カフェとギフトがステキすぎ! 京都へ行ったらマストで立ち寄りたい新店『ダンデライオン・チョコレート』

2018年05月30日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • 京都
  • スイーツ
  • ショコラ
カフェとギフトがステキすぎ! 京都へ行ったらマストで立ち寄りたい新店『ダンデライオン・チョコレート』
Summary
1.『ダンデライオン・チョコレート』がついに関西に進出! 京都・東山一念坂に誕生
2.日本家屋をリノベーションしたくつろぎの空間で、京都限定のドリンクやペストリーを楽しめる
3.世界初の試みとなる「CACAO BAR」で、デザートとアルコールのペアリングを満喫しよう

「Bean to Bar」ブームの火付け役、『ダンデライオン・チョコレート』が京都・東山一念坂にオープン!

2010年にアメリカ・サンフランシスコに誕生した『ダンデライオン・チョコレート』。
創業者のトッド・マソニス氏とキャメロン・リング氏が、“本物のチョコレート”を再現するために、カカオ豆の仕入れから製品化までを一貫して自ら行う少量生産の「Bean to Barチョコレート」を追求してきた。

2014年ごろから始まった日本のBean to Barブームも後押しとなり、2016年2月に東京・蔵前に日本1号店をオープン。以降、同年に三重・伊勢外宮、2017年には神奈川・鎌倉にも店舗を展開してきたが、このたび関西エリアに初進出! 2018年4月に4店舗目となる『ダンデライオン・チョコレート京都東山一念坂店』(以下『ダンデライオン・京都東山一念坂店』)が誕生した。

店は、京都の伝統的景観保全地区として保護されている地域にある日本家屋。京都市の指定伝統的建造物にも指定されているという築100年を越える重厚感ある空間を、数寄屋大工の経歴を持つ建築家がリノベーション。 伝統を活かしつつも洗練された佇まいとなっている。

初のギフトショップにはチョコレートバーの販売や、京都ならではのブランドとのコラボアイテムも

のれんをくぐり最初に目に入ってくるのは、これまでの店舗にはない初のギフトショップ。『ダンデライオン・チョコレート』の代名詞であるチョコレートバーの販売をはじめ、チョコレートの素とも言えるローストカカオ豆を砕いたカカオニブや、カカオ本来の豊かな香りと風味を手軽に味わえるホットチョコレートミックス、カカオニブとはちみつをブレンドしたカカオニブハニーなどがずらりと並ぶ。

チョコレートだけでなく、地元・京都のテキスタイルブランド『SOU・SOU』や歴史ある老舗京菓子司『亀屋良長(かめやよしなが)』とのコラボアイテムなども揃う。自分へのごほうびはもちろん、お土産やプレゼントとして、大切な人に贈りたくなるものばかりだ。

ギフトショップの隣は、カフェメニューのオーダースペース。同店のチョコレートを贅沢に使用したホットチョコレートなどのドリンクや、毎朝店内のキッチンで焼き上げるペストリー各種をオーダーし、2階のカフェスペースでくつろぎの時間を過ごすことができる。カフェには『ダンデライオン・京都東山一念坂店』限定のメニューもあるので、さっそくご紹介していこう。

舞妓さんをイメージして作られた「マイコホットチョコレート」はマストで味わいたい

舞妓さんをイメージした、『ダンデライオン・京都東山一念坂店』限定のホットチョコレート「マイコホットチョコレート」(写真上)。はちみつの優しい甘さに、ほんのりと生姜の香りが鼻をくすぐる。あと口はすっきりとしており、チョコレートバーやペストリーとも相性抜群だ。

京都限定のペストリーは、日本人にとって親しみやすい「ブッセ」を元に、同店の森本康志シェフが考案。

カカオニブの食感にこだわり、卵黄でつくられた濃厚なバタークリームには粒状のニブを、ふんわりとした生地にはパウダー状のニブを混ぜ合わせている。仕上げにはドミニカ共和国産のチョコレートをディップ。統一感がありながらも、カリカリ、ふわふわ、なめらかと言った食感の変化も楽しむことができる。

