スパイシーな「マグリブ料理」は一度食べたらもうトリコ! 『bills』から春夏の新メニューが登場

2018年05月11日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 銀座
  • 表参道・青山
  • お台場
  • 二子玉川
  • 鎌倉
  • 福岡
  • 大阪
  • 横浜
  • 多国籍料理
スパイシーな「マグリブ料理」は一度食べたらもうトリコ! 『bills』から春夏の新メニューが登場
Summary
1.カジュアルダイニング『bills』から2018年春夏の新メニューが登場!
2.地中海沿岸の「マグリブ料理」を独自にアレンジした絶品メニューが勢ぞろい
3.『bills 福岡』限定の新感覚スイーツ「イートン・メス」も見逃せない

カジュアルダイニング『bills』から、“マグリブフレーバー”をテーマにした2018年春夏の新メニューが登場!

2018年3月で日本上陸10周年を迎え、さらに11月にはシドニーの1号店オープンから25周年を迎えるオールデイカジュアルダイニング『bills(ビルズ)』。昨年は大阪に店舗をオープンし、日本国内だけでも8店舗を構えるなど、その勢いはとどまることを知らない。

そんな『bills』は「リコッタパンケーキ」のイメージが浸透しているが、レストランメニューも豊富なことをご存知だろうか。

パスタやハンバーグなどの定番メニューだけでなく、地中海エリアの「マグリブ料理」を『bills』流にアレンジした新メニューが2018年春に登場。さまざまなスパイスや地中海の野菜を使用した、注目のディッシュを紹介していこう。

「マグリブ料理」ってどんな料理?

「マグリブ」とはモロッコ、アルジェリア、チュニジアなどを総称する地中海沿岸の地域のことで、歴史的背景からフランス、スペイン、イタリアなどのヨーロッパの文化的影響も多く受けており、多様な食文化が発展しているエリアだ。

2018年1月末にもマグリブ諸国が協力し、マグリブ料理の代表的なメニューともいえる”クスクス”を、ユネスコの無形文化遺産に登録することを目指すという動きもあり、マグリブの食文化は世界中から注目を集めている。

このエリアに『bills』のオーナーであるビル・グレンジャー氏が訪れ、マグリブ料理をそのまま踏襲するのではなく、彼の独特のエッセンスを加えることで『bills』でしか味わうことができないメニューが生まれた。

唐辛子ベースのフレッシュな「ハリッサ」と、ローストナッツとスパイスをミックスした「デュカ」がポイント!

今回、『bills』流にアレンジされた「マグリブ料理」のポイントとなる食材は主に2つ。

1つは「ハリッサ」(写真上・左)という唐辛子を元に作られるペースト状の調味料、もう1つは「デュカ」(同・右)という多様なスパイスを効かせたナッツの調味料だ。

今回はどちらも『bills』自家製のレシピを考案し、既存のメニューと組み合わせることで、これまでにない新たな魅力が詰まったメニューが生まれている。

ニンジンがメインの、⾒た目も鮮やかな地中海風サラダが、こちらの「キャロットサラダw/ グリーンハリッサ、レモンヨーグルト、コリアンダー、デュカ」(写真上)。

「ハリッサ」と「デュカ」が⽣み出すエキゾチックなスパイスが、キャロットの甘みを⼀気に引き締めてくれる。シェリービネガーやギリシャヨーグルトを使うことでまろやかな酸味もプラスされ、キャロットとパクチーのフレッシュなおいしさが際⽴っている。

続いて、「鯛のロースト、グリーンソースw/ そばの実、タブーリ、赤タマネギのサラダ」(写真上)。ジューシーな鯛のローストに、パクチーやオニオンなどの清涼感のある野菜、タブーリが彩を添えてくれる。

タブーリとは中近東でメジャーなパセリ風味のサラダで、欧米のデリでも人気のメニュー。通常はクスクスやブルガー⼩⻨で作るが、今回はビル・グレンジャー氏が⼤好きなそばの実とキヌアを使った『bills』オリジナルタブーリを提供。野菜が豊富なメニューかつグルテンフリーのため、健康や美容に気を遣っている方にもおすすめしたい。

『bills』のバーガーシリーズに新メニューも登場! それが「グリルドチキンバーガーw/ グリーンハリッサ、タヒニヨーグルト、コールラビ&ミントスロー」(写真上)。

ボリューミーなチキンはタヒニ(生ごま)ヨーグルトと地中海系のスパイスに漬けこんでいるため、外はカリッと、中はジューシー。チキンはピリッとスパイスが効いているが、付け合わせのコールラビ(地中海産のカブのような野菜)とミントを使うフレッシュなコールスローが⼝の中をクールダウンさせてくれる。

“マグリブフレーバー”だけじゃない! アジアンテイストな新メニューも登場!

