人気店の限定グルメも味わえる! 日本酒の祭典「CRAFT SAKE WEEK」が六本木で好評開催中!

2018年04月25日
カテゴリ
イベント
  • グルメフェス
  • 六本木
  • 日本酒
人気店の限定グルメも味わえる! 日本酒の祭典「CRAFT SAKE WEEK」が六本木で好評開催中!
Summary
1.中田英寿がプロデュースする、美酒と美食のイベント「CRAFT SAKE WEEK」が六本木ヒルズで好評開催中
2.酒蔵は1日10蔵ずつ毎日入れ替わり、47都道府県から計110蔵が出店
3.期間によって異なるグルメが楽しめる! 4月25日(水)からは新たに人気レストランが登場

約500本の竹で作られた回廊が六本木ヒルズに出現!? 最高峰の日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」が好評開催中!

先週4月20日(金)より、六本木ヒルズにて日本酒の魅力を味わい尽くせるイベント「CRAFT SAKE WEEK」が開催されている。
会場に出店する酒蔵やレストランなど、全てをプロデュースするのはあの中田英寿。日本酒もレストランも豪華なラインナップが揃っているのが特徴的だ。

また、会場となる六本木ヒルズアリーナには巨大な竹の回廊(かいろう)が出現!
「CRAFT SAKE WEEK」をより楽しむための仕掛けとして中田英寿が考案したもので、国内外で建築賞を受賞してきた『dot architects(ドットアーキテクツ)』が手がけている。
鹿児島県薩摩川内市の孟宗竹(もうそうちく)を約500本使い組み立てた回廊は神々しく、普段の六本木ヒルズアリーナとは異なる表情を見せている。

美酒と美食の極上マリアージュ! 中田英寿プロデュースだからこそ実現した、計15店の一流レストランが登場!

そして「CRAFT SAKE WEEK」は出店レストランも超豪華なのが見どころの1つ。
予約のとれないレストランの料理の数々が一堂に会し、食通もうなる豪華なラインナップとなっている。

今年は4月20日(金)~24日(火)の5日間で5店舗、25日(水)~29日(日)の5日間で5店舗、
最終日の30日(祝・月)の1日で5店舗と、合計15店が出店。

前回の記事に続いて、今回は後半の4月25日(水)~29日(日)に出店する5店舗と注目メニューを紹介していこう。

店主のセンスが光る! 肩ひじ張らずに絶品和食を堪能できる『器楽亭』

肩肘張らずに酒と食事を楽しめるお店として東京・久我山で愛され続ける人気居酒屋『器楽亭』(きらくてい)。
上質な食材ばかりを使用し、それらを組み合わせることで生まれる料理の数々は、どれも大将のセンスが光るユニークなものばかり。
イベント限定メニューを食せば、『器楽亭』の世界観にハマること間違いなしだ。

出店メニュー:フクユタカの濃こうすくい豆腐
国産大豆の王様ともいわれる「フクユタカ」を使用した手作り豆腐を特製の昆布ダレと絡めた、酒の肴にピッタリな一品。
昆布ダレのうまみがまろやかな豆腐と合わさり、箸が進む。

シェフがパリから駆けつける! 本場フランスで愛される一流フレンチ『Restaurant Pages』

オーナーシェフ・手島竜司氏が単身渡仏し、2014年にパリにオープンさせた 『Restaurant Pages(レストラン パージュ)』。
オープンからわずか1年半で『ミシュランガイド パリ 2016』の一つ星に輝いた、世界が認めたフレンチだ。
見た目にも美しい料理の数々が「CRAFT SAKE WEEK」限定で登場。フレンチの本場・パリで愛される絶品メニューを味わい尽くそう。

出店メニュー:ブルターニュ産オマール海老のラビオリとビスク
Risoパスタと春野菜のファルスに、ブルターニュ産のオマール海老をトッピング。
その上からさらにオマール海老のビスクをたっぷりかけた、贅沢な一皿。

「CRAFT SAKE WEEK」だけの限定コラボ『BON DABON』と『A due passi』は見逃せない!