世界初の「CACAO BAR」で、チョコレートのデザートとアルコールのペアリングを堪能しよう

『ダンデライオン・チョコレート』にとって世界初の試みとなるのが、店舗奥に設置した「CACAO BAR」だ。ここでは、チョコレートの原料となるニブやカカオパルプ(果肉)など、シングルオリジンのカカオ豆を多面的に使用。個性と魅力を余すところなく引き出したデザートと、アルコールとの斬新なペアリングを楽しむことができる。

デザートの概念を覆す「CACAO BAR」のカカオ・ディッシュを生み出すのは、サンフランシスコの『ダンデライオン・チョコレート』でエグゼクティブペストリーシェフを務めるリサ・ヴェガ氏(写真上)。今回のオープンのために日本に滞在し、『ダンデライオン・京都東山一念坂店』の森本シェフと共にメニュー開発を行ったという。

「白みそ」×「バナナ」!? 驚きの組み合わせがチョコレートによって引き立つデザート

例えば「Banana Miso Bar」(写真上)は、バナナと白味噌のまろやかな甘みが似ていることに注目し、チョコレートで統一感を演出した一品。

「意外に思われるかもしれませんが、チョコレートは適切なバランスに配慮すると、驚くほど色んな食材に合うんですよ」とリサ氏。他にも、『イチゴ×抹茶×チョコ』、『パッションフルーツ×黒ゴマ×チョコ』など、京都ならではの食材を用いながら、ストーリー性のあるカカオ・ディッシュを作っていきたいですね」と話す。

またドリンクは日本酒やワイン、玄米茶、オレンジ、ポルチーニなどさまざまな素材を使用したオリジナルカクテルなどを揃える。現在はデザートとのペアリングを楽しめるが、今後はフードも展開していく予定だ。

Bean to Barの本場・アメリカと、奥深い伝統文化を引き継ぐ京都を結んだ『ダンデライオン・京都東山一念坂店』。街歩きがてら、チョコレートの新たな魅力を体感しに足を運んでみよう。

【メニュー】
マイコホットチョコレート 550円 ※京都限定
ハウスホットチョコレート 580円
ニブブッセ 450円 ※京都限定
ブラウニーバイトフライト 630円
ワンプゥ, ホンジュラス70% 1,200円
※価格は税抜

ダンデライオン・チョコレート 京都東山一念坂店

住所
〒605-0826 京都府京都市東山区桝屋町363-6
電話番号
075-531-5292
営業時間
5月末まで カフェ 12:00~17:30(L.O.17:00)/ CACAO BAR 招待のみ、6月以降 カフェ 10:00~18:00(L.O.17:30)/ CACAO BAR 予約制 6月8日(金)グランドオープンより 金土日 12:00~18:00(L.O.17:00)※CACAO BARの予約は5月25日(金)より申込み開始
定休日
不定休
公式サイト
https://dandelionchocolate.jp/shop/detail.php?shop_id=11

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

何を食べても飲んでも間違いない店を発見! あんな名店こんな名店の味が勢揃いの二子玉川の超穴場

【連載】幸食のすゝめ #046 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
居酒屋フリーク、立ち飲み好き、武蔵小山ツウなら知ってる「ムサコ飲み」の終着点『長平』が帰ってきた

【連載】幸食のすゝめ #051 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
東横線のグルメな穴場、元住吉にはパクチー好き垂涎の台湾料理の秘境があった
東横線のグルメな穴場、元住吉にはパクチー好き垂涎の台湾料理の秘境があった

【連載】幸食のすゝめ #018  食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
ショコラのふわしゅわパンケーキに濃厚ショコラソースが幸せすぎ! 『デリーモ』の2号店がオープン
ショコラのふわしゅわパンケーキに濃厚ショコラソースが幸せすぎ! 『デリーモ』の2号店がオープン

1.人気メニュー「パンケーキ」を特別バージョンで! ショコラバーならではのオリジナルトッピング 2.3種のチョコレートマカロンを食べ比べ! 目白店発の新メニュー「ショコラ デギュスタシオン」 3.チョコレートのフリカケにショコラマドレーヌ! カカオの風味を活かしたテイクアウトスイーツ

野山苺摘
グルメライター/フードアナリスト/調理師