ギフト選びのプロがおすすめ! センスの良さで勝負する「ホワイトデー」のお返しスイーツ10選

2019年03月07日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • ショップ・お取り寄せ
  • 手土産
  • バレンタイン
  • 秘書
  • 東京
  • まとめ
  • スイーツ
ギフト選びのプロがおすすめ! センスの良さで勝負する「ホワイトデー」のお返しスイーツ10選
Summary
1.手土産のプロがオススメする、ホワイトデーのお返しにぴったりなスイーツ10選
2.大切なのは、おいしさ、パッケージの高級感、箱を開いたときの華やかさ
3.「チョコレートの花束」や「獺祭チョコ」などの変わり種もアリ!

ホワイトデーのお返し選びに大切な「3要素」とは?

3月14日はホワイトデー。バレンタインに男性陣が浮足立つのと同様、女性にとっても特別な日。
お返しのギフトには、誰もが知っている王道ブランドを選ぶのもよいが、ここはちょっと外して、人とは被らないセンスの良さをアピールするのも良し! おいしさはもちろんのこと、パッケージのデザインや、箱を開いたときのビジュアルの良さが重要なポイントになる。

今回は、日頃さまざまな機会で手土産選びをしている、いわば「プレゼント選びのプロ」である現役秘書たちに、オススメのホワイトデーギフトを紹介してもらった。

どの商品もお取り寄せが可能。ホワイトデーが近づくと、百貨店や催事場の売り場が混みあうので、お取り寄せでスマートに手配するのも賢い方法だ。

1.箱を開けた瞬間にときめく! フルーティな風味が口いっぱいに広がる新食感スイーツ「ギモーヴ」

東京都文京区にある洋菓子店『Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)』。同店で人気を集めているのが「Guimauve(ギモーヴ)」だ。

ギモーヴはマシュマロと混同されがちだが、まったくの別物。マシュマロがメレンゲをベースに作られているのに対し、ギモーヴは果物のピューレがベース。凝縮された果物の風味が口いっぱいにジュワ~ッと広がる、実に甘美なスイーツなのだ。

シックで高級感のあるボックスに敷き詰められた色とりどりのギモーヴは、まるで宝石のよう。箱を開けた瞬間に誰もがときめいてしまう、特別感のあるホワイトデーギフトだ。

<現役秘書の声>
「箱を開けたときのビジュアルが美しく、感動を感じていただけると思います。特に、女性にウケが良さそうです。(製造業 秘書歴15年)」

「見た目の可愛らしさ、箱の高級感、サイズ、持ち運びやすい軽さなど、利用したいと思えるポイントが多いお品です。味も数種類あるので飽きさせず、どなたに贈っても喜ばれると思います。(製造業 秘書歴11年8カ月)」

<商品詳細情報はこちら>
【商品名称】Guimauve
【価格】3,456円(税込)
【内容】25個
【店名】アヴランシュ・ゲネー
【URL】https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00001379/

2.上品なゴールドが大人の女性にぴったり! 代々木公園の人気イタリアンで買える濃厚チョコレート「ジャンドゥイオッティ」

東京・代々木公園駅近くに店を構える人気イタリアン『Ostu(オストゥ)』で手土産として販売されているのが、美食の街・トリノ発祥のチョコレート「ジャンドゥイオッティ」。
カカオとヘーゼルナッツを練り込んだ濃厚なチョコレートで、本場イタリアでは小菓子やお土産として親しまれている伝統菓子だ。

洗練されたデザインの専用バックや、上品なゴールドの包み紙など、まさに大人の女性にぴったりのビジュアル。個包装になっているので、「甘いものを少しずつ食べたい」という女心もしっかりと掴んでいる。

<現役秘書の声>
「ひと粒で満足感が得られるほど濃厚な味わいです。サイズもコンパクトで、カバンに忍ばせられるところはポイントが高いです。特にカジュアルなシーンでの手土産として使いやすいと思います。(商社 秘書歴5年3カ月)」

