炉端焼きイタリアン『falo』が代官山にオープン! 名シェフによる絶品料理を気軽に味わう

2016年06月30日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 新店
  • イタリアン
  • ワイン
  • 中目黒・代官山
  • 東京
炉端焼きイタリアン『falo』が代官山にオープン! 名シェフによる絶品料理を気軽に味わう
Summary
1.料理は広尾『リストランテ・アクアパッツァ』前シェフ
2.炉端焼きにインスパイアされたカジュアルイタリアン
3.使い方はかなり幅広く、深夜まで楽しめる

自由が丘の閑静な住宅街にひっそりと佇む一軒家レストランで食通からも高い評価を受けるイタリアン『mondo(モンド)』。その姉妹店として代官山アドレス裏、以前は東横線の踏切があったあたりに5月18日(水)にオープンしたのがこちら。

『mondo』がハレの日のリストランテであるのに対し、こちらは「イタリアン炉端」とでもいうべきカジュアルさ。カウンター席から見えるのは、炭を使った焼き場。こちらでは、串に刺された肉や魚、野菜などが本当に炉端焼きのようにじっくり焼き上げられていく。
しかし、味わいは単なる炉端焼きにあらず。広尾の名店『リストランテ アクアパッツァ』の前料理長・樫村仁尊シェフによって、焼きっぱなしだった素材にイタリアンのエッセンスが加えられていく。

サザエの壺焼きならエスカルゴバターを、グリーンアスパラの塩焼きはサルサヴェルデを。逆にイタリアの伝統的な料理であるランプレドットは大衆酒場のもつ煮のようだし、オーソブッコに添えるのはきりたんぽ風に炙ったサフランのリゾットだったりと、樫村シェフの長いイタリア料理経験が新しいベクトルに進んでいるのを感じる。

店の使い勝手のよさは、これまでの本格イタリアンにはない自由さだ。
オープンの18時からの客層は比較的しっかりとした食事をチョイスするが、21時以降になると、よりカジュアルに使うゲストが増える。5品出てくるイタリアンスタイルの「おばんざい」やチーズとワインだけでワイワイ楽しんでいる光景もこの店を象徴するものになりそうだ。
料理のサービスだって、面倒な説明はしない。
客からの反応があれば「旨いでしょ?」だけ。
そこに「どうして?」と訊かれたら、はじめてその旨さの理由を明かす。
あくまでも客同士の会話が弾むことを優先しているからだ。

樫村シェフは「レストランで働きはじめた頃、レストランが頂点で大衆酒場はランクが落ちるなんてことを思っていました。けど、そうじゃなかった。大衆酒場のあの空気感を出したくて、新しい店では食卓を賑やかにしようと思ったんです。会話が主役。その脇役として料理と旨い酒です」。

オープンしたばかりで、木を使った内装はまだまだ白さが目立つ。けれど、彼らが目指す大衆酒場のように時間の経過とともに木は色づき、店もいい味を出していくことだろう。

<メニュー>

ポルケッタ2,500円。トスカーナやウンブリアなどで使われる秘伝のスパイスでマリネした豚肉をシンプルに焼き上げたもの。熱を通すとカレーのような香りがあり、少し甘みも感じる。この日は大仙豚を使用

くるくる巻いた太刀魚(1本)800円は、愛媛の郷土料理で現地では甘辛い醤油ダレを塗るところをバルサミコやハーブ、ピンクペッパーなどでイタリアンらしく。強火の遠火で焼かれていて、巻いた竹も中からも熱せられるので仕上がりはふっくら。

小型のスキレットを用い、駿河湾で獲れた桜えびとフランス産のホワイトアスパラガスによる、桜えびとホワイトアスパラガスのフリッタータ1,100円。お互いの素材の持つ旨み、甘みが卵を媒介に絡みあう。

ワインはグラスで25種類がスタンバイ。写真は左から①~⑥
① Margo Regio Bianco2014 / Margo(マルゴ レジオ ビアンコ)
グラス1,000円、ボトル7,000円

② Vitovska2010/Vodopivec(ヴィトフスカ/ヴォドピーヴェッツ)
グラス1,900円、ボトル13,000円

③ Matis2013 / La Cerreta(マティス/ラ チェッレータ)
グラス900円、ボトル6,200円

④ Rosato2014 / Ttinchero(ロザート/トリンケーロ)
グラス1,300円、ボトル8,400円

⑤ Le Coste / Le Coste(レ コステ/レ コステ)
グラス1,200円、ボトル12,000円

⑥ Vino Rosso2014 / Francesco Brezza(ヴィーノ ロッソ/フランチェスコ ブレッツァ)
グラス600円

falo(ファロ)

住所
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町14-10LUZ代官山B1
電話番号
03-6455-0206
営業時間
18:00~L.O.23:30
定休日
定休日 木曜
公式サイト
http://falo-daikanyama.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

ハンバーグを豪快に絡めた「ミートパスタ」はリピート確実! 中目黒で超話題の肉イタリアン『ロデオ』
ハンバーグを豪快に絡めた「ミートパスタ」はリピート確実! 中目黒で超話題の肉イタリアン『ロデオ』

1. 肩ひじ張らず、気軽に行ける“平成版イタメシヤ”が中目黒に誕生 2.キーワードは「炭トキドキ薪」。 ゆらめく炎で焼き上げられる絶品料理の数々 3.自慢のハンバーグをパスタに絡めていただく「ミートスパゲッティ」がスペシャリテ

Yayoi Shinya
フリーライター
予約困難なイタリアン『チニャーレ エノテカ』が学芸大学にカムバック!? いよいよ予約や貸切もスタート
予約困難なイタリアン『チニャーレ エノテカ』が学芸大学にカムバック!? いよいよ予約や貸切もスタート

1.本店は予約困難!「ワインとパン」というカジュアルイタリアン『チニャーレ ヴィーノ エ パーネ』が学芸大学にオープン 2.予約も取らず、懐にも優しい価格帯で「気軽に日常使いできる店」がコンセプト 3.自然の生命力に満ちた肉、魚、野菜たち。ジャンルにとらわれない食の楽しさに満ちた料理が満載

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
胸躍る街中華プライスで、シェフの絶品創作中華を!話題沸騰の新店・広尾の中華バル『coyacoya』
胸躍る街中華プライスで、シェフの絶品創作中華を!話題沸騰の新店・広尾の中華バル『coyacoya』

【連載】幸食のすゝめ #079 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン