市販の鍋はもう飽きた!そんなあなたに贈るシェフ直伝の鍋レシピ

忙しいから料理を作る時間はなかなかないけど、たまには本格的(に見えるよう)な料理を作ってみたい。今回は、ぐるなびのレシピサイト「シェフごはん」より、手軽でプロの技が散りばめられた厳選レシピをお届けします。

2015年12月08日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • まとめ
  • 和食
市販の鍋はもう飽きた!そんなあなたに贈るシェフ直伝の鍋レシピ
Summary
・味噌とクリームを使った具沢山の濃厚鍋、〆は中華麺で!
・焼いたお餅が香ばしい!大根を丸ごと使ったオトナ味のさっぱりみぞれ鍋
・年末年始のおうちごはんにもぴったり。覚えておけば確実に役立つ鍋レシピ2選。

調理カンタン、満足度大!具沢山の味噌クリーム鍋

地元、鳥取県でとれる新鮮な魚をメインにしたアジア料理を提供する「アイワナドゥ岩戸」の森本英孝シェフにご紹介いただいたのは、ぐるなびのレシピサイト「シェフごはん」が実施したシェフ鍋コンテストで準優勝に輝いた、「味噌クリーム鍋」。合わせ味噌と生クリーム、和風ダシがベースのスープに、様々な種類の具材の旨みが加わった、味わい深い鍋レシピだ。

よりおいしく仕上げるポイントは、あっさりした食材ではなく、比較的主張のある食材を選ぶこと。例えば、大根より牛蒡や人参、白身魚よりも鮭など。鍋スープの味付けがクリーミーなので、濃い味の具材の方が調和がとれ、ダシと素材、それぞれの味を活かすことができる。仕上げに入れるバターによって、コクと満足感もアップ。
鍋の醍醐味でもある〆は、ラーメンがオススメとのこと。中華麺に、ほどよく煮詰まったダシがよく絡み、相性は抜群だ。
市販の素もお手軽でよいが、一からつくる手作り鍋は、調理する楽しさや仕上がりの感動を共有でき、冬のおうちデートにもおすすめ。

レシピはこちら

大根まるまる一本使用!食べごたえも抜群な餅入りみぞれ鍋

新橋の鶏料理「鳥彩」の中村哲也シェフにご紹介頂いたのは、大きめにカットされた具材がダイナミックな「焼き餅とベーコンのみぞれ鍋」。

焼いた餅とベーコンの香ばしさが、かつおダシをしっかり吸った大根とよく合う、オトナ味の鍋だ。食べごたえと見た目のバランスをとるため、ベーコンは必ず厚切りのものを使用したい。まるまる一本使用する大根は、半分をぶつ切り、残りの半分を千切りとおろしにして、3パターンの食感が楽しめる。ボリュームたっぷりのベーコンと餅に、シャキシャキの水菜と千切り大根の食感が良いアクセントになる。
お皿に残ったダシまでしっかり飲み干したくなるみぞれ鍋。年末休みの鍋パーティーにはもちろん、お正月で余った餅の活用法としてもぴったり。年末年始のイベントには嬉しい冬レシピだ。

レシピはこちら


【記事提供元】
プロから学ぶ簡単家庭料理「シェフごはん」
とにかくカンタン! 味噌クリーム鍋
焼き餅とベーコンのみぞれ鍋

関連記事

【和食のキホン】確実におさえておくべき、煮物レシピ2選
【和食のキホン】確実におさえておくべき、煮物レシピ2選

忙しいから料理を作る時間はなかなかないけど、たまには本格的(に見えるよう)な料理を作ってみたい。今回は、ぐるなびのレシピサイト「シェフごはん」より、手軽でプロの技が散りばめられた厳選レシピをお届けします。

dressing編集部