日本唯一のパルマハム職人の称号を持つ多田昌豊氏が開業した生ハム店『BON DABON (ボン・ダボン)』と、『BON DABON』のペルシュウ(生ハム)取扱い店として人気を博すイタリアン『A due passi(アドゥパシ)』、どちらも岐阜県に店を構える2店がコラボレーションし「CRAFT SAKE WEEK」に出店!
絶妙な薄さでスライスされるペルシュウとの日本酒のマリアージュを堪能したい。

出店メニュー:BON DABONのペルシュウとトルタフリッタ
熱々揚げたてのトルタフリッタ(イタリア風揚げパン)の上に24カ月熟成のペルシュウが乗った一皿。
イタリアではファストフード感覚で食べられているメニューを、日本でも楽しめるチャンスだ。

米料理を“塩と愛情”で表現! 人気のスペイン料理店『Sal y Amor』

スペイン各地のおいしい郷土料理や米料理をSal y Amor(塩と愛情)で表現する、代官山の人気スペイン料理店『Sal y Amor(サル イ アモール)』。
日本初のスペインの米料理専門店ともいわれており、多種にわたる各地方のパエリアを筆頭に、本場スペインの味を存分に楽しめる。

出店メニュー:バスク風アサリのパエリア
アサリとパセリで炊き上げた、バスク地方の米料理。
食べ慣れたパエリアとは違い、リゾットのような食感や味わいがユニークな一品。

「おもてなしの心」と「家庭的な味」をそのままに受け継ぐ東京・三田の名店『華都飯店』

中国料理研究家の馬遅伯昌氏が「食を通して中国の文化を日本に」という想いから1965年に東京・三田に開いたのが『華都飯店(しゃとーはんてん)』。
あっさりとした味に仕上げるのが馬遅流で、料理に使う油は植物性のみ。
本場の香辛料を贅沢に使用しつつ、日本酒に合うように創りだされたメニューに思わずうなる。

出店メニュー:細切り牛肉の黒味噌炒め
細切りの牛肉を甜麺醤(てんめんじゃん)で炒めた、シンプルながらも力強い味が楽しめる一皿。
歯ごたえのあるお肉の食感に合わせてしっかりした味付けとなっており、辛口の日本酒との組み合わせが抜群だ。

後半5日間では、西日本から九州沖縄の地域の酒蔵や、日本酒のプロも認める酒蔵の日本酒が堪能できる

今回ご紹介した5店舗のレストランとのマリアージュを楽しめる出店酒蔵は、それぞれ下記のとおり。好みの銘柄を見逃さないようチェックしよう!

4月25日(水)/関西の日
京都府・大阪府・奈良県・和歌山県・滋賀県・兵庫県から酒蔵が集結。


・澤屋まつもと(松本酒造株式会社/京都府)
・秋鹿 (秋鹿酒造有限会社/大阪府)
・風の森(油長酒造株式会社/奈良県)
・みむろ杉(今西酒造株式会社/奈良県)
・紀土(平和酒造株式会社/和歌山県)
・車坂(株式会社吉村秀雄商店/和歌山県)
・笑四季(笑四季酒造株式会社/滋賀県)
・三連星(美冨久酒造株式会社/滋賀県)
・龍力(株式会社本田商店/兵庫県)
・仙介(泉酒造株式会社/兵庫県)


4月26日(木)/中国・四国の日
広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県・香川県・徳島県・愛媛県・高知県から酒蔵が集結。


・雨後の月(相原酒造株式会社/広島県)
・竹林(丸本酒造株式会社/岡山県)
・千代むすび(千代むすび酒造株式会社/鳥取県)
・月山(吉田酒造株式会社/島根県)
・貴(株式会社永山本家酒造場/山口県)
・川鶴(川鶴酒造株式会社/香川県)
・三芳菊(三芳菊酒造株式会社/徳島県)
・伊予賀儀屋(成龍酒造株式会社/愛媛県)
・文佳人(株式会社アリサワ/高知県)
・酔鯨(酔鯨酒造株式会社/高知県)

4月27日(金)/九州・沖縄の日
福岡県・佐賀県・大分県・長崎県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県から酒蔵が集結。


