世界的人気の中南米料理が日本でも来る?

約20年間、ぐるなびが蓄積してきた膨大なデータとdressingが選んだ食の知識人=「賢人」の知見・経験を掛けあわせ、より精度の高い食トレンドを予測するコラボ企画。これから流行りそうなメニューとは?

2015年09月14日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 中南米料理
  • 銀座
世界的人気の中南米料理が日本でも来る?
Summary
・いま、世界で最先端を行くのは中南米と北欧のモダン系
・日本人にも馴染みやすい味
・テックスメックスなども復活のきざし

ぐるなびデータが導き出した、この秋のトレンドメニューって?

今後流行りそうなトレンドを私がぐるなびのデータを用いながら探っていくと、今年に入り「セビーチェ」をキーワードに訪問するユーザーが急増しており、セビーチェ取り扱い店舗についても2015年2月~7月にかけて134%に増加しているという。
実際、私の肌感でもセビーチェを扱う店はここ最近急激に増えた印象だ。
セビーチェとは、ペルーやメキシコのユカタン半島の海沿いの郷土料理。もともとは釣った魚をぶつ切りにして、赤玉ねぎや唐辛子を和え、ライムを搾り、刻んだコリアンダーを散らしていただくシンプルな料理だ。
日本では、そのお里の一つであるペルー料理のモダンなスタイルの名店としてその名を上げている東京・神宮前のベポカがじわじわと火をつけた。そして決定的だったのが、昨年日比谷にオープンした中南米料理店TORO TOKYO。そして、2015年のTACO BELL再上陸だろう。合コンにも使えるような小洒落たしつらえの店からファストフードに至るまで、さまざまなレイヤーで存在感が上がってきているのも印象的。ペルー、メキシコといった区切りではなく、中南米料理全体の人気が底上げされている印象だ。
これまで、80年代のバブルの頃から何度か中南米料理はブームになりかけたものの、新しい味覚が浸透しきらないうちにトレンドが衰退、といった経緯があった。異国文化を取り入れるのがうまいと言われる日本人でも、日常の生活様式の延長線上にある食文化の定着には時間がかかるのだろう。それでも、何度かのチャレンジを経て、中南米料理やテックスメックスも、いよいよ定着期に入ってきたと言えるだろう。
そういえば、セビーチェといえば、パークハイアット東京のニューヨーク グリル&バーなどにもオンリストされていた記憶がある。ニューヨーク グリルは、2014年に総料理長がアルゼンチンのフェデリコ・ハインツマンさんになり、チミチュリソース(アルゼンチンの肉用ソース)などもステーキソースの定番として加えられた。このようにさまざまな角度からシーン全体がじわじわと活性化していることを考えると、その象徴としてのセビーチェを目にする機会は増えていくのではないだろうか?

<写真の料理>
(上)タコとパイナップルのセビーチェ1,100円、(下)シーフードカクテルベラクルススタイル1,200円

写真・中庭愉生

※松浦達也さんのスペシャルな記事『高田馬場のとっておき酒場は、あのサイトにも載っていない「もつ煮込み」の聖域だった』はこちら

TORO TOKYO 【トロ トーキョー】~銀座コリドー街~

住所
東京都中央区銀座6-2先 銀座コリドー街
電話番号
050-3469-0134
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
月~金・祝前日
ディナー 17:00~翌3:00
(L.O.2:00)


11:00~翌3:00
(L.O.2:00)

日・祝日
11:00~22:00
(L.O.21:00)
定休日
平素よりTORO TOKYOをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。12月30日~1月4日の営業時間は下記となります。12月30日11時〜22時(LO21時)、12月31日 休業日、1月1日 休業日、1月2日12時〜22時(LO21時)、1月3日12時〜22時(LO21時)、1月4日17時〜23時(LO22時)。
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/ncdja5750000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

バンズの代わりがアボカド、のアボカドバーガーも!【オトコたちが考えたヘルシーなアボカド料理専門店】
バンズの代わりがアボカド、のアボカドバーガーも!【オトコたちが考えたヘルシーなアボカド料理専門店】

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
おいしい肉をがっつり食べたい! 半年以内にオープンした、絶品肉料理が食べられる都内の話題店まとめ
おいしい肉をがっつり食べたい! 半年以内にオープンした、絶品肉料理が食べられる都内の話題店まとめ

1.肉の名店『肉山』がプロデュースした、肉と日本酒の楽園! 亀戸『リトル 肉と日本酒』 2.肉の有名店がタッグを組んだ! 赤身肉とホルモンが堪能できる、四谷『のんき』 3.永田町で肉ならここ! すべてが完璧な状態で提供される極上薪焼きステーキ『Anchor Point』

dressing編集部

食材の個性を堪能できる『否否三杯(いやいやさんばい)』で、和食の概念が変わる【青山一番街】
食材の個性を堪能できる『否否三杯(いやいやさんばい)』で、和食の概念が変わる【青山一番街】

1.食材のうまみを楽しめる、和食店『否否三杯』が「青山一番街」に誕生 2.シンプルだからこそ白ご飯もうまい! 吟味した3種のブレンド米を釜炊きで提供 3.NYで活躍するフードプロデューサー中東篤志さんが監修、食材の個性をシンプルに味わえる料理が魅力

桑原恵美子
ライター
ダイエットでブームの糖質制限も地球にやさしい運動のような、うさんくさいビジネスか?
ダイエットでブームの糖質制限も地球にやさしい運動のような、うさんくさいビジネスか?

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。