【連載】NYスタイル、進行形

世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

2015年09月14日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • NY
  • 野菜料理
  • 連載
【連載】NYスタイル、進行形
Summary
・いま、マンハッタンで急速に店舗を増やしている「農家の恵み」直送レストラン
・食事が高価になりがちなNYでリサイクル紙の皿を使うなどしてリーズナブルプライスに
・地産地消

農家から直接仕入れた食材と手頃な価格で急成長の注目店。

普段、私はファーマーズマーケットやナチュラルフードのスーパーマーケットで、できるだけオーガニックの食材を買うようにしている。不衛生な環境やエサで育てられた肉や魚は口にしたくないし、添加物や抗生物質の有無なども気になる。「地産地消」のコンセプトにも大賛成だ。しかし、外食となるとなかなかそこまでこだわっていられない。ただでさえ、ランチ代が高くつくニューヨーク。安心して食べられる食材を使っていて、美味しくて、手頃な値段のランチなんて、そうそうどこでも可能というわけにはいかない。

ところが、そんな望みに応えてくれるありがたいレストランが、このところニューヨークで急に店舗を増やしている。その名はディグイン(DIG INN)。11年に1店舗目をオープンし、現在はマンハッタンに11店舗を構える。来年は、マンハッタン外への進出も視野に入れているようだ。

ファーム・トゥ・カウンター

ディグインのスローガンは「ファーム・トゥ・カウンター」。つまり、農家から新鮮な野菜やフルーツ、肉、魚などを直接仕入れている。中間業者を外す上に、レストランで使う皿やトレイは再生紙製。内装もカジュアルで、あまりお金をかけていない。セルフサービス形式で、お客はカウンターで好みの料理を選び、仕切りのついた皿に盛り付けてもらう。徹底して余分なコストを省く背景には、「上質な食べ物を大衆的な価格で提供する」という理念がある。農家はロングアイランドやニュージャージーなど近隣が中心だが、品質と価格次第でペンシルバニアや中西部の農家からも仕入れている。

ニューヨークでも旬の素材を食べる

ディグインによると、一番人気の高い料理は芽キャベツだ。ロングアイランドの農家から直接仕入れた芽キャベツをローストし、ライムジュースやメープル・ビネグレットで味つけしている。旬の食材にこだわっているので、当然ながら、いくら売れ筋でも秋から春にかけてしかこの料理を出さない。他には、ブロッコリーの料理もコンスタントに人気があるという。ローストチキンやスパイシーミートボールに野菜のサイドディッシュを2種類つけると10ドル弱。ニューヨークの物価を考えると、健康的な食材がバランスよく入っていてこの値段と量は良心的だ。しかもワンプレートに収めるスタイルは、ぱぱっとランチをすませたい忙しいニューヨーカーにとって便利といえる。

金融界から転身した創業者。

創業者のアダム・エスキンは、ディグインを始める前は、ウェクスフォードキャピタルやメリルリンチで働いていた。元々金融の知識やビジネスの手腕があって、投資への目も肥えているのだろう。なおかつ食べ物にこだわりをもつアダムは、「上質のものを食べるために大金を払う必要はない」という信念をもって、このビジネスを始めた。ディグインの急成長は手堅いビジネススキル、確固とした信念、市場のニーズを見る目、農家との強固なパートナーシップ、そして良質な食べ物を手頃な値段で短時間に食べたいニューヨーカーたちに支えられている。

<写真>
・料理のバリエーションはとにかく豊富。ベジタリアン向けの組み合わせや、少食の人向けのサイズも。
・カウンターに置かれているさまざまな料理から選んで、ワンプレートに盛り付けてもらう。
・地下のスペース。カジュアルでナチュラルな内装。
・人気のトレンディーホテル、ノマドホテルの近くにもディグインがある。

<メニュー>
BIG MARKETPLATES
CHARRED CHICKEN $10.33
5-SPICE MEATBALLS $10.56
WILD SOCKEYE SALMON $12.40
GRILLED ORGANIC TOFU W/ GINGER $10.33
SANTA MARIA STEAK $11.94
VEGGIE PLATE $7.81

SMALL MARKETPLATES
CHARRED CHICKEN $8.04
5-SPICE MEATBALLS $8.04
VEGGIE PLATE $5.51
WILD SOCKEYE SALMON $10.11
GRILLED ORGANIC TOFU W/ GINGER $8.04
SANTA MARIA STEAK $9.87

DIG INN  AT 1178 BROADWAY

住所
1178 BROADWAY at the corner of Broadway and 28th New York, NY 10001
電話番号
212-335-2010
営業時間
11:00~22:00
定休日
定休日 無休
公式サイト
https://www.diginn.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

珍しいインドの生菓子が勢ぞろい! 西葛西『トウキョウ ミタイワラ』で未知なるスイーツとの遭遇
珍しいインドの生菓子が勢ぞろい! 西葛西『トウキョウ ミタイワラ』で未知なるスイーツとの遭遇

1.日本では珍しいインドの生菓子店がオープン! 東京・西葛西『ミタイワラ』 2.「インド菓子=甘すぎる」のイメージが変わる! 本場の味を日本人向けにアレンジ 3.スナックやフードメニューも充実! ランチにぴったりな“ご当地カレー”もおすすめ

桑原恵美子
ライター
2020年の「注目ワイン」がこれ!ワインナビゲータ―が絶賛、英国『ナイティンバー』&チリ『コノスル』
2020年の「注目ワイン」がこれ!ワインナビゲータ―が絶賛、英国『ナイティンバー』&チリ『コノスル』

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 #2020年の注目ワイン

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
【速報】サロン・デュ・ショコラ2017本日開幕!スイーツライターが教える、絶対外さない注目ショコラ
【速報】サロン・デュ・ショコラ2017本日開幕!スイーツライターが教える、絶対外さない注目ショコラ

1.大人気イベント 「サロン・デュ・ショコラ」が今年も2月5日まで東京国際フォーラムで開催 2.入場直後に訪れたい! 大行列&完売必須の人気ショコラをスイーツライターが特別に紹介 3.ジャン=ポール・エヴァンのもっちもちショコラ生地クレープ「クッサン ダムール」は必食!

野山苺摘
グルメライター/フードアナリスト/調理師
三冷ホッピーと古典酒場の定義を作り上げた木場の名店『河本』。さようなら昭和という時代を体現した女将
三冷ホッピーと古典酒場の定義を作り上げた木場の名店『河本』。さようなら昭和という時代を体現した女将

【連載】幸食のすゝめ #056 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン