拡大する「カップケーキ」ブームの真相とは!?春イベントにピッタリな逸品も登場

2016年03月26日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • スイーツ
  • 原宿
  • 東京
拡大する「カップケーキ」ブームの真相とは!?春イベントにピッタリな逸品も登場
Summary
1.カップケーキを販売する飲食店はこの2年間で約2.5倍も増えた!
2.NYやロンドン発の本格派なカップケーキ専門店が日本に上陸しブームを牽引
3.「メッセージカップケーキ」のような特別感があるものも登場

カップケーキ販売店の数は2年間で2.5倍に! キュートさMAXなデコレーションが百花繚乱

そのキュートなヴィジュアルに魅了される人が後を絶たないカップケーキ。このブームを牽引しているのは、海外から日本に初上陸したカップケーキ専門店だろう。一昨年6月には海外ドラマのヒットで知名度が急上昇したNY発の『マグノリア・ベーカリー』が表参道に、そして昨年10月にはロンドンから『ローラズ・カップケーキ』が原宿にそれぞれ上陸。大きな話題となった。

この流れとリンクするように、「ぐるなび」に掲載しているカップケーキを扱っているお店の数を調べると、この2年間で246%も増加。ブームの勢いが感じられる。

人気の理由は各店で個性を競い合うほど揃う、豊富なバリエーション。トッピングにはカラフルなパステルカラーのクリームをはじめ、フルーツやチョコ、クッキーなどさまざまなデコレーションが施され、見た目の楽しさも魅力だ。

実際、InstagramをはじめとしたSNSでは、この可愛いヴィジュアルの写真を投稿する人も多い。近年ではバレンタインやクリスマスなど季節限定の飾りが施された個性的なものも多く登場し、シーンを彩っている。

好きなメッセージが入れられる、想い出に残るカップケーキも登場!

ちなみに『ローラズ・カップケーキ』と言えば、元々はロンドンの幼馴染ふたりがオーダーを受けてから車で販売するところからスタートし、そのかわいらしいヴィジュアルが評判を呼んでお店を出すまでになったカップケーキ専門店。もちろん見た目だけでなく素材にもこだわっており、東京店でもフランス産の小麦粉やベルギー産のチョコレート、新鮮なフルーツなど、厳選された材料を使用しているところも魅力だ。

中でも注目なのは、贈り物に最適な「メッセージカップケーキ」だ。バニラフレーバー生地のカップケーキに、20文字程度まで自分の好きなメッセージをカラフルなペースト状のクリームの上に入れられる。想いを伝えるサプライズ演出にもってこい!

また、日本限定で桜をイメージした「さくらカップケーキ」も期間限定販売がスタート。あわせてチェックしておきたい。こちらもバニラ味をベースに、花びらのチョコや桜ソースで日本の春がかわいらしく表現されている。

歓迎会やお花見など、イベントの手土産に頭を悩ませるこれからのシーズン。こんなオリジナリティ溢れるカップケーキを選べば、喜ばれること間違いなし!

〈メニュー〉
メッセージカップケーキ:レギュラーサイズ600円
※販売時間は11:00〜15:00まで。数量限定のため、無くなり次第終了
「さくら」のカップケーキ:レギュラーサイズ560円
※「さくら」のカップケーキは4月10日頃まで販売
※価格はすべて税別


※メニュー掲載データ集計対象期間:2016年3月と2014年3月時点での集計で比較

LOLA’S Cupcakes TOKYO(ローラズ・カップケーキ 東京)

住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-37 カスケード原宿2F
電話番号
03-6447-1127
営業時間
11:00~20:00
定休日
定休日 無休
公式サイト
http://lolascupcakes.co.jp

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。