「個包装になっているチョコレートは意外と少なく、さらにこちらは、金銀の包装で高級感もあり、ポイントが高いです。独特な形も印象に残りそうだと思いました。(商社 秘書歴7年1カ月)」

<商品詳細情報はこちら>
【商品名称】ジャンドゥイオッティ
【価格】2,400円(税込)
【内容】12個入り
【店名】Ostu(オストゥ)
【URL】https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00001376/

3.カラフルな筒状ボックスが可愛い! こっそりデスクに忍ばせたくなる「ビーンズショコラ5本桐箱セット」

大分県湯布院の旅館『山荘 無量塔(サンソウ ムラタ)』が手掛けるチョコレートショップ『theomurata(テオムラタ)』。上質なクーベルチュールと自然の恵みを掛け合わせたショコラが並ぶ同店で人気を集めているのが「ビーンズショコラ」。ピスタチオやコーヒー豆などのナッツ類をチョコレートでコーティングした、ひと口サイズのスイーツだ。

コーティングに使用するチョコレートは、それぞれのナッツに合う組み合わせを厳選。5種がセットになっているため、気分に合わせて食べられるのも魅力。職場のデスクに忍ばせやすいサイズ感も、女性にとっては嬉しいポイントだ。

桐箱入りで高級感を演出しつつ、開けるとカラフルなボックスが顔を出す。そんなちょっとしたサプライズもグッとくる。

<現役秘書の声>
「ボックスがとてもおしゃれなので女性への贈り物として喜ばれそうです。また、ナッツなので甘すぎず、おつまみとしてお酒の好きな方へ差し上げやすいです。様々な味が楽しめるのでご自宅に持ち帰っていただくシーンでも重宝します。(商社 秘書歴8年1カ月)」

「筒状のパッケージが愛らしいですし、軽くて持ち運びも楽なのが魅力的です。見た目がとても華やかなので、外国の方にも喜んでいただけるお品だと感じました。(放送・広告・出版・マスコミ 秘書歴8年3カ月)」

<商品詳細情報はこちら>
【商品名称】ビーンズショコラ5本桐箱セット
【価格】3,900円(税込)
【内容】5本入り
【店名】theomurata
【URL】https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00001273/

4.異なる食感と味のマリアージュが楽しい! センス溢れるビジュアルも魅力の「ギモーヴショコラ」

アーティスティックなスイーツを最先端技術で提供する、六本木のパティスリー『LOUANGE TOKYO』。
同店でオススメなのが、シックな装いの「ギモーヴショコラ」。チョコレートの世界大会「イタリアンアカデミーオブチョコレート」の2004年クーベルチュール部門で世界第1位を受賞した「マラカイボ65%」でギモーヴをコーティングした人気商品だ。

ふわっと軽い食感のギモーヴの下に、薄いパート・ド・フリュイ(フルーツのピューレを固めたゼリー)を重ねた二重構造になっており、異なる食感と味のマリアージュが楽しめる。常温で持ち運べるので、渡すタイミングをはかる必要もない。

<現役秘書の声>
「シャンパンやモヒートを使っているのが珍しいですし、チョコレートともよくマッチしていて、コーヒーやお酒に合いそうです。常温で良いのもポイントが高いです。(コンサルタント・会計・法律関係 秘書歴2年6カ月)」

「中のゼリーがジューシーでとてもおいしいです。六本木にしかお店がないとのことで特別感・話題性があります。デザイン性が高いので、おしゃれでグルメな方との会食時に手配したいです。(電気・ガス 秘書歴4年3カ月)」

<商品詳細情報はこちら>
【商品名称】ギモーヴショコラ
【価格】2,376円(税込)
【内容】5個
【店名】LOUANGE TOKYO
【URL】https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00001117/

4.いろんなお菓子を少しずつ食べられる! 女性のワガママを叶える「ミニャルディーズ 6個セット」

南青山にあるミニャルディーズ専門のパティスリー『UN GRAIN(アン グラン)』。ミニャルディーズ(mignardises)とは、フランス語で「可憐さ」「上品さ」などの意味を持ち、食後にいただくひと口サイズの菓子を指す。

