ウッドで4時間ほど燻製にして、注文ごとに焼き上げて完成する。

サンドは、こんがりと表面を焼き上げたバンズに、1時間ほどじっくりとローストし、甘みを最大限に引き出したオニオンソテーとレタス、マスタードソース、そして分厚くカットしたパストラミを3枚のせて完成。じっくりと煮込むことでほろほろと崩れるような食感と厚切りのパストラミのジューシーさが口の中に広がる。

「日本で一般的なパストラミビーフサンドは、薄切りのパストラミビーフなのですが、うちではアメリカにあるようなボリューミーでジューシーなパストラミビーフを作りたかったんです。手間がかかるのですが、そのおいしさは他では味わえないと思います」と星シェフ。食べ進めていくと、オニオンソテーの甘み、マスタードソースの酸味、そしてパストラミのジューシーさが合わさり、なんとも言えない満足感が味わえる。

オープンした3月28日の日付が名前となっている「328サンド Weeklyエッグサンドイッチ」(写真上)は女性から大人気。自家製マヨネーズで作る卵のフィリングには、アスパラガスやルッコラなど季節の野菜をミックスして、食感を楽しめるようにしている。そして、真ん中には燻製した卵を挟んでサンドイッチが完成。燻製の香ばしい香りが、味にアクセントをつけてくれて、最後まで食べ飽きることがない。

ディナータイムは、ワインと食事を楽しむビストロに変身!

夜の時間になると『ザ グッド バイブス』は、また違った顔を見せる。サンドイッチ店として営業しているランチとは別に、夜はワインと一品料理を楽しめるビストロに変化するのだ。夜のメニューは野菜や肉を使った一品料理の他、サンドイッチの具材であるパストラミビーフやBBQポーク、玄米クランチチキンなどもいただける。

前菜としてオススメなのが、「フルーツトマトとブラッドオレンジのサラダ」(写真上)。こちらのサラダはスライスしたフルーツトマトにブラッドオレンジを合わせ、シンプルにオリーブオイルと塩をふりかけたもの。オリーブオイルがまとめ役となって、瑞々しいサラダに仕上がっている。

「子羊のミートボールとパプリカ パクチーと卵」(写真上)はコリアンダーで味付けをした羊肉のミートボールに、パプリカパウダーをきかせたトマトソースをかけて、卵を落としてからオーブンで焼き上げた一品。濃厚なトマトソースの味わいに、卵がまろやかに絡む。スパイスのきいたミートボールは、ワインが進む味わいだ。

「クリスピーポテトとBBQポークのナチョス カリフォルニア産チェダーチーズ」(写真上)は、ランチで登場するBBQサンドの具材を味わってもらいたいと登場したメニュー。燻製した豚肩肉を5時間ほどBBQソースで煮込んだ、甘じょっぱい味わいに、隠し味のエスプレッソでコクをプラスしている。

さらに、メインの「THE GOOD VIBES ミートプレート」(写真上)には、スペシャリテのビーフパストラミと燻製した豚肩スモークステーキ、玄米クランチと醤油せんべいをミックスした衣で揚げたサクサクのフライドチキンの盛り合わせ。ボリューミーな一皿は大人数でシェアしたい。

昼はサンドイッチの専門店、夜はワインと食事が楽しめるビストロと2つの表情を持つ『ザ グッド バイブス』。NYスタイルの木の温もりを感じながら、とびきりのごちそうを楽しめる店がこのエリアをさらに盛り上げてくれるだろう。

【メニュー】
自家製パストラミサンド 1,200円
エスプレッソBBQポークサンド 850円
玄米クランチフライドチキン 700円
328サンド Weekly エッグサンドイッチ 600円~
フルーツトマトとブラッドオレンジのサラダ 750円
クリスピーポテトとBBQポークのナチョス カリフォルニア産チェダーチーズ 750円
仔羊のミートボールとパプリカ パクチーと卵 900円
THE GOOD VIBES ミートプラッター 2,000円
※価格は税抜
※BBQサンドはレギュラーサイズの価格、ダブルサイズあり

THE GOOD VIBES(ザ グッド バイブス)

住所
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-4-2 横山第二ビル
電話番号
03-5829-6815
営業時間
11:30~16:30、17:30~21:00
定休日
日・祝日
公式サイト
http://the-goodvibes.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

肉々しいつくねを『ペリカン』のパンでぎゅっとサンド! 色鮮やかな「萌え断」が美しいサンドイッチ専門店
肉々しいつくねを『ペリカン』のパンでぎゅっとサンド! 色鮮やかな「萌え断」が美しいサンドイッチ専門店

1.創業50年以上の老舗焼鳥店『柳ばし鳥茂』裏に「サンドイッチ専門店」がオープン 2.サンドイッチには柳橋の名店『鳥茂』のつくねと浅草の老舗ベーカリー『ペリカン』のパンを使用 3.デリ付きで満足度100%のワンボックスは食いしんぼうや男性にもぴったり!

有川美咲
フードライター
いま要注目の街、浅草・観音裏で「チューリップ」が名物のマイクロビストロがグルメたちの話題になっている
いま要注目の街、浅草・観音裏で「チューリップ」が名物のマイクロビストロがグルメたちの話題になっている

【連載】幸食のすゝめ #044 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
金曜日限定の「幻のラーメン」が激ウマ! 行列必至の『潮 くろ喜』のラーメンを一度は食べてみるべし
金曜日限定の「幻のラーメン」が激ウマ! 行列必至の『潮 くろ喜』のラーメンを一度は食べてみるべし

1.都内の”ベストラーメン店”の常連・秋葉原『饗(もてなし)くろ喜』が、金曜日限定で別ブランド『潮 くろ喜』をスタート 2. 四季折々の貝の魅力を盛り込んだ「潮そば」はまさに至極の一杯! 3. 超濃厚なスープと牡蠣のうまみがたまらない「牡蠣味噌スパイスそば」も見逃せない

中村結
ライター
はみ出るステーキが超豪快!塊肉をフレンチトーストで挟んだ新感覚バーガーが大人気の『Sapling』
はみ出るステーキが超豪快!塊肉をフレンチトーストで挟んだ新感覚バーガーが大人気の『Sapling』

1.予約が取れないもんじゃ焼き屋で有名な『大木屋』初のカフェ業態IRON PLATE CAFE『Sapling』が渋谷にオープン 2.『大木屋』の代名詞“肉のエアーズロック”と呼ばれるリブステーキを使用したバーガーが人気 3.バーガーは食事系とスイーツ系の2つの味がを楽しめる

つくし家
ライター
「やきとん」の超名店・野方『秋元屋』の味を守り続けてきた店長がついに独立して開いた店のホンモノの味

【連載】幸食のすゝめ #047 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン