牛塊肉ではじまり、鶏、ワイン、そしてウイスキーな福岡の夜

【連載】「私を"はしご酒"に連れてって(福岡で)」第三夜  福岡の酒飲みは1軒では帰らない。ほぼ必ず2軒目に行くし、2軒目を出たら次の店…。職住近接ゆえ終電や終バスを逃しても笑顔で楽しく飲んでいる。“はしご酒”文化が根付くこの街の遊び方を毎回伝授いただく。

2015年11月18日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • ワイン
  • 福岡
  • 連載
  • はしご酒
牛塊肉ではじまり、鶏、ワイン、そしてウイスキーな福岡の夜
Summary
・イタリア・イスキア島の名店・世界唯一の支店の2号店
・焼鳥と自家栽培野菜とナチュラルなワイン
・ワインバーとしてもカフェとしても使える立ち呑み
・〆はシングルモルトの聖地

希少な「むなかた牛」をはじめ、あらゆる肉を塊で!

今回、はしご酒に連れてってくれたのは、金澤正人さん。福岡・北天神にある須崎公園の前に佇む活版印刷スタジオ「CULTA(カルタ)」の主である。

大学を卒業後、約6年の福岡での福岡生活を経て、勤めていた大手印刷機メーカーの東京本社へ。仕事を通じて出会った活版印刷職人の中野卓也氏に出会い、活版印刷の技術と芸術性に感銘を受けたことがきっかけで、この世界に入ったという。2011年、福岡に戻り、2012年に活版印刷スタジオ「CULTA」をオープンさせた。

名刺やショップカードの印刷を行うだけでなく、企画やデザインなども手掛ける金澤さん。彼のもとには、高感度な飲食店からの依頼も多い。

今回、1軒目に訪れたのも、金澤さん自身がロゴデザインやショップの印刷物を手掛けた「Griglia Di Gaetano(グリリア ディ ガエターノ)」だ。
西鉄薬院駅のすぐそばにある「Gaetano(ガエターノ)」といえば、イタリア・ナポリ湾に浮かぶイスキア島の名店「PIZZERIA DA GAETANO」の屋号を継承することを、世界で唯一許された舌間智英(通称トミー)さんが営む超人気店。「真のナポリピッツァ協会」の技術指導員を務めるガエターノ・ファツィオ氏のもとで6年間修業したトミーさんが焼くピッツァを求めて、全国から訪れるファンも多い。
その2号店として2014年9月にオープンしたこの店のメインは、グリル料理とワインだ。

店に入り、少し落ち着いた頃、店主の高松謙太郎さんが木のボードにのった肉の塊を持ってきてくれた。

ボードに盛られたお肉は、どれも美味しそう。「当店で使用している牛肉は地元・福岡産の「むなかた牛」です」と高松さん。ほかにもシャラン鴨や福岡やよい豚など、牛肉以外のアイテムも豊富に揃えている。

“むなかた”(宗像)とは、福岡市から車で東に30分ほどのベッドタウン。この店で扱う「むなかた牛」は、全て「すすき牧場」で育てたもの。出荷頭数が少なく、福岡でもあまり味わうことのできない稀少ブランドだ。自家生産のお米を使った飼料で育てられるこの肉は、味のある柔らかい赤身、あっさりした脂が特長で、旨味が凝縮したブランド牛である。

「パワーを注入したいときは、ここに来て肉を食べます」と、金澤さん。この日は、入荷数が少ないため、あればラッキーと言われている「Tボーン」(600g12,800円)をオーダー。焼き上がりまでは、ワインをいただくことにした。

この日のワインは、同じビルの2階にあり、イタリアの自然派食材やワインの販売・卸を手掛ける「ROBABUONA(ロバ・ヴォーナ)」のもの。実は「ROBABUONA」の印刷物なども金澤さんが手掛けたそうだ。

「“世界のいいもの”をテーマに、音楽も店内のポスターも、全部、自分が好きなものを集めました」と高松さん。今回は、ガッツリお肉を楽しんだが、カウンターで一品料理とワインを楽しむだけでもOKという。

「お肉を求めて来られるお客様も多いですが、もっと自由に利用していただいて構いません。たとえば、女性2名で訪れたとき、『ボトル1本は無理かもな〜。でもあワイン飲みたいな〜』となったとします。そんなとき、私はボトルを開けて、飲まれた量で計算するんです。お肉にしても、ほかのメニューにしても、気軽に要望を言って欲しいですね」と、高松さん。

そうこうしているうちに、オーダーしたむなかた牛のTボーンステーキが登場。旨味が凝縮した極上の肉は、するすると胃に収まっていった。

Grilia di GAETANO(グリリア ディ ガエターノ)

