ふんわりなめらか「ショートケーキ」がスペシャリテ! 名門ホテル出身パティシエのスイーツ店『たがやす』

2019年03月11日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • 人形町
  • スイーツ
  • 洋菓子
ふんわりなめらか「ショートケーキ」がスペシャリテ! 名門ホテル出身パティシエのスイーツ店『たがやす』
Summary
1.下町情緒あふれる東京・人形町に、和の要素を取り入れたフランス洋菓子店がオープン
2.「ザ・リッツ・カールトン大阪」などで修業を積んだパティシエの自家製スイーツ
3.国産原料にこだわった「ショートケーキ」が人気のメニュー

和の要素を取り入れたフランス洋菓子店『たがやす 人形町店』

江戸時代に“江戸歌舞伎発祥の地”として栄えた東京・人形町は、今でも下町情緒あふれる街並み。安産祈願として有名な「水天宮」を中心に、数々の神社が集まっているのも街の特徴だろう。

そんな街に2018年12月、フランス洋菓子店がオープンした。

店名は『たがやす 人形町店』という。東京メトロ・人形町駅または水天宮前駅から徒歩3分ほどの場所にあり、「水天宮」からも徒歩約4分とアクセス良好のエリアにある。

街の雰囲気に合わせ、洋風な店内に暖簾を設置するなど、随所に和のテイストを取り入れている。

同店では、名門ホテル「ザ・リッツ・カールトン大阪」などをはじめ、レストランパティシエとして30年以上の経歴を持つ中根一(まこと)さんがチーフパティシエを、メニュー構想には、フランスの『Un Dimanche a Paris(アン・ディマンシュ・ア・パリ)』などパリ市内でパティシエをしていた松下悟史さんが務める。

人気メニューは、国産原料にこだわった「ショートケーキ」

メニューにも人形町らしく、和のテイストを取り入れている。

人気メニューは「ショートケーキ」(写真上)。原料を国産にこだわった一品だ。砂糖にはきび砂糖を使用している。

ずっしりとふわふわの間である“ふんわり食感”の生地は、口当たりなめらか。それでいてお値段は480円(税込み)とお手頃なのもうれしい。

「他には売っていないメニューだと思います」と中根氏が自負するのは、「ブラウニー&チーズケーキ(スフレ)」(写真上)。サクサク食感のブラウニーと、しっとり食感であるスフレチーズケーキのコントラストが楽しめる一品だ。半焼き菓子+半生菓子の組み合わせがおもしろい。

より和の要素を取り入れているのは「人形町巻き」(写真上)。ロールケーキだが、クリームの中には求肥(ぎゅうひ)や小豆が入っている。これらが食感のアクセントになっているのだ。

色使いがきれいな「エリザ」(写真上)も人気のメニュー。こちらはパティシエ・松下さんのインスピレーションのもと生まれた完全創作のケーキ。フロマージュのムースをストロベリーチョコレートでコーティングし、中にはベリー系のソースが入っている。見た目以上に軽い口当たりで、ほどよいベリーの酸味がクセになる。

他にも、枡が容器になり、ココアパウダーで「耕」と描かれた「枡ティラミス」(写真上・左)や、今年ブレイク中のルビーチョコレートを削った可愛らしい見た目の「ヴィオレ」(同・右)、ホールケーキ(写真下)など、さまざまなスイーツをそろえる。

メニューは1カ月ごとに新作が登場する予定。また焼き菓子の種類も充実しているため、手土産の購入にもうってつけだ。

「1号店として種をまいて耕し、ここから大きく発展していきたいという意味を込めて、店名を『たがやす』にしました」と中根さん。今後の展望は未定とのことだが、将来的には2号店誕生もありえそうだ。

下町情緒あふれる人形町で、和のテイストを取り入れた洋菓子を堪能してみてはいかがだろうか?


【メニュー】
ショートケーキ 480円
ブラウニー&チーズケーキ(スフレ)480円
人形町巻き 420円
エリザ 480円
枡ティラミス 650円
ヴィオレ 480円
生デコレーションケーキ(5号)3,300円
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。また、価格はすべて税込です

たがやす人形町店

住所
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-2-3 堀口ビル1F
電話番号
03-6810-7930
営業時間
平日・土曜 11:30~19:30、日曜・祝日 11:00~19:00
定休日
不定休(水曜予定)※ホームぺージをご確認下さい
公式サイト
http://tagayasu.shop/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

『エスコヤマ』で叶う!大切な人に贈る、パティシエと共につくる「1点モノのデコレーションケーキ」
『エスコヤマ』で叶う!大切な人に贈る、パティシエと共につくる「1点モノのデコレーションケーキ」

1.人気パティスリー『パティシエ エス コヤマ』の敷地内に、デコレーションケーキ専門店が誕生 2.パティシエがお客様の思いをヒアリングして、デザインや味に表現 3.『dressing』をイメージするデコレーションケーキを実際にオーダーしてみると…?

茶野真智子
ライター
あのレディー・ガガも大絶賛したデザイナー監修! アートな空間に心躍る、新感覚のベーカリーカフェが誕生
あのレディー・ガガも大絶賛したデザイナー監修! アートな空間に心躍る、新感覚のベーカリーカフェが誕生

1.アーティストの舘鼻則孝氏が空間デザインを手がけたベーカリーカフェ&レストランが誕生 2.「ザ・リッツ・カールトン大阪」出身シェフがこだわりぬいたパンは必食! 3.休日のランチやディナーはオーガニック野菜たっぷりのフレンチがいただける

千葉泰江
ライター