ふんわり握りたての「おむすび」と日本酒が楽しめる! 新感覚の「立ち飲みスタンド」が日本橋に誕生

2017年12月11日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 日本橋
  • 日本酒
ふんわり握りたての「おむすび」と日本酒が楽しめる! 新感覚の「立ち飲みスタンド」が日本橋に誕生
Summary
1.新しいスタイルのおむすび店『おむすびスタンド ANDON』が日本橋にオープン
2.昼はおむすびスタンド、 夜はきりたんぽ鍋やおばんざいで日本酒が楽しめる
3.本の販売、イベントの開催など、カルチャーの発信拠点にもなるスポット

行燈のように街を照らしたい! おむすびと日本酒を楽しめる立ち飲みスタンドが誕生

オフィスビルと日本の伝統を守る老舗の店が混在する、日本橋・小伝馬町エリア。そんな日本橋に2017年10月にオープンしたのが、『おむすびスタンド ANDON』だ。同店はおむすびをはじめとする食にこだわるだけでなく、イベントやスクールを開催し、食や文化の発信拠点にもなろうという目的をもって作られた「食×カルチャーの最新型長屋」だ。

店の名前となっている『ANDON』は、道を照らすのに使っていた「行燈(あんどん)」のこと。店の目の前の通りは旧日光街道で、江戸時代には馬に荷物をつけた多くの人たちが行き来していた。しかしビジネス街となった今、平日はにぎやかだが、オフィスワーカーのいない週末や祝日は閑散としている。

「大家さんに『昔は栄えていたのに今はさみしい場所になっているんです。だから、この地を行燈のように照らしてほしい』と言われ、『ANDON』と名付けたんです」と店長の竹田勝平さんは話す。

同店は4階建てで、長屋を縦に重ねたような造りが特徴的。1階は昼はおむすびスタンド、夜は秋田の日本酒を中心に出す立ち飲みスペースとなっている。

昼のランチセットはテイクアウトもでき、平日の昼間は、おむすびセットを買い求める近隣の人たちで賑わい、夜になると、きりたんぽ鍋やいぶりがっこなど、秋田の郷土料理をはじめとしたつまみと共にお酒を飲むことができる。

はじまりは秋田の米のおいしさを伝えるイベント

そんな新しいスタイルのおむすび店『ANDON』は、どのようにして生まれたのだろうか。

「同店ができたきっかけは代表の一人、武田昌大(さん)が地元・秋田を活性化したいという想いからでした。秋田にはおいしい米がある。その味を農協などを通さず、直接人々に伝えたいと考え、若い米農家の人たちと協力して、最初はインターネットで販売を始めました。そのうち、消費者の反応をダイレクトに感じる機会があればと思うようになり、東京でイベントをするようになったんです」(竹田さん)

店長の竹田さんはこのイベントを手伝っていたが、毎回開催する場所はさまざま。それを約3年続けるうちに東京に拠点を作ろうということになり、同店が生まれたという。

ふんわりと仕上げるおむすびの中につまった、各地の個性あふれる具材たち

おむすびの米はもちろん秋田産。武田さんが秋田で結成した、若手米農家集団トラ男(トラクターに乗る男前たち)が作った米を使い、オーダーを受けてから目の前で作ってくれる。しっかり握る「おにぎり」とは違い、同店ではふんわりとした「おむすび」だ。

具材はうめやしゃけなど一般的なものから、秋田の漬物・いぶりがっこを使った『いぶりがっこチーズ』、秋田ではおなじみの塩味が強い『ぼだっこ』といったものもある。

「具材は今後さらに増やしていく予定ですが、『いぶりがっこ』や『ぼだっこ』のように、その地域独特の呼び名があるものを使いたいと思っています。産地も秋田にこだわらず、いろいろな場所の具材を取り入れるつもりです」(竹田さん)

ランチセットについている『具沢山のたっぷりお味噌汁』(写真上)も好評だ。この日の味噌汁は豚汁。その名の通り、具だくさんで、食べごたえがあるのがうれしい。寒さも本格的になった昨今、おむすびと合わせ、あたたかいお椀で身体の芯から温まることができる。

秋田の名酒も豊富に取りそろう

日本酒のラインナップは秋田のものが中心。新しい銘柄との入れ替えもよくあるので、気になるお酒があれば、その日のうちに頼んでみるのがおすすめだ。味わいや口当たりはさまざまなものをそろえており、例えば「大納川」(写真上:左端)はさっぱりとした辛口、「夏田冬蔵」(写真上:右端)は口当たりがよく、冷やで飲むのがおいしいそうだ。

新しい発見や出逢いが生まれる場所を目指して

同店で日本酒を味わう際は、2階の本屋兼イートインスペースでゆっくり本を読みながらというのもおすすめ。「食×カルチャーの最新型長屋」と銘打っている同店では、本の販売もしている。

食に関するものから東京の街が分かるものまで、他の書店ではあまり見かけない本もあり、思わず目移りしてしまう。また、飲食をしなくても、ここに本を見に来るお客さんも受け入れているそうだ。

「『ANDON』は飲んだり食べたりするだけでなく、気軽に本を読みに来たり、ここで開催するイベントやスクールに参加したりと、新しいコミュニケーションが生まれる場所にしたいと思っています」(竹田さん)

かつての活気あふれる日光街道のように、さまざまな地域の人々がふれあい、互いの街を知り、それが新たな文化を生んでいく。同店は、日本橋の街を明るく照らし、さらに各地の食や文化にもスポットライトを当ててくれそうだ。

撮影:平瀬夏彦

【メニュー】
ランチセット(以下の中からお好きなおむすび2個と香の物、具だくさんのたっぷりお味噌汁)
650円 ※追加のおむすびは1個250円 ※ランチセットはテイクアウトも可能
(おむすび)
うめ
しゃけ
ぼだっこ
肉みそ
ちりめん山椒
いぶりがっこチーズ

(混ぜ込み)
ごま高菜
ゆかり&わかめ
べったら漬け&おかか

(炊き込み)
きのこ
きりたんぽ 1,000円
日本酒 500円
※価格は税込

おむすびスタンド ANDON

住所
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-11-10
電話番号
03-3527-2498
営業時間
11:00〜23:00
定休日
日曜・月曜
公式サイト
https://andon.shop/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

早くも本年度フレンチ界最大のニュースに、伝説のあのレストランが街に帰ってきた

【連載】幸食のすゝめ #059 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
今すぐ予約を!世界の美食家が注目する『プジョル』が、期間限定ポップアップレストランとして日本初上陸
今すぐ予約を!世界の美食家が注目する『プジョル』が、期間限定ポップアップレストランとして日本初上陸

1.メキシコで最も影響力のあるシェフ、エンリケ・オルベラ氏がポップアップレストランを4夜限定で開催 2.世界の美食家が注目する『プジョル』のモダンメキシカンを東京で堪能できる 3.開催場所は数々のコラボイベントを実現してきた、食の殿堂「マンダリン オリエンタル 東京」

dressing編集部

今しか食べれられない「限定メニュー」に注目! 『渋谷ヒカリエ』で「プレミアムグルメマーケット」が開催
今しか食べれられない「限定メニュー」に注目! 『渋谷ヒカリエ』で「プレミアムグルメマーケット」が開催

1.2018年4月26日で開業6周年を迎える「渋谷ヒカリエ」で「プレミアムグルメマーケット」が開催 2.ヒカリエ内の飲食店・全28店が自信を持って提供する、期間限定のメニューに注目 3.選りすぐりの「調味料」や「名菓」など、手土産の販売も見逃せない!

dressing編集部