「ミニャルディーズ 6個セット」は、同店のオススメ焼き菓子を詰め合わせたもの。バターをふんだんに使用した「ガレット ブルトンヌ」、プロヴァンス風ハーブを効かせた塩味の「マカダミア プロヴァンサル」、果汁たっぷりでジューシーな「パートドフリュイ」など、甘いものからしょっぱいものまで、さまざまな味わいが楽しめるのが嬉しい。

「いろいろな味を少しずつ食べたい!」そんな女性のワガママを叶えてくれる商品だ。

<現役秘書の声>
「5種それぞれが個性のある味で楽しめます。お茶菓子として、お酒のおつまみとして等々、海外の方など好きそうです。パッケージがおしゃれです。(製造業 秘書歴9年)」

「見た目がとてもオシャレで、知っている人にはわかるお店なので、話題になると思います。甘いのと辛いのが両方あるのでよいです。(建設業 秘書歴2年7カ月)」

<商品詳細情報はこちら>
【商品名称】ミニャルディーズ 6個セット
【価格】2,511円(税込)
【内容】焼菓子 6個入り
【店名】UN GRAIN
【URL】https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00000930/

6.和のショコラと、コク深いフィナンシェの共演! 八芳園のスイーツショップの新商品「KOGASHIショコラ」

東京・白金にある人気結婚式場『八芳園』が、「日本の四季、八芳園の季節を持って帰っていただきたい」というコンセプトで作ったオリジナルチョコレートブランド「kiki(季季)」。

2018年9月に新発売となった「KOGASHIショコラ」は、和テイストのなめらかなチョコレートを合わせたフィナンシェ。フィナンシェといえば、味の決め手は焦がしバターとアーモンドプードルだが、本商品のおいしさの秘密は「和クルミ」。

日本の固有種である岩手県釜石産天然和クルミを贅沢に使い、バターはクリーミーで濃厚な蒜山(ひるぜん)ジャージーバター。沖縄黒糖和三盆の上品な甘さを加え、コク深くキレの良いフィナンシェに仕上がっている。トッピングのやわらかな曲線も上品な印象を演出してくれる。

<現役秘書の声>
「見た目がおしゃれで洗練されているので、特に女性の方にお贈りすれば、とても喜ばれそうです。(製造業 秘書歴6年11カ月)」

「話題性、華やかな見た目、高級感、サイズ感、価格、と全てが利用しやすいです。“日本らしさ”もあるので、海外ゲストにお贈りしても喜んでいただけると思います。(製造業 秘書歴5年6カ月)

<商品詳細情報はこちら>
【商品名称】しゅんかしゅうとうkiki  KOGASHIショコラ ~HAMON~
【価格】1,296円(税込)
【内容】桜、竹炭、酢橘、酒粕 各1個入り
【店名】ANNIVERSARY GARDEN
【URL】https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00001398/

7. 深いブルーの缶が素敵! 190年の歴史をもつ老舗ブランドの「チョコレートアソート 16粒」

3世紀に渡り人々に愛され続ける、イタリア・トリノの老舗チョコレートブランド『カファレル』。1865年に、焙煎したヘーゼルナッツとカカオを配合した「ジャンドゥーヤ」を世に送り出してから、世界中のグルマンを魅了し続けている。

今回紹介する「ベル・ブルー」は、大人向けのチョコレートアソート。深く上品なブルーの缶に、「ジャンドゥーヤ」と「ジャンドゥーヤビター」を各5粒、2種類の「ヘーゼルナッツ入りキューブ型チョコレート」を各3粒、計16粒をアソート。

