知らないと損!「サバ」はイタリアンやエスニック料理に合わせると最高においしくなる【絶品レシピ3選】

2017年08月23日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • 魚料理
  • イタリアン
  • アジア・エスニック
知らないと損!「サバ」はイタリアンやエスニック料理に合わせると最高においしくなる【絶品レシピ3選】
Summary
1.ナンプラーの酸味がサバのおいしさを引き立てる!「サバのエスニック煮込み」
2.甘辛い味わいに箸が止まらない!「サバのから揚げジンジャー風味 ハチミツソースがけ」
3.フライパンひとつで作れる簡単イタリアン!「サバのトマトソース ハーブの香り」

ここ数年でサバ料理の専門店が増えており、今やトレンド食材とも言える「サバ」。
サバは善玉コレステロールを増やすDHAを豊富に含み、生活習慣病にも良いと言われていることから、日頃から積極的にとりたい食材でもある。
だが、自宅でサバを調理するときは、塩焼きや味噌煮などついつい定番料理になりがち。レパートリーを増やしづらいのが難点だ。

そこで今回は、サバ料理のマンネリを解消するアイデアレシピをまとめてご紹介!
シーンや好みに合わせて作り分けられるよう、エスニックからイタリアンまで幅広く網羅。ここ数年で人気が再燃してきているトレンド食材「サバ」を上手に活用して、おいしくて栄養満点なアレンジ料理を楽しもう。

1.あと味爽やかなピリ辛味がクセになる! 煮るだけ簡単「サバのエスニック煮込み」

マンネリになりがちなサバ料理も、ナンプラーやパクチーを使うことで簡単にエスニック風に変身。時間が経ってもパサパサになることはなく、鍋で煮るだけのとっても簡単なレシピなのに、見栄えが良いため手が込んで見えるのも嬉しい。
サバのうまみにナンプラーの酸味が加わることで、満足感はあるのにさっぱりとおいしくいただける。豆板醤の辛みもピリッと効いているので、ひと口食べればクセになること間違いなしだ。

■材料(2人分)

・サバ … 2尾
・トマト … 1個
・セロリ … 1/2本
・タマネギ … 1/4個
・シメジ … 1/2株
・[A]ナンプラー … 大さじ1
・[A]レモン汁 … 大さじ1
・[A]鶏ガラスープの素 … 小さじ2
・[A]豆板醤 … 小さじ1
・[A]水 … 300ml
・パクチー … 適量

■作り方 (調理時間:20分)

① トマトはひと口サイズ、セロリは筋をとり斜め2mmスライス、タマネギは2mm幅スライス、シメジは石づきを取りほぐす、パクチーは2cm幅に刻む。サバは2等分にする。

② Aを合わせて鍋に入れ、中火で温める。

③ ②にサバと①(パクチー以外)の野菜を加え、5分煮る。

④ パクチーを加えて一煮立ちしたら完成。

2.甘さと辛さのバランスが絶妙!「サバのから揚げジンジャー風味 ハチミツソースがけ」

脂がのったサバの身がホロホロと崩れる食感と、ショウガの効いたソースがよく絡み、さっぱりといただける一品。
自然な甘さのハチミツソースはご飯によく合い、晩酌のおつまみとしてもぴったり。揚げる時はサバの水気をきちんと拭き取り、片栗粉をまぶしたあとに、よくはたいて余分な片栗粉を落とすのがポイント。そうすることで、衣のサクッと食感を楽しむことができる。

■材料(2人分)

・長ネギ … 1/4本
・サバ … 2尾
・[A]醤油 … 小さじ2
・[A]酒 … 小さじ1
・片栗粉 … 大さじ2
・[B]水 … 50ml
・[B]醤油 … 大さじ1
・[B]ハチミツ … 小さじ1
・[B]ショウガ … 1片
・[B]酒 … 大さじ1/2
・揚げ油 … 適量

■作り方 (調理時間:30分)

① 長ネギはみじん切りする。ショウガはすりおろす。サバを4等分に切ってバットに入れ、Aを加えて絡めたら5分ほどおく。

② ①の水気をふいてから片栗粉をまぶし、170度に予熱した揚げ油でキツネ色になるまで揚げる。

③ 鍋に長ネギ、Bを入れて中火で温める。 

④ ②を器に盛り、③をかける。

3.フライパンひとつで簡単! パンと合わせてもおいしい「サバのトマトソース ハーブの香り」

パーティメニューとしても活用できそうな、鮮やかな色味が目を引く「サバのトマトソース」。トマトの酸味の中に、バジルとローズマリーの香りがふわっと広がり、シンプルながらもワンランク上の味わいに仕上がっている。
作り方も、具材を順番に加えていくだけのシンプルさ。フライパンひとつで作ることができるので、洗い物も少なく済むのが嬉しい。
酸味とうまみのバランスのとれた味わいは、パンにのせて食べても美味。

■材料(2人分)

・タマネギ … 1/4個
・ニンニク … 1片
・サバ … 2尾
・塩コショウ … 小さじ1/2 
・オリーブオイル … 大さじ1
・バジル … 3枚
・ローズマリー … 1本
・トマト水煮缶 … 1缶(400g)
・コンソメ … 小さじ1

■作り方 (調理時間:30分)

① ニンニクとタマネギはみじん切りにする。

② サバは4等分にし、塩コショウをふる。 

③ フライパンにオリーブオイルをひいて中火にし、②を皮目から焼き、焼き色が付いたら裏面も焼く。 

④ ③のフライパンに①、バジル、ローズマリー、トマト水煮缶、コンソメを加え、10分煮込む。 

サバ料理のレパートリーを増やす、3つのアイデアレシピを紹介した。
おいしさはもちろん、どれも見栄えのするメニューばかりなので、普段の献立はもちろん、ちょっとしたおもてなし料理としても活用できそう。さっそく今日の夕食にいかが?




【レシピ作者プロフィール】
レシピ制作:フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/

関連記事

ナシゴレンだけじゃない! いまニューヨーカーが注目するエスニックはインドネシア料理
ナシゴレンだけじゃない! いまニューヨーカーが注目するエスニックはインドネシア料理

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家