甘酸っぱくネバネバとした食感が特徴的なベトナム風のメニューが、「ポークブレゼ&ライスヌードル w/ タマリンドソース、ピーナッツ、コリアンダー、ヌクチャム」(写真上)。

ポークは甘い⿊ケチャップ、⿊酢とタマリンドで味付けしてあり、フォークを⼊れるとほろっと崩れるやわらかさ。トーストしたカリカリのピーナッツと合わせるとさらに香ばしさがアップし、ビール好きにはたまらない一品だ。

しゅわしゅわのメレンゲとベリーの相性抜群! 『bills 福岡』限定のスイーツメニュー「イートン・メス」は必食

こちらは『bills 福岡』限定のスイーツメニュー「bills イートン・メス – ベリー、ラズベリーメレンゲ、マスカルポーネクリーム」(写真上)。

メレンゲがしゅわしゅわと⼝の中で溶けていき、マスカルポーネクリームがストロベリーとラズベリーの酸味をまろやかにしてくれる。メレンゲをつぶし、ベリーソースとマスカルポーネクリームと混ぜ合わせ、⼀緒に”ぐちゃぐちゃ”(=Mess)にして食べるのがおすすめだ。

紹介したメニューの他にも新メニューがラインナップしているので、ぜひ『bills』の新たな魅力に触れてみよう。

▼bills japan公式インスタグラム
https://www.instagram.com/billsjapan/

bills 七里ヶ浜

住所
〒248-0026 神奈川県鎌倉市七里ガ浜1-1-1 WEEKEND HOUSE ALLEY 2F
電話番号
0467-39-2244
営業時間
火~日 7:00~21:00(L.O.20:00)、月 7:00~17:00(L.O.16:00)
定休日
不定休(GW・盆時期・年末年始は営業)
公式サイト
http://billsjapan.com/jp/七里ヶ浜

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

bills 横浜赤レンガ倉庫

住所
〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1-1-2 横浜赤レンガ倉庫2号館 1F
電話番号
045-650-1266
営業時間
月~金 9:00~23:00(L.O.22:00)、土日祝 8:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
不定休(GW・盆時期・年末年始は営業)
公式サイト
http://billsjapan.com/jp/横浜赤レンガ倉庫

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

bills 表参道

住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-30-3 東急プラザ 表参道原宿 7F
電話番号
03-5772-1133
営業時間
8:30~23:00(L.O.22:00)
定休日
不定休
公式サイト
http://billsjapan.com/jp/表参道

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

bills お台場

住所
〒135-0091 東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール3F
電話番号
03-3599-2100
営業時間
月~金 9:00~23:00(L.O.22:00) 、土日祝 8:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
不定休
公式サイト
http://billsjapan.com/jp/お台場

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

bills 二子玉川

住所
〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-27-5 玉川高島屋S・Cマロニエコート 3F
電話番号
03-3708-3377
営業時間
8:30~21:00(L.O.20:00)
定休日
不定休
公式サイト
http://billsjapan.com/jp/二子玉川

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

bills 福岡

住所
〒810-0002 福岡県福岡市中央区西中洲13-1 水上公園内 SHIP’S GARDEN 1F
電話番号
092-733-2555
営業時間
月~木・祝日 8:30~22:00(L.O.21:00)、金~土・祝前日 8:30~23:00(L.O.22:00)
定休日
不定休
公式サイト
http://billsjapan.com/jp/ロケーション/福岡

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

bills 銀座

住所
〒104-0061 東京都中央区銀座2-6-12 Okura House 12F
電話番号
03-5524-1900
営業時間
8:30~23:00(L.O.22:00)
定休日
不定休
公式サイト
http://billsjapan.com/jp/銀座

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

bills 大阪

住所
〒530-8558 大阪府大阪市北区梅田3-1-3 LUCUA 1100 7F
電話番号
06-6456-2500
営業時間
8:30~23:00(L.O.22:00)
公式サイト
http://billsjapan.com/jp/ロケーション/大阪

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

東京で話題の「高級食パン」専門店6選! 大阪発の注目店から行列必至な角食パンの名店まで勢揃い
東京で話題の「高級食パン」専門店6選! 大阪発の注目店から行列必至な角食パンの名店まで勢揃い

1.二子マダムも殺到の『あずき』、大阪から東京に上陸した『レブレッソ』 2.パンの革命児による『ジュウニブン ベーカリー』、神戸・芦屋から東京へ進出の『PANYA ASHIYA』 3.劇場型食パン専門店『VIKING BAKERY F 南青山』、名物「角食パン」で大人気な『AOSAN』

dressing編集部