並んででも食べたい!銀座『雪ノ下』のふわふわパンケーキBEST5を贅沢に食べ比べてみた

2016年03月23日
カテゴリ
トレンド
  • スイーツ
  • パンケーキ
  • 東京
  • 行列のお店
  • 銀座
並んででも食べたい!銀座『雪ノ下』のふわふわパンケーキBEST5を贅沢に食べ比べてみた
Summary
1.1時間待ちの行列のできる店『雪ノ下 銀座』の人気パンケーキベスト5を発表
2.旬なフルーツしか使わない、季節ごとに選び抜かれた食材でつくられる絶品パンケーキ
3.銀座の昭和通りを一本入った、オープンテラス風のロケーションに癒される

パンケーキブームを牽引してきた『雪ノ下 銀座」の人気ぶりは健在だった

パンケーキの有名店は?と聞けば間違いなく名前が挙がる『雪ノ下 銀座』。お店の外まで行列ができることで有名で、休日は1時間待ちのこともある。取材当日も、平日にもかかわらず、お店の開店時刻である11時前からお客さんがチラホラ現れはじめ、店先に用意された椅子でオープンを待っていた。オープンから2年経った今も、雪ノ下の人気は依然続いているようだ。そんな『雪ノ下 銀座』のオーナー、吉川靖師さんに銀座店の人気パンケーキ、ベスト5 を聞いた。

第5位:ふわりとした生地の中にとろ~りチョコレートが入った「ココアチョコ黒」

ココアチョコ黒にナイフを入れた瞬間、弾むようにふっくらとしていて驚く。

さっそくひと口頬張ってみると、ココアの風味が鼻に抜け、ふんわりとしたカステラに近い食感。生地にはトロっとしたチョコレートが織り込まれていて、口内で広がるチョコレートの甘さが「ココアチョコ黒」の小気味よいアクセントになっている。

また、トッピングの紅ほっぺ(イチゴ)のコンフィチュールとホイップクリームも甘すぎず、さっぱりとした味わい。これならいくらでも食べられそうだ。

第4位:抹茶の香りと味が濃厚!最高級抹茶が生地に練り込まれている「京都宇治抹茶の緑」

続いて、宇治の最高級抹茶を生地に織り交ぜて焼き上げた「京都宇治抹茶の緑」をいただく。

頬張った瞬間から濃厚な抹茶のほろ苦い味が口内にしみ渡る。生地の甘さは「ココアチョコ黒」と比べると、ややさっぱりとしていて、しつこくない。トッピングの黒豆と小倉を添えて食べると、抹茶の香りとほろ苦さが引き出され、さらに濃厚な味わいに。

「2、3回、雪ノ下銀座に来ているお客さんだと、抹茶のパンケーキを食べてみたくなるらしく、特にリピーターに『京都宇治抹茶の緑』が人気」と、オーナーの吉川さん。食事をした後のデザートとしてもちょうど良い甘さなので、リピーター人気も納得の一品だ。

第3位:まるでベイクドチーズケーキ!チーズが濃厚な「よつ葉クリームチーズ」

次に「よつ葉クリームチーズ」にナイフを入れると、ほかのどのパンケーキよりも湯気がもくもくと上がっているではないか!熱いうちにフーフーしながらいただきたいアツアツのパンケーキだ。

お味の方は、まるでベイクドチーズケーキを食べているような濃厚さにびっくり!チーズを織り交ぜた生地が程よい酸味で後を引く味だ。オーナーの吉川さんから「チーズケーキとほぼ同じ量のチーズが入っている」と聞き、納得。

さらに自家製練乳アイスを添えると、アイスの甘さがチーズの酸味をおさえ、一層さわやかな味わいで、あっという間に完食してしまう。

第2位:じっくり煮込んだレモンコンポートのトッピングが絶品の「愛媛産檸檬」

惜しくも2位となった「愛媛産檸檬」をいただくと、生地の甘みと国産レモンならではの酸味がストレートに伝わってくる。

トッピングのレモンコンポートはレモンの苦みをほとんど感じず、生地との相性も抜群!愛媛産レモンを2日間かけてじっくり煮込んでいて、皮まで柔らかく、果肉もジューシーなまま味わえる。

レモンの旨みが最大限に引き出されたパンケーキだ。リピート率が高いパンケーキなのも頷ける。

第1位:本当にパンケーキなの!?衝撃的な味の「練乳ミルクの白」

いよいよベスト1の登場!「練乳ミルクの白」をいただいてみると、生地は甘さ控えめでさっぱりとしていて、すーっと胃袋の中に落ちていく。生地には練乳が織り込んでいるはずなのに、まったくねっとりしておらず、サラっとした食感。

紅ほっぺを添えていただくと、生地に織り込まれた練乳の甘さが紅ほっぺの酸味に引き出され、まるでイチゴのショートケーキのような味に!パンケーキ×ショートケーキのハイブリットスイーツのようだ。

「パンケーキは“ケーキ”のひとつだからケーキらしく提供したい」という雪ノ下の想いが見事に反映された一品だと言える。

都会のオアシス!オープンで明るい店内で絶品パンケーキに舌鼓

階段を上り、一歩店内に入ると、日差しが差し込む明るい空間が広がっている。窓側のカウンター席は外の景色を眺めながらのんびりとした時間を過ごすことができる、まさに都会のオアシス!また、キッチン側の席に座れば、スタッフが特製の丸いケーキ型でパンケーキをリズミカルに焼く姿を眺められて楽しい。昭和通りから一本入ったロケーションで、静かなのも魅力だ。

雪ノ下のパンケーキは、季節のフルーツをふんだんに使っているため、レギュラーメニューは、京都宇治抹茶の緑、よつ葉クリームチーズ、愛媛産檸檬、発酵バター、ココアチョコ黒の5種のみとのこと(練乳ミルクの白(紅ほっぺ) 5月頃まで)。雪ノ下に行けば、今旬なフルーツがわかる、そういった楽しみ方もまたありかもしれない。
(取材・文/木下あやみ 撮影/河島彩)
<メニュー>
ココアチョコ黒 833円
京都宇治抹茶の緑 740円
よつ葉クリームチーズ 740円
愛媛産檸檬 741円
練乳ミルクの白 879円
※すべて税別

雪ノ下 銀座

住所
〒104-006 東京都中央区銀座1丁目20-10 トマトハウスビル3階
電話番号
070-5517-9506
営業時間
平日11:00 - 21:00  土日祝11:00 - 19:00
定休日
定休日 月曜日(祝祭日の場合は翌日休み)
公式サイト
http://yukinosita.net/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

イギリスの名車・ジャガーからのXmasプレゼント! 『レフェルヴェソンス』のディナーという特別な夜
イギリスの名車・ジャガーからのXmasプレゼント! 『レフェルヴェソンス』のディナーという特別な夜

1.マッキー牧元さん、高山都さん、斉藤アリスさんが大人気の名店『レフェルヴェソンス』でいただいたのは? 2.南青山でなかなか予約が取れないこの店のディナーにイギリスの名車・ジャガーがご招待 3.12月5~8日の各日1組限定で1人分の食事代をジャガーが負担。世界からゲストが訪れる生江史伸シェフの料理を

松尾大
くるなびエディトリアルプロデューサー