パリ発・世界中の美食家が愛する名パティスリー、広尾『アルノー・ラエール』

2018年03月09日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • 広尾
  • スイーツ
  • 初上陸
パリ発・世界中の美食家が愛する名パティスリー、広尾『アルノー・ラエール』
Summary
1.パリに愛されるパティスリー&ショコラトリー『アルノー・ラエール』が日本初上陸!
2.パティシエ・アルノー氏の故郷・ブルターニュ地方の焼き菓子や美しいケーキなどが揃う、宝石箱のような店内
3.上質な食材で作られるスイーツは、食通な方へのギフトにもおすすめ

世界中のパティシエが憧れるパリのパティスリー

広尾駅から広尾商店街を下って歩くと、オレンジと茶の洗練された大きな看板が目に入る。シックで洗練された佇まいとガラス張りのファサードから見える店内のきらびやかさに、道行く人々は立ち止まる。

その名も『アルノー・ラエール』。パリの芸術家たちが愛する街・モンマルトルとセーヌ通りに店舗を構えるパティスリーで、2018年1月13日に、東京・広尾にオープンした。

パティシエのアルノー・ラエール氏は由緒あるチョコレート愛好会「クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ」により、欠かすことのできないショコラティエに選ばれたという実力派。多くのパティシエが渡仏すると足を運ぶ、注目のパティスリーのひとつだ。

ブティック内のショーケースには、艶めくケーキや焼き菓子、色とりどりのマカロンなど、美しいスイーツの数々が並ぶ。

フランス・ブルターニュ地方に根ざした郷土菓子の数々は、上質な塩とバターがポイント

アルノー・ラエール氏(写真上)はフランス・ブルターニュ地方の出身。ブルターニュ地方では伝統的な食文化が非常に大切にされており、そば粉のガレットやシードル(リンゴの発泡酒)などの特産品は日本でも人気が高い。また、潮の満ち引きが大きな同地方では、「ゲランドの塩」に代表されるように良質の塩が採れるため、それらを使った有塩バターや、塩キャラメルなどのお菓子も有名だ。

同店には、たとえば「ガレット ブルトンヌ」(ブルターニュ風焼き菓子)など、随所にブルターニュのエッセンスが散りばめられている。

日本でも認知度の高い「クイニー・アマン」(写真上)もブルターニュ地方のお菓子。「クイニー・アマン」という名前は「バターのお菓子」という意味を持ち、塩バターを折り込んだ生地を丸く成形し、表面のザラメがカラメル状になるまで焼き固める。

外側のバリッとした歯触りと、内側のもちっとした食感の対比が楽しく、甘さの中にも塩のアクセントが効いている。

つややかでシックなケーキは、食材そのもののおいしさが最大限に活きている

「タルトレット シトロン」(写真上)はひときわ可愛らしい形のレモンタルト。タルトの上部にはレモン風味のメレンゲが丸く成形されてのっており、さわやかでふんわりとしたメレンゲと、香ばしいタルトとの相性が抜群だ。

「トゥールーズ=ロートレック」(写真上)は、画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの名を冠した一品。中を割ってみると、質感と味わいの異なるチョコレートが、ムースやブリュレとなり層を成している(写真上・右)。これらが口の中で次々に現れ、一品でいくつもの味わいを堪能できる。

マカロンは「マロンカシス」(写真左・右下)や「ヴァニーユ」(写真左・左上)、「抹茶&プラリネ」(写真左・右上)など様々に取り揃えており、プチギフトにも喜ばれそうだ。

他にも、すべてグルテンフリーで作られたマロンとフランボワーズのケーキ(写真左上)やブルターニュの塩をきかせたガレット ブルトンヌ(写真右上)など、実にバラエティ豊かな品が揃っている。

多くの食材を使わず素材の質と食感で勝負。 熟練パティシエの真骨頂が味わえる

アルノー・ラエール氏の哲学として、一品に多くの食材を使わず、食べた時にレモンならレモン、カシスならカシスとすぐにわかることを大切にする。

また、チョコであれば、チョコの質感を変化させ、食べた時の楽しさや驚きを演出するという。熟練パティシエならではの、繊細なテクニックといえよう。

素材に実直に勝負するアルノー・ラエールの菓子は、美食の都パリに続き、東京でも愛されることは間違いないだろう。

贈り物を買うついでに自分の分も買っていこう。 思わずそんな気持ちにさせてくれる、チャーミングなパティスリーだ。

【メニュー】
・ガレット ブルトンヌ 700円
・コフレ6個入り 2,700円
・パウンドケーキ各種  1,900円/本より
・タルトレット シトロン 620円
・エクレールショコラ 480円
・トゥールーズ=ロートレック 750円
・クイニーアマン 320円
・モワルーショコラ 380円

アルノー・ラエール 広尾本店

住所
〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-19-9
電話番号
03-6455-7868
営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜(4月より年中無休予定)
公式サイト
http://www.arnaudlarher.jp/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

1日200個以上売れる、絶品「クロワッサン」は必食! 『パンと焼き菓子のパパパパーン !』【新丸子】
1日200個以上売れる、絶品「クロワッサン」は必食! 『パンと焼き菓子のパパパパーン !』【新丸子】

1.オーナーシェフは、パリ発の大人気ブーランジェリー『メゾン・ランドゥメンヌ』出身 2.昼には完売必至! 行列の先にあるのは、フランス産発酵バターが香る「クロワッサン」 3.元パティシエのシェフの技が光る、個性的な定番パンや焼き菓子も見逃せない

小田中雅子
ライター
しっとりもちもち「北海道食パン」にリピータ続出!地元民に愛される、清澄白河のベーカリー『パンタレイ』
しっとりもちもち「北海道食パン」にリピータ続出!地元民に愛される、清澄白河のベーカリー『パンタレイ』

1.パンを作るのは、『ブティック・トロワグロ』でパティシエとして研鑽を積んだシェフ 2.人気ナンバーワンの「北海道食パン」は、耳までおいしいもちもち食パン 3.常時30種類ほどのパンをラインナップ。メロンパンなどのスイーツ系パンもおすすめ

泉 友果子
ライター