住所
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-2-8 ANDON1B号室
電話番号
092-713-5077
営業時間
18:00〜翌2:00(L.O.24:00)
定休日
定休日 日曜、第1月曜
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/fe0tajye0000/
公式サイト
https://www.facebook.com/GrigliaDiGaetano

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

■福岡における自然派ワイン先駆け

歩くこと10分弱。「炭とワイン イル・フェ・ソワフ」に到着。

2007年9月にオープンしたこの店は、福岡における自然派ワインの先駆け的存在。“ワインはわからない”という想いを変えたいと、店主の大熊雅也さんがセレクトする“飲んでおいしい”ワインを揃えている。

店主の大熊さんは、このシリーズの「第二夜」に登場した黄(こう)ちゃんが働く「とどろき酒店」の店主・轟木渡さんの同級生。福岡近郊の糸島という土地で、大熊さん自ら育てた野菜や、朝曳きにこだわった鶏を備長炭で焼きながら、ワインを注ぎ、おしゃべりもする。

「ワインのセレクトも、料理も、人も。全てにおいて、バランスが取れているんですよね」と金澤さん。炭火焼は1本からオーダーできるので、2軒目などでも気軽に楽しむことができる。

▲売り切れ必至! 新鮮なものを軽く炙っていただく「レバー(タレ)」(216円)

炭とワイン il fait soif (スミトワイン イルフェソワフ)

住所
〒810-0023 福岡県福岡市中央区警固1丁目4-7 クイーンズサンティ天神ウエスト 1階
電話番号
092-713-4550
営業時間
18:00~L.O.23:00
定休日
定休日 日曜、祝日の月曜日
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/pgv93msh0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

ワインにする? コーヒーにする?

「達ちゃんに会いに行こう」。そう言って金澤さんは次なる店へ向かった。

達ちゃんとは、3坪弱の狭小空間で、地球と人に優しいヴァンナチュールと、風味際立つスペシャルティコーヒーを提供する「ECRU.(エクリュ)」の店主・原田達也さんのこと。営業時間は昼12時から深夜0時。お昼からワインを飲むも、飲み会の帰りにコーヒーを飲むも自由だ。

まずは、金澤さん自身が好んで飲むワインからいただくことにする。

「自然派ワインのさらに先を行くワインバー。達ちゃんは、個性的で旨いワインを飲ませてくれる。1軒目から2軒目、2軒目から3軒目など、はしご酒の合間に来ることが多いですね」

「今日のおすすめは、大好きな造り手であり、現在は佐渡島に暮らすジャンマルク・ブリニョ氏が醸造したもの。凄く美味しいですよ」と原田さん。店内はスタンディング。軽く1杯飲んだところで、「またね」と店を後にした。

▲単一農園、単一品種にこだわったスペシャルティコーヒー

ECRU.(エクリュ)

住所
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神3-4-1 1F
電話番号
092-791-6833
営業時間
12:00~24:00
定休日
定休日 日曜
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/4mutfz240000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

世界中からシングルモルト好きが訪れる店

いつもなら、3軒でお開きとなるこのシリーズだけど、今宵はもう一軒。金澤さんが「生涯最後に行きたい店」と語る「Bar kitchen(バーキッチン)」へ。

今から10数年前、ディスコやクラブが建ち並び、マリアストリートと呼ばれた細い路地。今はひっそりとした雰囲気の場所に、この店はある。

物腰のやわらかい店主・岡智行(おか ともゆき)さんは、スコッチ文化研究所福岡支部の世話人を務める人物。

「私財を投げ打って酒を買うマスターのもと、素晴らしい物語とともに、1600本のウイスキーの中から好みと予算に合わせてセレクトしてくれるところが、気に入っています」

実は、この店、2104年9月に久留米から福岡へ移転してきたばかり。

「この9.5mのカウンターが入る空間を探していたら、ここだったんです」と、岡さん。

オーセンティックでありながら、敷居の高さを感じないのも、岡さんの人柄あってこそ。

「実はこの店、街場の酒屋で買えるウイスキーは置いていません。限定モノやビンテージなど、レアものばかり。世界中から岡さんを訪ねてくるのに、福岡での知名度はまだまだ低いんですよね」と金澤さん。

カウンターには、女性一人客の姿もあり、一人でも気軽に訪れられるのもいい。

「福岡は同じ価値観を持った人が、自然と寄り添う街。その距離感、サイズ感が、ちょうどいいですね」

福岡のポテンシャルの高さを改めて感じさせられる個性派4軒。出逢えたことに感謝したい。


写真/近藤さくら

Bar kitchen(バーキッチン)

住所
〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴1-8-26-107
電話番号
092-791-5189
営業時間
18:00〜翌3:00
定休日
定休日 なし
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/f0xmtvc00000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。