コーヒーや紅茶に限らず、お酒とのマリアージュも楽しめる。本格志向の大人の女性に贈りたいチョコレートギフトだ。

<現役秘書の声>
「見た目も味もよく、高級感を感じさせてくれます。心がこもっていることが伝わり、とても良いと思いました。(卸・小売業 秘書歴1年6カ月)」

「値段もお手頃で使いやすく、味も申し分ありません。高級感のあるパッケージで、食べていただきやすい、分けていただきやすい包装、量がとても良いです。(運輸 秘書歴15年)」

<商品詳細情報はこちら>
【商品名称】ベル・ブルー
【価格】3,240円(税込)
【内容】チョコレートアソート 16粒
【店名】Caffarel カファレル
【URL】https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00001039/

8.ヘルシー志向の女性はこれで決まり! グルテンフリー&低糖質なクッキー詰め合わせ「コンフェクションGIFTコレクション」

ヘルシー志向の女性に人気のスイーツブランド『コンフェクション』。西麻布に店を構える同店の魅力は、なんといってもグルテンフリー&低糖質なスイーツを楽しめること。
小麦の代わりに大豆粉、国産おから、ナッツパウダーを使用。防腐剤や人工着色料などの添加物も使用していないので、健康志向の女性にぴったりのチョイス。

なかでもオススメなのが、「コンフェクションGIFTコレクション<ボローニャ>」。甘い系としょっぱい系のクッキーを詰め合わせた、後を引くおいしさのセットだ。

いつもは間食を我慢している女性でも、このクッキーなら罪悪感なくおやつタイムを楽しむことができる。そんな贅沢で“非日常”な時間をプレゼントしてあげることこそが、大人の気遣いといえるのでは?

<現役秘書の声>
「“グルテンフリーだと味はあまり良くない”という固定観念を覆してくれました。健康を気にされている方への手土産に重宝します。甘い味としょっぱい味がセットになっている点も、喜ばれそうです。(製造業 秘書歴4年)」

「甘い味としょっぱい味がどちらも楽しめるので、好みを知らない方にも贈りやすいです。グルテンフリーなので健康にも気遣うことができ、見た目もお洒落で、特に女性に贈りたい一品です。(不動産業 秘書歴7年3カ月)」

<商品詳細情報はこちら>
【商品名称】コンフェクションGIFTコレクション<ボローニャ>
【価格】3,000円(税込)
【内容】カラリズム ボール:2パック(スノー1パック、ストロベリー1パック、各55g)ソイリズム ボール:2パック(カリー1パック、パプリカ1パック、各55g)
【店名】コンフェクション 西麻布
【URL】https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00001414/

9.お酒好きに喜ばれる! 日本の銘酒「獺祭 磨き二割三分」を贅沢に使用した「獺祭ショコラ」

Bean to bar(ビーントゥバー)という言葉がよく聞かれるようになったが、カカオ豆の選定、焙煎からショコラに仕上げるまでを一貫して行う職人は、実は世界でも数えるほどしかいない。
15年の歴史をもつ『CHOCOLATIER PALET D’OR(ショコラティエ パレ ド オール)』は、2014年よりカカオ豆の選定から加工すべてを担うプロジェクトをスタートしたチョコレートブランド。

なかでも注目を集めているのが、日本が誇る銘酒「獺祭 磨き二割三分」を使用した「獺祭ショコラ」。米の磨きの高さから醸し出される華やかな香りと芳醇な味、それを引き締める酸味が一体となったバランスの良いボンボンショコラだ。

粗塩で日本酒の吟醸香を際立たせたミルクタイプと、日本酒の酸味とカカオの苦みのマリアージュが絶妙なビタータイプの2種類を詰め合わせ。
カカオ豆の選定から手掛ける同店でしか引き出せない、獺祭とカカオのマリアージュを楽しんでほしい。

<現役秘書の声>
「有名店が作る日本酒のチョコレート、というだけでも話題性があります。(情報通信・IT 秘書歴18年11カ月)」

「日本酒好きの方に、ぜひ贈りたいと思いました。口溶けが良く、獺祭の香りも上品で、とてもおいしかったです。(建設業 秘書歴2年)」

<商品詳細情報はこちら>
【商品名称】獺祭ショコラ
【価格】2,484円(税込)
【内容】6個入
【店名】CHOCOLATIER PALET D’OR(ショコラティエ パレ ド オール)
【URL】https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00001230/

