池袋でおしゃれな串揚げ店を発見!知る人ぞ知る、自然派ワインと串揚げの新しい魅力を発信『源 MOTO』

2019年05月22日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 池袋
  • 串揚げ・串カツ
  • ワイン
池袋でおしゃれな串揚げ店を発見!知る人ぞ知る、自然派ワインと串揚げの新しい魅力を発信『源 MOTO』
Summary
1.串揚げ×ナチュールで、ワインの渋みと油ものの相性のよさを堪能できる串揚げ専門店
2.カラダの“源”となる旬の食材をバラエティ豊かに楽しめる
3.鮮魚の盛り合わせや馬肉のユッケなど、サイドメニューも豊富

コンセプトは「海外の人にも喜んでもらえるスタイルの日本のお店」

和食は海外でも人気が高いと言われるが、箸の持ち方や魚の食べ方を徹底するのは少々困難。
しかし、「そのまま外国に持って行って喜んでもらえる日本のお店」をコンセプトとした東京・南池袋の『串揚げとワイン 源 MOTO』(以下、源 MOTO)なら、より多くの外国人がおいしい和食を気楽に堪能できるに違いない。

「コテコテの和食より、海外の人たちも飲み慣れているワインと一緒に楽しんでもらえるお店にしたかったんです」。
そう話すのは同店店長を務める千竃(ちかま)健司さん。前身となる『串平』時代から店長を務めた店をリニューアルする形で、2016年11月に独立して『源 MOTO』をオープンさせた。

▲個室も用意

リニューアルにあたっては「和」を意識。カラダの源(みなもと)となる大事な食事を、日本の食文化、酒場文化ごと楽しんでほしいとの想いから、季節の食材や地方のおいしいものを提供していくことにした。

▲テラス席はペット同伴可

串揚げは「ストップ」がかかるまで。肉、野菜、魚をバランスよく提供

もちろんメインの串揚げにも、四季の味をふんだんに盛り込む。
最初の2本こそ、“シグネチャー串揚げ”ともいえる「天使のエビ」「黒毛和牛」を提供するが、3本目以降は、季節の食材をなるべく多く取り入れることを意識しながら、お客から「ストップ」がかかるまで、アレルギーと苦手な食材を除いた肉、野菜、魚をバランスよく揚げていく。

シグニチャーメニューは「天使のエビ」と「黒毛和牛」

ニューカレドニア産の「天使のエビ」は、うま味成分であるアミノ酸含有量が高く、甘みとコクも強く感じられる贅沢な味わい。サックリとした衣とプリプリしたエビの食感の対比がなんとも楽しく、噛みしめるとねっとりと舌に絡みついてくるうまみも堪らない。

黒毛和牛は、系列店である『肉屋の量売り食堂 听屋(ポンドヤ)』のノウハウを活かして仕入れたA4、A5ランクのものを使用。竹炭パウダー織り交ぜた粉を使い、スタイリッシュな黒い串に仕上げている。

サックリ食感の衣の中から現れるのは、火を通し過ぎずやわらかさを残した新鮮な和牛。衣の中には、サイコロ状にカットされた和牛が2つ並んでいるので、食べやすさも抜群だ。
そのままはもちろん、テーブルに用意された昆布塩やポン酢、自家製ソースとも相性がいいので、いろんな味付けで肉のうまみを堪能したくなる。口の中ですーっと溶けていくやわらかな和牛は格別な舌触り。牛肉専門店以外でこのような上質な肉を堪能できるとは驚きである。

バラエティ豊かな串揚げは、訪れるたびに新しい楽しみが

写真の串は、左から、「タケノコの糸がき(マグロ節の血合を除いた部分を糸状にしたもの)とだし醤油がけ」「菜の花の牛肉巻き 卵黄ソース」「豚ヒレ マスタードソース」「天使のエビ」「黒毛和牛」「椎茸のカニクリーム詰め」。
春の香りいっぱいのタケノコや菜の花には、素材の味を昇華させるオリジナルのタレやソースがトッピングされているので、串揚げの新しい楽しみ方に開眼させられそうである。

