恵比寿駅直結・庭園の見えるビストロ『シロノニワ』がリニューアル!

2018年03月05日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 恵比寿
  • スパイス
  • ビストロ
恵比寿駅直結・庭園の見えるビストロ『シロノニワ』がリニューアル!
Summary
1. 恵比寿で愛される『ビストロ シロ』の姉妹店がリニューアルオープン
2. スパイスやハーブ、香草を『シロノニワ』流にアレンジしたメニューが勢ぞろい
3. 店から眺められる「空中庭園」。都会の喧騒を離れた非日常な時間を過ごそう

恵比寿駅直結! 庭園をのぞみながら食事が楽しめる、新生『シロノニワ』がオープン

JR恵比寿駅直結の「アトレ恵比寿西館」8階にある『シロノニワ』が、2017年11月17日に全面リニューアル。以前はシーフードレストランとして魚介類を中心とした料理を提供していたが、リニューアル後は異国の華やかさとエキゾチックな香りをまとった料理を提供している。

『シロノニワ』は、恵比寿で9年間オフィスワーカーや近隣の人々に親しまれてきたフレンチレストラン『ビストロ シロ』がクリエーション。フレンチの流れを残しつつ、スパイスやハーブを活かしたオリジナリティあふれる料理を提案している。

また隣接する屋上庭園「アトレ空中花園」も見どころのひとつ。美しい庭園をのぞむ絶好のロケーションで、上質な時間を過ごすことができる。

異国のリゾートに訪れたかのような、エキゾチックな空間に心が躍る

店内はアジアのリゾート地を連想させる“コロニアルリゾート”がモチーフ。透け感が美しいガラスの壁面、照明に取りつけられたバードケージ、やわらかな素材のカーテンなど、旅先のリゾートで羽根を伸ばすような心地良さを味わわせてくれる。

昼は大きな窓から太陽の光が差し込み、開放的で心地の良い空気が漂う。テーブル席、ベンチシートのソファー席、庭園がながめられる席などがあり、座る席によって異なる雰囲気を楽しめる。またカーテンで仕切ることで半個室利用ができるほか、店内奥にはガラス戸の仕切りを設けた個室も用意。
日常利用からパーティ、さらには結婚式の2次会やガーデンウェディングも叶う、使い勝手のよさを備えている。

スパイスやハーブの効いたタパスは、ちょっとずつ楽しめて女子会にピッタリ

スターターにはタパス(写真上:イメージ)がオススメ。

ほどよい酸味の「彩りトマトとピンクグレープフルーツのジンジャーマリネ」、カルダモンがさわやかに香る「アボカドディップ カルダモン風味」など、どれもスパイスやハーブが効いたエスニック仕立てであるため、ついアルコールも進む。その一方で、スパイスやハーブ独特の香りが強すぎないため、エスニック料理が得意でない人でも楽しめる。

やわらかなラム肉がさわやかにまとうミントの香り

グリル料理の人気メニュー「ラムチョップとミントのグレモラータ」(写真上)。
「グレモラータ」とは、パセリやハーブ、ニンニクなどで作るイタリアのソースだが、パセリの代わりにミントを使うのが『シロノニワ』流だ。やわらかなラムチョップと、ミントの清涼感は相性抜群。赤身の肉々しさの中に、スッとさわやかな香りがぬけ、もうひと口を誘う。

『ビストロ シロ』の流れを汲む、名物「ブイヤベース」

『ビストロ シロ』で好評のブイヤベースを『シロノニワ』風にアレンジした「シロノニワ名物 レモングラス香るブイヤベース」(写真上)。
魚介と野菜で丁寧にだしをとったブイヤベースに、レモングラスを加えることでエスニックの香りをプラス。濃厚でありながら、レモングラスのさわやかさがすっきりとした後味をもたらしてくれる。
エビやホタテ、ムール貝などの具材を食べ終えたからと、スープを残すのはもったいない! 「〆リゾット」をオーダーして、うまみがぎゅっと詰まったスープをあますことなく味わいたい。

