使い勝手と居心地よし! 毎日通いたくなる、東京の「カジュアルフレンチ」まとめ

2017年10月22日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • まとめ
  • ビストロ
  • 東京
使い勝手と居心地よし! 毎日通いたくなる、東京の「カジュアルフレンチ」まとめ
Summary
1.居心地がいい~! 中目黒の『Hugo』と中野の『松㐂』は通いたくなる駅近の良店
2.神宮前『ビストロ ティロワ』で、『モナリザ』出身シェフによる絶品ビストロ料理を堪能
3.注目エリア浅草・観音裏に、昭和香るあのメニューが味わえるマイクロビストロ

言うまでもないが、東京には個性的なビストロがそこここに点在している。駅近あり、コース自慢あり、懐かしのメニューありと、そのスタイルは多種多様だ! ここでは編集部厳選の「押さえておくべきビストロ」4店を紹介しよう。

1. 居心地が良すぎて毎日通いたい! 都立大学のビストロとは?

都立大学駅に店を構える『hugo(ユーゴ)』は、代々木上原のフレンチの名店『Gris(グリ)』で3年間活躍した佐々木啓太シェフの店。

岩手県三陸産の天然アナゴを使ったフリット(写真上)は、自家製ディルマヨで味わうシェフならではの演出がにくい。「エゾシカのモモ肉のロースト」(写真下)では、桁違いなやわらかさに驚くこと間違いなし!

ワインは、赤・白各3種類ずつのナチュラルワインを用意。土日は、スープ、前菜、メイン、デザート、ドリンクが存分に味わえるランチコース(2,500円/税抜)も楽しめる。地元民はもちろん連日賑わう注目のビストロだ。

hugo

住所
東京都目黒区中根2-13-20 内田ビル2F
電話番号
050-3313-0762
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
月・火・木・金
18:00~22:00
(L.O.22:00)

土・日・祝日
12:00~13:30
(L.O.13:30)
18:00~22:00
(L.O.22:00)
定休日
水曜日
※不定休日あり
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/hc15atpp0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

2. 野菜がたっぷり! 「街の定食屋さん」がコンセプトの安らぎの店

サブカルの聖地とも言われる中野の『松㐂(まつき)』。「街の定食屋さんのような存在でありたい」がコンセプトのこの店では、しっかりとおいしい料理を気軽に楽しめる。

プリフィクスコースでは、茨城県産や長崎県産の野菜がたっぷり使われたスープや前菜と、丁寧に調理された肉や魚が味わえる。

自然派ワインも20種類ほど取りそろえており、料理とのペアリングも楽しみたい。

松㐂(まつき)

住所
東京都中野区中野2-23-3
電話番号
070-3274-3730
営業時間
18:30~24:00(L.O.23:30)
定休日
不定休
公式サイト
https://www.facebook.com/%E6%9D%BE%E3%90%82-Matsuki-502029879967208/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

3. ツウも唸るオリジナル料理は、シェフの経験を昇華させた感動のビストロ料理

神宮前の『ビストロ ティロワ』は、名店『レストラン モナリザ 丸の内店』、『レストラン ヒロミチ』で修業した川島大輔シェフの店。クラシックなフランス料理に驚きや楽しさを加えたシェフならではのビストロ料理が自慢だ。

「ブータンノワールのアップルパイ」(写真上)は、なめらかなブータンノワールに、リンゴとパイ生地の異なる食感が楽しめる川島シェフの代表作。

たっぷりの新鮮野菜で彩られた「カワハギと春野菜 マスタード風味」(写真上)は、フレンチではほとんど使われないカワハギを使うという、川島シェフのセンスが光る一皿。

ワインは好みが見つかるよう、グランヴァンからテーブルワインまで味も価格もバリエーション豊富にそろう。クラシックな味わいを気軽に楽しめる、いつまでも通い続けたい1店だ。

ビストロ ティロワ

住所
東京都渋谷区神宮前2-13-1
電話番号
050-3494-6925
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
土・日・祝
ランチ 12:00~15:00
(L.O.14:00)

火~日・祝日
ディナー 17:30~23:00
(L.O.22:00)
定休日
月曜日
月曜日が祝日の場合は、翌日がお休みとなります。
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/8kxra3bp0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

4. 「チューリップ」に「ウフマヨ」、懐かしメニューがそろう下町のビストロに注目

浅草・観音裏の小さな店は「マイクロビストロ」の肩書きを持ち、山田武志シェフが一人で切り盛りする。一番人気の「チューリップ」は、昭和世代には懐かしのご馳走メニュー。「もっと気軽に料理とワインを」がコンセプトで、ナチュラルワインとの相性もピッタリ。

常連が開口一番に注文するという人気メニューは「ウフマヨ」(写真下)。アンチョビとマスタードがきいたオリジナルソースをまとった卵は、ワインのお供に最高だ。

『ヌキテパ』や『グレープガンボ』、そして浅草橋『FUJIMARU』を経て独立したシェフの確かな料理と、下町の居心地の良さがたまらない。

ペタンク

住所
〒111-0032 東京都台東区浅草3-23-3 上野ビル101
電話番号
03-6886-9488
営業時間
17:00~23:00(L.O.)、土・日15:00~21:00(L.O.)
定休日
不定休
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/pt3zcfze0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

15時から自然派ワインを角打ち! 最高の“音”とワインで上質な時間を愉しめる、幡ヶ谷『flow』
15時から自然派ワインを角打ち! 最高の“音”とワインで上質な時間を愉しめる、幡ヶ谷『flow』

1.代々木上原の周辺散策がてら立ち寄りたい、自然派ワインを専門に扱う角打ち店 2.中野『松㐂』や下北沢『クオーレ・フォルテ』など、人気店のメニューがおつまみとして登場 3.ミュージシャンとしても活躍するオーナーのセンスが光る、“音”を楽しむために計算された音響空間も魅力!

有川美咲
フードライター