サステイナブルでヘルシーな『ルージュトマト』がチェルシーで復活!

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは? ※この店舗は閉店しました

2016年12月06日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • NY
  • ヘルシー
  • オーガニック
  • 連載
サステイナブルでヘルシーな『ルージュトマト』がチェルシーで復活!
Summary
1. ヘルシーでかつ高い志を持ちニューヨーカーから愛されたレストラン
2. ベルギー・ブリュッセルに1号店が2001年にオープンした、ベルギー人オーナーの店
3. 以前はより高級だったが、今回チェルシーに再オープンした店舗はかなりカジュアルに

2年前の夏、移転を理由に閉店した『ルージュトマト』が、『ルージュトマトチェルシー』として今秋、チェルシーに再オープンした。『ルージュトマト』がニューヨークで最初の店を2008年にオープンした時、「美味しくてヘルシーで、環境や企業の社会的責任にコンシャス」というそのコンセプトは、当時としては目新しかったといえるだろう。しかし、2011年に人気レストランとして注目されていた最中に閉店。新生『ルージュトマト』はコンセプトもシェフも変わらず、料理は美味しくて美しいままだが、雰囲気は大分変わった。

最初の店はアッパーイーストサイドの『バーニーズ』のすぐそばにあり、華やかな高級レストランだった。しかし、『ルージュトマトチェルシー』はもっとカジュアルで気楽に入れる。19世紀に馬小屋として建てられたランドマーク指定のビルを活用し、中は木やレンガのぬくもりを基調としたナチュラルで温かみのある空間になっている。

一番人気の高い料理はマッシュルーム。独創的な盛り付けも魅力的だ。食材はできるだけ地元でつくられたオーガニックのものを使う「地産地消」志向。どうしても地元で育てられない食材は、環境や社会的責任において信頼できる生産者から買い付けている。

肉料理で一番人気があるのは、意外にも鹿肉の料理だそうだ。

私はカリフラワーの料理をトライしてみたが、これもとっても美しくて美味しかった。パープルのカリフラワーと共にさまざまな野菜がセンスよく盛り付けられ、真ん中におかれたブルーチーズのソースをつけながらいただく料理だ。

ニンジンやリンゴ、生姜入りのカクテルがあるのも、ヘルシー志向の『ルージュトマト』らしい。飲み物も料理と同じコンセプトで、生産過程にこだわった品揃えをしている。ワインは1,600種類以上あり、大方が有機農法あるいはバイオダイナミック(ビオディナミ)農法でつくられたものだ。


『ルージュトマト』の1号店は、ベルギーのブリュッセルに2001年にオープンした。ブリュッセル店は、2014年にシェフとジェネラルマネジャーに売却された。ニューヨークの『ルージュトマト』は、創業者であるベルギー人のエマニュエル・ヴァーストレーテンCEOが率いる。ニューヨークで再出発したばかりの『ルージュトマト』だが、今後多店舗展開する予定という。「美味しくて美しくてエシカルな料理を肩肘張らないですむ空間で食べられる」場が増えるのは、嬉しい限りだ。

Rouge Tomate Chelsea(ルージュ トマト チェルシー)[閉店]

住所
126 W 18th St, New York, NY 10011
営業時間
12:00~15:00、17:30~22:30
定休日
月曜

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。