・若波(若波酒造合名会社/福岡県)
・田中六五(有限会社白糸酒造/福岡県)
・鍋島(富久千代酒造有限会社/佐賀県)
・前(古伊万里酒造有限会社/佐賀県)
・ちえびじん(有限会社中野酒造/大分県)
・福田(福田酒造株式会社/長崎県)
・花の香(花の香酒造株式会社/熊本県)
・千徳千徳(酒造株式会社/宮崎県)
・薩州正宗(薩摩金山蔵株式会社/鹿児島県)
・黎明(泰石酒造株式会社/沖縄県)

4月28日(土)/SAKENOMY ALL STARSの日
中田英寿監修の日本酒アプリ「Sakenomy」が選んだ、ユーザーからの人気も高いオススメの酒蔵が大集合。


・雪の茅舎(株式会社齋彌酒造店/秋田県)
・春霞(合名会社栗林酒造店/秋田県)
・ゆきの美人(秋田醸造株式会社/秋田県)
・勝山(勝山酒造株式会社/宮城県)
・山形正宗(株式会社水戸部酒造/山形県)
・穏(有限会社仁井田本家/福島県)
・名倉山(名倉山酒造株式会社/福島県)
・大七(大七酒造株式会社/福島県)
・賀茂金秀(金光酒造合資会社/広島県)
・東一(五町田酒造株式会社/佐賀県)

4月29日(日)/SAKE COMPETITIONの日
世界最大の日本酒コンペティション「SAKE COMPETITION」にランクインした、日本酒のプロが認める蔵元が登場。


・南部美人(株式会社南部美人/岩手県)
・伯楽星(株式会社新澤醸造店/宮城県)
・越後鶴亀(株式会社越後鶴亀/新潟県)
・来福(来福酒造株式会社/茨城県)
・開運(株式会社土井酒造場/静岡県)
・七賢(山梨銘醸株式会社/山梨県)
・作(清水清三郎商店株式会社/三重県)
・極聖(宮下酒造株式会社/岡山県)
・美丈夫(有限会社濵川商店/高知県)
・土佐しらぎく(有限会社仙頭酒造場/高知県)

開催後半もますます盛り上がること間違いなしの「CRAFT SAKE WEEK」。
ぜひ会場に足を運んでみよう。

【概要】
名称:CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2018
住所:〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズアリーナ
開催日時:2018年4月20日(金)~30日(月・祝)
営業時間:12:00~21:00(L.O.20:30)
公式サイト:http://craftsakeweek.com/rh/index.html

【CRAFT SAKE スターターセット】
3,500円(酒器グラス+飲食用コイン11枚)
※2回目以降の来場の際は、グラスを持参いただくと、追加コインの購入のみで、お楽しみいただけます。
・開催期間中も会場にてお買い求めできます。
・事前チケット購入の方は、下記サイトよりお買い求めください。
「Passmarket(パスマーケット)」


【追加コインAセット】1,500円(飲食用コイン10枚)
【追加コインBセット】3,000円(飲食用コイン22枚)
【追加コインCセット】5,000円(飲食用コイン38枚)
・開催期間中に会場にてお買い求めできます。

関連記事

中田英寿が酒蔵100を厳選! 日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」が六本木ヒルズで開催
中田英寿が酒蔵100を厳選! 日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」が六本木ヒルズで開催

1.中田英寿プロデュースの日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」が、4月7日(金)から16日(日)まで六本木ヒルズアリーナで開催 2.毎日通える楽しさいっぱい!合計100蔵が、1日10蔵ずつ入れ替わりで出店 3.東京屈指の和食やフレンチの名店から予約困難な超人気店まで、絶品料理も味わえる!

dressing編集部

「五反田」は日本酒の新聖地!全国78蔵の美酒と旨いつまみが揃う『曲宴あぎ』で驚きのペアリングを体験

利き酒師、一級フードアナリストの資格をもち、大の日本酒好きとして各メディアで活躍中のフリーアナウンサー・あおい有紀が、選りすぐりの和酒のお店を訪れ、お店とお酒、人の魅力に迫る! #和食×日本酒 曲宴あぎ

あおい有紀
フリーアナウンサー/和酒コーディネーター