10.チョコレートの花束!? もらってびっくり、食べてうっとりな「ボンボンキャラメル ブーケ」

浅草、銀座、東京駅構内に店を構えるスイーツ専門店『NOAKE TOKYO(ノアケトウキョウ)』。同店で人気のギフトが、まるで花束のような「ボンボンキャラメル ブーケ」。

見た目のインパクトはもちろんのこと、味にもこだわりが。果物本来のおいしさを最大限生かすために、まずは果実のピューレをじっくりと煮詰め、とろとろのキャラメル状ソースに。風味を凝縮させたソースと、それぞれに合うチョコレートを組み合わせているので、口に入れた途端、甘みと酸味が瞬く間に広がり、至福の瞬間が訪れる。

誰もが驚く“食べられるブーケ”で、ホワイトデーをロマンチックに演出してみては。

<現役秘書の声>
「サプライズ性があるので、女性にウケが良さそうです。見た目の可愛さだけではなく、味もとてもおいしいです。食べたことのない味で、とてもこだわって作られているのが伝わります。(製造業 秘書歴15年)」

「見た目にインパクトがあるお品ですので、若い方や、SNSを利用していそうな方への贈り物にピッタリだと思います。(情報通信・IT 秘書歴6カ月)」

<商品詳細情報はこちら>
【商品名称】ボンボンキャラメル ブーケ(15本)
【価格】3,850円(税込)
【内容】15本
【店名】NOAKE TOKYO
【URL】https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00001370/

手土産のプロが厳選した、ホワイトデーにオススメのスイーツを10種類紹介した。どの商品も個性が光るうえ、女性が喜ぶポイントを押さえたものばかり。

ギフト選びの「センス」とは、いわば想像力のこと。プレゼントを渡す女性は、普段どんなことに興味を持っているのか。なにを渡したら喜んでくれるのか。どんなシチュエーションが好ましいか。その女性を思い、想像力をはたらかせて選んだギフトであれば、かならずや喜んでもらえるはず。

ホワイトデーは年に一度、日頃の感謝の気持ちを伝えるチャンスの日。期待を超えるギフトを贈って、想いを伝えてみよう。



【データ提供元】
~約36,000人の秘書室会員が集うネットワーク~
「こちら秘書室」
接待・会食などの大切なビジネスシーンにぜひご活用ください。

【書籍発売のお知らせ】
現役秘書のみなさまが選んだ手土産の決定版
『「こちら秘書室」公認 接待の手土産 2018-2019 (日経ムック)』が、全国の書店・オンライン書店にて発売中です!

関連記事

「おいしさ・個包装・日持ちの良さ」が重要! 手土産選びの条件をパーフェクトに満たす「和菓子」4選
「おいしさ・個包装・日持ちの良さ」が重要! 手土産選びの条件をパーフェクトに満たす「和菓子」4選

1.手土産選びのプロ・現役秘書が自信を持ってオススメする「和菓子」4選 2.「賞味期限が1カ月以上」「個包装」など、もらった相手への気遣いを感じる商品ばかり 3.2,000円台~5,000円台までをラインナップ! お取り寄せできるのも嬉しいポイント

dressing編集部

【ホワイトデーにおすすめ】2018年に都内&神奈川にオープンした、注目「パティスリー」4選
【ホワイトデーにおすすめ】2018年に都内&神奈川にオープンした、注目「パティスリー」4選

1.名店で経験を積んだ敏腕シェフパティシエたちによる新店がぞくぞく誕生 2.2018年にオープンした、都内&神奈川でいま注目のパティスリーをまとめて紹介! 3.絶品フルーツから、チョコレートや"香り"にこだわる店まで、自分へのご褒美に、手土産にもおすすめの厳選4店

dressing編集部