本格プチスイーツ!人気ホテルのパティシエが教える、小分けにぴったりな焼き菓子レシピ

2016年03月12日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • まとめ
  • スイーツ
  • ホテル
本格プチスイーツ!人気ホテルのパティシエが教える、小分けにぴったりな焼き菓子レシピ
Summary
1.ウェスティンホテル東京のパティシエ直伝!ギフトにもぴったりなプチスイーツレシピ
2.サクサク食感がまさにプロの味!ひと口サイズの「チョコチップクッキー」
3.香ばしいバターの香りがフワッと広がる、お店さながらの「マドレーヌ」

ホワイトデーに歓送迎会と、なにかとイベントごとが多いこの季節。いつもお世話になっている友人や上司、同僚に感謝の気持ちをこめてスイーツを贈りたいと思っている人も多いはず。
一気にたくさん作れて個包装も可愛く気軽にできてしまうプチスイーツはそんな「いつもありがとう」を伝えるギフトに最適のレシピ。
今回はスイーツファンから多くの支持を得ているウェスティンホテル東京の鈴木一夫シェフ直伝の焼き菓子レシピをご紹介。
サクサク食感のチョコチップクッキーとしっとりと焼き上げたマドレーヌ。両方作ってセットでプレゼントしたら、見栄えも◎で喜ばれること間違いなし♪

デスクの引き出しに常備しておきたい♪ひと口サイズのチョコチップクッキー

連日多くのスイーツファンが訪れる恵比寿ガーデンプレイス内のウェスティンホテル東京。その中にあるオールデイダイニング『ザ・テラス』のエグゼクティブペストリーシェフである鈴木一夫シェフにご紹介いただいたのは、「チョコチップクッキー」のレシピ。

サクサクの食感を再現するコツは、粉類をしっかりとふるい、だまを作らないようにすること。こちらのクッキーのおいしさのポイントは、生地を固すぎず柔らかすぎない、フワッとした状態に作ること。そのため、バターを常温で柔らかくするときは“持ち上げたときに角がたつぐらい”を目安にしよう。仕上げのザラメも、見た目と食感のアクセントになるのでお忘れなく。

レシピはこちら

芳醇な香りが口いっぱいに広がる定番の洋菓子「マドレーヌ」

同じく鈴木シェフにご紹介いただいたもう一つのレシピは「マドレーヌ」。

広く愛される定番の焼き菓子だからこそ、シェフのレシピに忠実に作ってみたい。
美しい見た目に仕上げるポイントは焼き型の下準備。内側にしっかりバターを塗ってから、冷蔵庫で冷やしておくこと。そうすることによって香りよく仕上がるだけでなく、焼き型に生地がこびりついてしまうことを防いでくれる。
生地は多少膨らむので、型への流し込みは8割程度がベスト。個包装もしやすく、溶ける心配もないので、ちょっとしたギフトやお礼にもぴったり。

レシピはこちら




【記事提供元】
プロから学ぶ簡単家庭料理「シェフごはん」
「チョコチップクッキー」レシピ
「マドレーヌ」レシピ

■まだまだあります!有名店シェフ直伝のとっておきレシピはこちら

元準ミス日本が秘密のレシピを特別公開!毎朝でも飲みたい【美人力】スムージーの作り方
https://www.gnavi.co.jp/dressing/article/11472/

【保存版】ちょっとの工夫で旨さ倍増!一流シェフ9名が家で作る定番「肉」レシピまとめ
https://www.gnavi.co.jp/dressing/article/11391/

世界に認められたピッツァ職人が教える、ナポリ伝統「揚げピッツァ」の作り方
https://www.gnavi.co.jp/dressing/article/11418/

関連記事

『エスコヤマ』で叶う!大切な人に贈る、パティシエと共につくる「1点モノのデコレーションケーキ」
『エスコヤマ』で叶う!大切な人に贈る、パティシエと共につくる「1点モノのデコレーションケーキ」

1.人気パティスリー『パティシエ エス コヤマ』の敷地内に、デコレーションケーキ専門店が誕生 2.パティシエがお客様の思いをヒアリングして、デザインや味に表現 3.『dressing』をイメージするデコレーションケーキを実際にオーダーしてみると…?

茶野真智子
ライター