「あん食パン」をパウンドケーキ型で作ってみよう! ふわふわもっちりがクセになる、簡単食パンレシピ

2018年06月30日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • パン
  • 食パン
「あん食パン」をパウンドケーキ型で作ってみよう! ふわふわもっちりがクセになる、簡単食パンレシピ
Summary
1.焼きたて食パンをご自宅で! パウンドケーキ型を使った「あん食パン」の作り方
2.芳醇な小麦香るもっちりふわふわの生地が、あんこのコクや甘みと相性抜群!
3.クリームチーズサンドやフレンチトーストなど、「あん食パン」のアレンジレシピも紹介

おやつの定番あんぱんや、名古屋名物「あんトースト」など、あんこを使ったパンが数多く存在するが、ここ最近注目を浴びているのが、あんこをたっぷりと練り込んだ「あん食パン」だ。

手作りすれば、あんこを贅沢にたっぷりと入れることも可能!しかも焼きたてのおいしさと芳ばしさを、思う存分味わうことができる。

今回は家庭でも作りやすい“パウンドケーキ型”を使ったミニサイズの「あん食パン」レシピを紹介しよう。

■あんこたっぷり! パウンドケーキ型で作る「あん食パン」

パウンドケーキ型の「あん食パン」は、表面がカリカリに仕上がる。焼きたてのもちふわな食感は抜群で、つまんで食べ始めたらあっという間に食べきってしまうほど中毒性のあるおいしさだ。バターと生クリームのコクが、あんこのコクをさらに広げてくれる。

■材料 (縦16cm×横8cm×高さ5cmのパウンド型1台分)

・バター … 15g
・牛乳 … 100ml
・強力粉 … 200g
・きび砂糖 … 20g
・インスタントドライイースト … 小さじ1
・塩 … 小さじ1/2
・生クリーム … 30ml
・あんこ … 300g

・バター(トッピング) … 適量

■作り方(調理時間:2時間半~3時間)

① 耐熱ボウルにバターと牛乳を入れて600Wの電子レンジで1分30秒加熱し、バターを溶かす。

② 別のボウルに強力粉、きび砂糖、インスタントドライイースト、塩を入れて混ぜたら中央をくぼませ、①と生クリームを注いで菜箸で混ぜる。

③ 台の上で(またはボウルの中で)生地を5分ほどしっかりとこねる(手のつけ根に力を入れ生地を手前から前方へ押しだすようにこねるとよい)。弾力がついたら丸めて、先ほどのボウルに戻す。

④ 濡らして水気を絞ったクッキングペーパーをかぶせてラップをし、2倍の大きさに膨らむまで35℃の場所(発酵機能の設定をしたオーブンの中など)に50~60分ほどおき、発酵させる。(一次発酵)

⑤ まな板に打ち粉(強力粉適量・分量外)をして、④の生地を厚さ5mmにのばす。全面にあんこをたっぷり塗り、手前から巻く。


《ポイント》
巻き始めと巻き終わりから5cm内側に、2列あんこの山をつくって巻くと、焼きあがってスライスしたときの断面が、かわいいうずまきとなる。

⑥ 3等分に切り分けて、切り口を一点に集めるように引っ張り、あんこを閉じ込めながら目をとじる。

⑦ 型の内側全体にバターを薄く塗り、⑥の生地のとじ目を下にして詰める。

⑧ 濡らして水気を絞ったクッキングペーパーをかぶせてラップをし、型の9分目まで膨らむまで、35℃の場所(発酵機能の設定をしたオーブンの中など)に40~50分ほどおき、発酵させる。(二次発酵)

⑨ 180℃に予熱したオーブンで20分焼いたら取り出す。型が手で触れる温度になったら型から外す。

⑩ 網にのせて冷ます。

⑪ 食べるときに食べやすい大きさに切り分ける。お好みでバターをトッピングする。

■濃厚チーズとあんこはベストコンビ! 柑橘がさわやかに香る「クリームチーズサンド」

「あん食パン」以外に使う材料は3つだけ。あんこと相性抜群なクリームチーズを合わせた「クリームチーズサンド」のレシピを紹介する。さらにハチミツとマーマレードを合わせることで、フルーティなハチミツの風味と柑橘の爽やかな香りが、味わいに深みを増してくれる。

「あん食パン」はトースターでこんがりと表面を焼くことで中はふわっと、外はカリカリな食感のコントラストが味わえる。

■材料 (4切れ分)

・あん食パン … 2cm幅を4切れ
・クリームチーズ … 60g
・ハチミツ… 小さじ1
・マーマレードジャム … 大さじ1

■作り方(調理時間:5分)

①あん食パンはこんがりとトーストする。

②ボウルにクリームチーズを入れてやわらかくなるまで混ぜたら、ハチミツを加えて混ぜる。

③あん食パンに②とマーマレードジャムを塗り、もう1枚のあん食パンで挟む。

■バターの芳ばしさとあんこの甘みが絶妙「フレンチトースト」

あんこたっぷりの「あん食パン」を生クリームを混ぜた卵液に浸し、バターで芳ばしく焼きあげる「フレンチトースト」のレシピを紹介する。軽く焦がしたバターの香りが食欲を刺激し、濃厚な味わいに満たされることだろう。このままで十分おいしいが、さらに相性抜群なホイップクリームをのせていただくのもオススメだ。

■材料 (2切れ分)

・[A]卵 … 1個
・[A]生クリーム … 大さじ2
・[A]牛乳 … 大さじ1
・[A]きび砂糖 … 小さじ1
・バター … 10g
・あん食パン … 2cm幅を2切れ
・ホイップクリーム(お好みで) … 適量

■作り方(調理時間:15分) ※あん食パンを卵液に浸す時間は除く

①ボウルにAを入れてよく混ぜ、あん食パンを浸して冷蔵庫に30分おく。ひっくり返し、再び冷蔵庫に30分おく。

②フライパンにバターを入れて弱火で溶かしたら①を入れてフタをし、きつね色に焼き色がつくまで6~7分ほど焼く。

③裏返して、もう片面もきつね色に焼き色がつくまで6~7分ほど焼く。

④器に盛り、お好みでホイップクリームを添える。

今回はパウンド型を使って簡単に家庭で作れる「あん食パン」とアレンジレシピを紹介した。もっちりふわふわの生地とあんこのコクと甘みは、やみつきのおいしさだ。ぜひ試していただきたい。

【レシピ制作者プロフィール】
管理栄養士・料理研究家 五十嵐ゆかり

「楽うまヘルシーな時短ごはん」をモットーに、糖質オフやグルテンフリー、減塩、発酵食品を料理にプラスしてグンとおいしくするコツなど、日々の暮らしに取り入れやすいヘルシーレシピを提案している。
フードクリエイティブファクトリーでは、食のクリエイティブディレクターとして年間500を超える食の企画をWEB媒体や食品企業に提供し、企画~レシピ開発、栄養監修までをトータルに行う。
企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、講演、イベント出演、料理教室など、多方面で活動中。 著書に『食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖』や『発酵いらずのちぎりパン』、『塩レモンでつくる基本のおかず』など。
Twitter:https://twitter.com/igarashi_yukari
運営レシピサイト グルテンフリーLIFE:https://glutenfree-life.com/
Blog:http://lineblog.me/igarashiyukari/

【調理・撮影】
フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/

関連記事