世界大会優勝シェフによる独創的な「ガトー」&「ショコラ」、豊かな味わいで早くもファン続出

2018年07月31日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • 京都
  • ショコラ
  • スイーツ
世界大会優勝シェフによる独創的な「ガトー」&「ショコラ」、豊かな味わいで早くもファン続出
Summary
1.有名洋菓子ブランド『クラブハリエ』に15年間在籍。世界大会優勝経験を持つシェフが独立
2.一つで様々な食感を味わえるガトーは、次々とラインナップが変わって目が離せない!
3.日本人シェフならではの繊細な味覚と、研ぎ澄まされた感性を活かしたボンボンショコラは必食

世界大会優勝シェフが京都で独立開店したショコラトリー

2018年4月18日、京都・東山に誕生した『Chocolaterie HISASHI(ショコラトリー ヒサシ)』。
オーナーシェフの小野林範(ひさし)さん(写真下)は、バームクーヘンで有名な関西の洋菓子ブランド『クラブハリエ』で6年目からシェフを務め、約15年間在籍した実力の持ち主。

アメリカで開催された「WPTC(ワールド・ペストリー・チーム・チャンピオンシップ)2012」の日本代表メンバーとしてチョコレートの大型細工やボンボンショコラの製作などを担当し、チームで優勝。
さらに、フランスで開催された「ワールドチョコレートマスターズ2015」で準優勝した経歴を持つなど、チョコレートのスペシャリストとして名を馳せてきた。

今回、京都で新たな出発を図ることになったのは、近年国内外からパティスリーやショコラトリーの出店が相次ぐなど、スイーツのジャンルでも注目される京都の地で、「日本人が作る味わいを発信していきたかった」との思いがあったからだという。
過去の世界大会で高評価を得たショコラをはじめ、生ケーキや焼き菓子も揃い、早くも客足の絶えない注目店になっている。

新作続々! 複数の層が一体感を奏でる、味わい豊かな「ガトー」

まず写真上の「ガチャP」は、艶やかな緑色が印象的なガトー。個性的なネーミングや独特の色合い、コロンとしたフォルムから、某有名キャラクターを思わせる遊び心満点の一品だ。
こちらは「WPTC2012」で優勝した際の作品をベースにしてバージョンアップしたもの。ピスタチオのムースの中には、ブラッドオレンジのジュレ、アプリコットクリーム、アプリコットコンフィチュール(果物を砂糖で煮詰めたジャム)がしのばされている。

グラサージュ(菓子の表面をコーティングしたチョコソース)、ムース、ケーク生地、ダックワーズ生地にはピスタチオがふんだんに使われていて、ひと口食べると、「これぞピスタチオ!」というような濃厚かつ豊かなコクと、ナッツの風味がガツンと訪れる。その後に、オレンジやアプリコットが爽やかな余韻を残す。

続いて、こちらは「ガイア71」。シェフがカカオ豆の産地からこだわって作ったオリジナルチョコレートを使った一品。「カカオ分71%と高めですが、大地から生まれるカカオの風味を活かせるように仕上げました」とシェフ。苦みが際立つことなく、スッキリとした味わいが秀逸だ。

さらに口どけなめらかなムース、とろりとしたクリームシャンティ(生クリームを泡立てて砂糖、バニラなどを加えたもの)、表面にはザクザクとしたチョコをまぶすなど、様々な食感で楽しむことができる。

フランス産チョコレートを使用した「トリプルショコラ」(写真上)。こちらもチョコ好きが迷わずオーダーする人気ガトーだ。ヘーゼルナッツ、ガナッシュ、シャンティショコラの3つの食感、味を堪能することができる。

どのガトーも何層もの組み合わせによる構成となっているが、その全てが調和しているので、ひと口でおいしいと思わせてくれるのがさすがである。

世界の舌をもうならせるハイレベルの「ボンボンショコラ」

そして、同店を訪れたら買い忘れてはならないのが「ボンボンショコラ」だ。
惑星を思わせる赤色が目を引く「フィグ」(写真上・手前)は、赤ワインに漬け込んだいちじくのプチプチ食感が感じられるガナッシュ入り。
「プラリネピスターシュ」(写真上・左)、「プラリネセザム」(写真上・右)、「プラリネココ」(写真上・奥)は、ピスタチオ、白ゴマ、ココナッツなどをキャラメリゼしたガナッシュを入れたもの。

全部で18種類あり、どれも食感や風味が楽しく、どれを選ぶか迷ってしまうこと必至だ。

また、小野林シェフは、「いいものを味わっていただきたいから」と材料の産地にも自ら足を運ぶという。例えば、カスタードに使用する卵は、飼料一つひとつにこだわって育てている養鶏場からセレクトしている。
「『濃厚さやまろやかなおいしさがスゴイ!』とお客様から言っていただけると、とてもうれしいんです」とシェフ。

ケーキは、2週間に1回はラインナップが変わっていくので、訪れるたびに新作に出会えるのも魅力のひとつ。さらに6月からはイートインスペースが誕生し、お気に入りのスイーツをその場で楽しめるようにもなった。

オープンから約2カ月にもかかわらず、お客が次々と訪れている『Chocolaterie HISASHI』。夏からはオリジナルチョコレートを使ったチョコレートソフトなども登場予定なので、お楽しみに!

撮影:前田博史


【メニュー】
ガチャP 600円
トリプルショコラ 540円
ガイア71 580円
ボンボンショコラ 290円
※価格はすべて税込

Chocolaterie HISASHI

住所
〒605-0033 京都府京都市東山区夷町166-16
電話番号
075-744-0310
営業時間
11:00~18:00
定休日
月曜日、第1・3火曜日
公式サイト
https://www.chocolaterie-hisashi-kyoto.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

シンガポール発、アートのようなdessertが日本初上陸!世界が注目するデザートバーを体感せよ
シンガポール発、アートのようなdessertが日本初上陸!世界が注目するデザートバーを体感せよ

1.シンガポールで人気のシェフ、ジャニス・ウォンのデザートバーが日本初上陸 2.「edible art」(食べられるアート)とよばれるアートと食の融合を一つのテーマとし、活躍。目を見張るほど美しく、繊細なdessertが魅力 3.dessertと、日本酒やワインなどのお酒のペアリングを提案

dressing編集部

「サロン・デュ・ショコラパリ」で2度グランプリのフランス発ショコラ専門店『シャポン』が自由が丘に上陸
「サロン・デュ・ショコラパリ」で2度グランプリのフランス発ショコラ専門店『シャポン』が自由が丘に上陸

1.アンティークロースターでカカオの味わいを最大限に引き出したBean to bar『シャポン』 2.サロン・デュ・ショコラ パリのグランプリを受賞した自慢のボンボンショコラ 3.『シャポン』デザインの真骨頂! 「瑪瑙(めのう)」をイメージした美しいショコラの中身はサクサクの自家製プラリネ

野山苺摘
グルメライター/フードアナリスト/調理師
呑兵衛のパラダイス武蔵小山の星『豚星』の新展開は何とアメリカンピザという驚き

【連載】幸食のすゝめ #049 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン