「ロースイーツ」など、気になる最新フードは?ぐるなび旬ワード10月

フードのネクストブレイクを探せ!TVやWEBニュース、ぐるなびで検索されたワードと、ユーザーアンケートを元にdressing編集部が独自に調査・分析。次にブームになりそうなグルメトレンド「旬ワード」を発表していきます。

2015年10月11日
カテゴリ
コラム
  • 知識・雑学
  • サンドイッチ
  • スイーツ
  • 和食
 「ロースイーツ」など、気になる最新フードは?ぐるなび旬ワード10月
Summary
・20代男女が注目するヘルシースイーツ
・長崎で話題の新名物は男性から厚い支持
・40代以上が郷愁を抱く郷土料理

1:20代男女から絶大な人気!ブームの予感「ロースイーツ」

「RAW」(生)のケーキ・クッキー、アイスクリーム、チョコレートなど。オーブンを使わずに約48℃以下の温度で調理するため、食材に含まれる酵素や栄養素が加熱により破壊されず、そのまま体内に取り込まれてヘルシーだと話題になった。また、小麦粉、砂糖、卵、乳製品などを一切使わず、旬のフルーツやナッツ類を使用して作る。ビタミンやミネラルが豊富で、砂糖や小麦粉が使用されていないので低糖質と、ダイエットや美容に取り組む女性から特に注目されている。
女性はどの世代からも興味度が高かったが、中でも20代女性の3割にはすでに認知されていた。「スイーツ男子」が増えているのか、男性の20代からの認知度が、女性30代以上からの認知度よりも高いため、20代の男女を中心にブームの予感のするスイーツである。

2:幅広い層の男性から高い関心!長崎の新名物!?「揚げサンドイッチ」

長崎・佐世保市の新しい名物として注目されつつある「揚げサンドイッチ」は野菜やハムなどを挟んだサンドイッチにパン粉をつけて、油で揚げたメニュー。通常のサンドイッチのフンワリした食感と異なり、サクサクとした歯ごたえが楽しめ、香ばしく、食べ応えもある、と人気を集めている。具材としてコールスローサラダとマッシュポテトを挟んだ、長崎・佐世保の「真弓精肉店」の商品がWEB上などで注目されている。昭和40年頃から存在はしていたが、このたび真弓精肉店で販売を始めたところ、地元で話題になり広まった。
認知度はまだ低いものの、男性のすべての世代からの興味度が高い。

3:若い世代にも認知度拡大中!マヨネーズ醤油と相性抜群「めはり寿司」

和歌山県・三重県の熊野地方や、奈良県の吉野地方に伝わる、浅漬けにした高菜の葉で白米や酢飯を包んだおにぎり。山仕事中などに食べる弁当として生まれたため、ソフトボールのように大きく握る場合が多く、名前の由来は、その大きさから目を張るように大きな口を開けて食べるから、という説、高菜をおにぎりに目貼りするように貼付けているから、という説、目を見張るほど美味しいから、という説がある。具にはタレに漬けた高菜の軸などを使用。今年8月、日本テレビ系列『満天☆青空レストラン』で紹介され、認知度が高まっている。マヨネーズと醤油をつけて食べることもあるが、酢醤油で食べるのが一般的とされている。
40代以上の女性、30代以上の男性からの認知度が高く、特に上の世代ほどなじみのあるもののよう。男性の60代と、40代以上の女性からは興味度も高かった。


◆ぐるなび旬ワード
ぐるなびでユーザーが検索したメニュー名やグルメキーワードと、TVや雑誌、新聞、WEBニュースなど世の中で話題のグルメキーワードを独自の方法で抽出し、さらにユーザーアンケートを元に分析したトレンドとなる急上昇グルメワードをまとめ、「ぐるなび旬ワード」として毎月のトレンドを発表します。

ユーザーアンケート
対象条件:ぐるなび会員20~69歳男女
調査手法:webアンケート調査
実施期間:9/18(金)~9/21(月)
サンプル数:総サンプル 1,868件

関連記事

旅先でしか味わえない「屋台グルメ」が大人気! 夏の終わりに挑戦したい冒険グルメ調査【男女200人】
旅先でしか味わえない「屋台グルメ」が大人気! 夏の終わりに挑戦したい冒険グルメ調査【男女200人】

日々、目まぐるしく変わる「食トレンド」。いま大人の男女は「季節の飲食」について、どのようなメニューやシーンを愉しみたい、味わいたい、盛り上がりたいと考えているのでしょうか。本連載は、世代・トレンド評論家の牛窪恵さんと彼女の会社の女性マーケッターが、最新の飲食事情について、日本全国の男女に徹底リサーチ。毎回、職場や家庭で会話が弾む食の男女・世代ギャップや意外なトレンドを随時ご紹介します!

イタい男になってない?!一流秘書が指摘する男性の食事マナー
イタい男になってない?!一流秘書が指摘する男性の食事マナー

dressing編集部では、デキるオトナを目指すあなたのために、どんなシーンでも通用する実践的なお食事マナーをお届けしていきます。今回は、役員以上の秘書業務を取り仕切る一流秘書20名にヒアリングを行い、集めた意見をもとに調査分析。マナーのプロフェッショナルである秘書の意見を参考にして、自分自身をさらに磨き上げましょう。

dressing編集部