卵黄ソースはサクサクの衣に絡みついて濃厚なうまみをもたらしてくれるし、マスタードソースのキリッとした大人の味わいも心地よく、串揚げと一口に言っても、ソースによってさまざまな味わいを楽しむことができるとよくわかる。

すべての串は、キメの細かい生パン粉をまとい、ヘルシーなヒマワリ油100%で揚げられているのでとっても軽やか。
平均12本程度楽しむ人が多いというが、串揚げ以外をオーダーしなければ、もっとたくさん食べられそうだ。

とはいえ、前菜や野菜メニューにも気になるものがたくさん。

串揚げ以外のメニューも抜かりない

まず楽しみたいのは、栄養をたっぷり蓄えた野菜やフルーツを彩り豊かに盛りつけた「オーガニック野菜と果物のローカルサラダ」(写真下)だ。バラエティ豊かな有機野菜は、全国各地から取り寄せている。

イタリアンブロッコリーは軽く火を通し、黄金カブはグリル。素揚げしたレンコンはさっくりと芳ばしく、ピクルス漬けしたリンゴは爽やかな味わい。完熟キンカンや真っ赤なイチゴの甘酸っぱさもよいアクセントとなり、いろんな味わいや食感を堪能できるのがうれしい。

熟成させた鮮魚は五島列島からお取り寄せ

魚好きならぜひ試してほしいのが、そのときどきに仕入れた鮮魚で作る「五島列島 林鮮魚店さんの鮮魚の盛り合わせ」(写真下)だ。
『林鮮魚店』とは、知る人ぞ知る魚の目利きが立ち上げた加工場。鮮魚の中から特に活きのよい魚を選び、神経締めにして腐敗の原因となる血と水分を取り除くことで、魚を熟成させ、うまみと力強さを強化させるプロフェッショナル集団である。

この日のプレートに盛られていた鮮魚は、ヒラマサ、真鯛、ヒラメの3種類。オカヒジキやミョウガ、カイワレ、マイクロ赤紫蘇とともにさっぱりとした味わいを楽しむのがオツ。
通常の刺身同様、醤油も一緒にテーブルに供されるが、魚によっては昆布締めすることもあれば塩で食すことをすすめる場合もある。

極上霜降りユッケもワインと相性抜群

肉好きへのおすすめは、「極上霜降り馬肉のユッケ」(写真上)。熊本産の馬肉は九州では王道の甘口の醤油で味をつけ、同じく九州でよく食べられている「炒麺(チャーメン)」などとともにプレートに盛りつける。

見た目には和のイメージが強い一品だが、ワインとの相性を考え、細かく刻んだオリーブとピクルスを混ぜ合わせているところは流石である。

ロゼからオレンジまでさまざまにそろうワインはすべてナチュール。食べるものだけではなく飲むものも、カラダを作る「源 MOTO」となっているのだから、添加物の有無や製法にこだわって当然だろう。

「ワインの渋みと油ものは相性がいいので、いろんな組み合わせで楽しんでほしいですね」と千竃さん。
海外に誇る日本の食文化×こだわりのナチュールを楽しめる同店は、外国人のおもてなしにはもちろん、わたしたち自身の食生活を豊かにするためにも通いたくなること間違いなしだ。


【メニュー】
▼フード
串揚げ おまかせ 230円均一
五島列島 林鮮魚店さんの鮮魚の盛り合わせ 1,680円
極上霜降り馬肉のユッケ 1,650円
オーガニック野菜と果物のローカルサラダ 980円
▼ワイン
本日のグラスワイン 700円~
本日のグラススパークリングワイン 900円~
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。また、価格はすべて税別です。

撮影:山本昌志

串揚げとワイン 源 moto

住所
東京都豊島区南池袋2-11-5 三栖ビル
電話番号
050-3463-4071
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
月・水~日・祝日
ディナー 17:00~23:00
(L.O.22:30、ドリンクL.O.22:30)
定休日
火曜日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/a853611/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。