3つのカスタマイズバーでお酒やメニューのアレンジを楽しもう

リニューアルに際し、新たに登場した3つのバーも紹介したい。
まず1つめが「タピオカバー」(写真上・ランチのみ)。もちもちのブラックタピオカをはじめ、ピンクやグリーンなどのカラフルなタピオカに、ココナッツミルクやフルーツなどを自由にトッピングして、自分好みのデザートを作ることができる。

2つめは「サングリアバー」(ディナーのみ)。4種のワインベースに、フルーツ、ハーブ、スパイス、タピオカを加えてオリジナルのサングリアが作れる。料理に合わせた1杯を組み立てる楽しみも。

最後は「スパイスバー」。グリル料理にオススメの「コロンボスパイス」、辛みを加えたいときの「ホットチリスパイス」など、全6種のブレンドスパイスがお目見え。スパイスによるアクセントで、ひと味違った香りや味わいを堪能しよう。

待ち合わせ前や終電までのもう一杯など、ライトシーンにも利用したい

「アトレ空中花園」は世界を旅するプラントハンター、「そら植物園」代表の西畠清順さんのプロデュースによるもの。季節で異なる情景を鑑賞しながら料理を楽しめるとあり、非日常体験を叶えてくれる。

気の合う仲間との女子会から空き時間の一杯、パーティー利用など、さまざまなシーンで楽しめる『シロノニワ』。次に仲間と集うときは「庭園が見えるレストランで異国の雰囲気を楽しまない?」の誘い文句で決まりだ。


【メニュー】
〈ランチ〉(平日価格、土日祝は+300円でタピオカバー付)
ガーデン&グリルドチキンプレート 1,400円
3種の貝とズッキーニのパスタ バジル風味  1,500円
サーモンのハーブナッツクラスト ヨーグルトのタルタルソース  1,700円

〈ディナー〉
ローストビーツとひよこ豆のフムス 500円
ガーデンプレート (M:1,500円、L:2,500円)
真鯛とレモングラスのバナナリーフ蒸し 1600円
まるごと鮮魚のスパイシーロースト 2,200円
アンガス牛のスモーキーステーキ  2,200円
ポークスパイス煮込みとジャスミンライスの土鍋ご飯 1,600円
デザートシェアプレート 1,800円
※価格は税抜

シロノニワ

住所
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-6-1 アトレ恵比寿西館8F
電話番号
050-3476-0053
営業時間
11:00〜24:00(L.O.23:00)
定休日
アトレ恵比寿に準ずる
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/1g728f9z0000/
公式サイト
http://www.bistro-shiro.com/shirononiwa/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

デザート&パン食べ放題の8品コースが2,950円!? ホテルランチの常識を覆すイタリアン『エボルタ』
デザート&パン食べ放題の8品コースが2,950円!? ホテルランチの常識を覆すイタリアン『エボルタ』

1.国立競技場駅すぐの場所にオープンした『RISTORANTE&BAR E’VOLTA(リストランテ&バー エボルタ)』 2.ランチコースは、「パン食べ放題+料理6皿+デザート食べ放題」で破格の2,950円(税別)! 3.アフタヌーンティーやモーニングなど、都会の喧騒を忘れさせるコンテンツも満載

中森りほ
ライター
あの『味坊』の新店が大人気!『香辣里(シャンラーリー)』で魅惑の湖南料理に酔いしれる【三軒茶屋】
あの『味坊』の新店が大人気!『香辣里(シャンラーリー)』で魅惑の湖南料理に酔いしれる【三軒茶屋】

【連載】幸食のすゝめ #067 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
もっちもち手打ちパスタなら絶対ここ!腕利きイタリア人シェフの店・恵比寿『マンマ ルイザズ テーブル』
もっちもち手打ちパスタなら絶対ここ!腕利きイタリア人シェフの店・恵比寿『マンマ ルイザズ テーブル』

1.『エノテーカ ピンキオーリ 東京』元シェフパティシエ、フィレンツェ出身のイタリア人シェフが創り出す、郷土料理とくつろぎ空間 2. 種類豊富な手打ちパスタに、スパイスやハーブの香りを効かせた極上ソース 3. 満腹でも食べずには帰れない〆のドルチェ。名物は「おばあちゃんのタルト」

木戸上かおり
ライター/クッキングインストラクター