老舗フレンチ『ドンピエール』の絶品「特製ビーフカレー」を楽しめるバルが池袋に誕生!

2017年09月30日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 池袋
  • カレー
  • バル
老舗フレンチ『ドンピエール』の絶品「特製ビーフカレー」を楽しめるバルが池袋に誕生!
Summary
1.銀座ドンピエールが人気メニュー「特製ビーフカレー」を引っさげて、お酒も楽しめるバルを池袋にオープン
2.熱々のスキレットで供されるカレーは10種類以上
3.フレンチシェフの考案したバルメニューも見逃せない

カレーをお酒と楽しむバルがオープン

銀座で30年以上続く老舗フレンチ『レストランドンピエール銀座本店』。同店の人気メニューであるビーフカレーをメインに、おつまみとお酒もカジュアルに楽しめるカレーバル『銀座ドンピエール Curry & Bar』が2017年7月20日、池袋にオープンした。

そんな老舗フレンチ『ドンピエール』が新業態であるバルを出店したのは池袋。「『ドンピエール』のカレーをより多くの方に気軽に楽しんで頂きたい」。そんな思いから生まれた『銀座ドンピエール Curry & Bar 』は、「西武池袋本店」8階のレストラン街にあることから、家族連れも気軽に立ち寄れるお店として早くも評判だ。

メニューは、銀座本店で人気の「ビーフカレー」をはじめ、池袋店オリジナルのカレーが10種類以上そろう。フレンチのシェフのアイデアを取り込んだ30種類以上のバルメニューも注目だ。どちらもランチからディナーまで、1日を通して楽しむことができる。

本店の味を継承!スキレットで熱々を召し上がれ

同店でぜひ食べてほしいのは、やはり看板商品である「特製ビーフカレー」(写真上)。A5ランクの国産黒毛和牛を使ったうまみたっぷりの中辛カレーは、熱々のスキレットで供される。スキレットでカレーを提供するスタイルは、『ドンピエール』では初とのこと。

フレンチのソースを作る要領で時間をかけて丁寧に作られたカレーソースは舌触りが上品で滑らか。ソースの奥からは洗練されたコクとうまみが感じられる。肉はA5ランクの国産黒毛和牛を贅沢に使用。スプーンからこぼれ落ちるほど大きな角切り肉はひと口味わえばやわらかく、口の中でほどける感覚がたまらない。ランチとしてだけでなく、バルメニューの後の〆カレーとして味わうことができるのも魅力だ。

「特製ビーフカレー」と肩を並べる人気メニューが「ビーフシチュー」(写真上)。赤ワインと玉ネギのうまみたっぷりの濃厚なシチューの中には、同じく角切りの国産黒毛和牛が煮込まれており、ついお酒が進んでしまう。

お昼から楽しめる、30種類以上の豊富なバルメニュー

フレンチのシェフのアイデアを取り込んだ30種類以上のバルメニューも見逃せない。「海老ときのこのアヒージョ」(写真上)は、具材のうまみがたっぷりと溶け出すオリーブオイルの味も楽しみたい。また独自にブレンドしたスパイスが添えられており、独特でスパイシーな香りが特徴的。ピリッとしたエスニックな風味が食欲を刺激する。

30種類以上の豊富な種類のバルメニューは、ランチタイムから注文することができるので、休日にお昼からお酒を飲みたい!というときにもピッタリだ。

もっちり生地にお肉がゴロっと。絶品カレーパンも忘れずに

店頭ではテイクアウトメニューとしてカレーパンを販売している。お店で仕込みをして提供しているカレーパンは、もちもち食感の生地に『ドンピエール』人気のビーフカレーのうまみをたっぷり閉じ込めてある同店自慢の一品だ。
こだわりのカレーパンはお土産にもおすすめ。『ドンピエール』の味を自宅でも楽しめるのがうれしい。

カレーやお酒を気軽に楽しめる『銀座ドンピエール Curry & Bar』。
老舗フレンチの新たな挑戦に、これからも目が離せない。

【メニュー】
特製ビーフカレー 1,650円
ビーフシチュー 1,650円
海老ときのこのアヒージョ 790円
ドンピエールのカレーパン 350円
ビール(ピルスナー) 590円
※価格は税込

銀座ドンピエール Curry & Bar

住所
〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店8階
電話番号
03-6907-0089
営業時間
平日 11:00~23:00(L.O. 22:30) 土・日・祝休日 10:30~23:00(L.O. 22:30)
定休日
元旦(西武池袋本店の営業時間に準ずる)
公式サイト
http://dompierre.jp/ikebukuro/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

京都の超人気割烹『祇園 楽味』できいた、カウンター割烹で「上客」と認められるための効果的な振る舞い方

【京都で恥をかかない遊び方】日本はもちろん世界中から観光客が訪れる京都。雑誌や書籍にもインターネット上にもさまざまな情報が飛び交い、もはや京都のことは誰でもわかる時代になった、、、と思いきや京都には1,000年の都ゆえの深~い伝統と流儀、そしてマナーがある。そんな京都でいかにして恥をかかずに愉しめるか?京都在住で関西の食文化に精通するコラムニスト・門上武司さんが知識を伝授する。

【奥渋にある隠れ家】日本酒好き、燗酒好きにはたまらない世界がこの扉の向こうでは待っている

連載】幸食のすゝめ #037  食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
名旅館俵屋の天ぷらから注目のラーメンまで今行きたい京都の5店
名旅館俵屋の天ぷらから注目のラーメンまで今行きたい京都の5店

【連載】観光的、ではない京都人の日常メシ1泊5食巡り  京都市内中心部に住み日本中のグルメを知り尽くし、メディアに引っ張りだこの賢人・門上武司さん。あらゆるガイド本で扱われるこの街にもまだまだ穴場、しかも日常価格で楽しめる店がある。京都に1泊したらそんな店をフルコースでめぐりたい。1泊の京都で5回も味わえる、「知らない京都人の日常メシ」とは?