シンプルだからこそ奥が深い! 素材と技術にこだわりぬいた、東京そばの名店4選

2019年12月28日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • そば
  • 東京
  • 外苑前
  • 代々木八幡
  • 新宿
  • 銀座
シンプルだからこそ奥が深い! 素材と技術にこだわりぬいた、東京そばの名店4選
Summary
1.「東京のそば」がうまい! 素材も技術もこだわりぬいた、東京のそば店を厳選して紹介
2.『ミシュランガイド東京』に11年連続掲載された店の店主が営む、秘密の隠れ家
3.そば店の〆は「そばプリン」? そばを活かした意外なメニューにも注目

シンプルがゆえに奥深い「そば」の世界

古く奈良時代以前より日本に伝来し、以来さまざまな食べ方で親しまれてきた「そば」。日本人のソウルフードのひとつといっても過言ではないだろう。

そば粉とつなぎと水をこね、切り出し、茹で上げる、という実にシンプルな製法ゆえに、素材の選び方や打ち方によって驚くほど個性がでる。さらにそばつゆ、酒、つまみなどでも味わいが変化するので、似ているようで、店ごとのカラーはまったく異なる。

今回は、あなたのそば通レベルを高みへと引き上げてくれる、おすすめのそば店6店を紹介。

【外苑前】和の料理人の目利きと手仕事が存分に活かされたそばを堪能あれ。『神宮の蕎麦』

2020年に向けて注目を集め、流行を牽引する渋谷区神宮前エリアにある、手打ち十割そばの店『神宮の蕎麦』。『ミシュランガイド東京2020』で二つ星を冠する日本料理店の店主が手がける店だ。

日本料理を追求する料理人が打つそばだからこそ、ひとつひとつの素材への目利き、調理方法、器に至るまでも、妥協のないこだわりが光る。

おすすめは、フランス産シャラン鴨を使った“鴨せいろ”。高級食材であるブランド鴨とかつおだしのうまみが絶妙に調和した自慢の逸品。

そば以外にも、「まさかそば店で出逢えるなんて…」というこだわり食材が使用された一品料理も要チェック。他にはない特別なそばを食すなら『神宮の蕎麦』で間違いない。

神宮の蕎麦

住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-3-30 神宮前ベーシックビル1F
電話番号
03-6434-7234
営業時間
11:00~16:00(L.O.15:30)、17:00~21:00(L.O.20:00)
定休日
月曜 ※不定休あり
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/2p9828rh0000/
公式サイト
https://jingunosoba.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

【六本木】古来から変わらぬ味を。「在来そば」にこだわる『蕎麦おさめ』

在来種とは、古くから存在する作物の中でも、現代的な品種改良や交配をしていない昔ながらの品種のこと。その土地の個性や気候風土が強く表れているので、好んで使う料理人も多い。そんな在来種のそばにこだわったのが『蕎麦おさめ』だ。

「在来そば」のもつ力強さを活かすため、やさしく、ストレスをかけないようにそばを打つ、という店主の納さん。香りや風味の強い「在来そば」の気持ちを汲んで作られているので、せいろもかけも、つゆとのコンビネーションは抜群。そばの魅力を余すところなく味わえる一品に仕上がっている。

「在来そば」は、栽培する生産者も少なく流通量が少ないため希少。一度食べれば、忘れられない味になるはずだ。

蕎麦おさめ

住所
東京都港区西麻布1-7-2 アデッソ西麻布2F
電話番号
050-3468-5506
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
月~土
18:00~24:00
(L.O.23:00)
24時までの営業ですが、蕎麦がなくなり次第閉店する場合もございます。予めご了承下さい。
定休日
日曜日
祝日
※土曜日は不定休(当店まで確認のお電話御願い致します)
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/87hhbxe40000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

【曙橋】天ぷらそばならぬ、天ぷらの〆のそば。一日一組限定の天ぷら専門店『天ぷら 蕎楽亭』で食す最高のそば

そばと天ぷらは、出逢う前から決まっていた“最高の相性”で結ばれていると言っても過言ではない。さっくり、ふわっと揚がった天ぷらを堪能した〆に、清涼感あふれるそばをツルッ。そんなこの上ない至福の味わいを体験できるのが、一日一組限定の特別なそば店『天ぷら 蕎楽亭』だ。

『ミシュランガイド東京』に11年連続で掲載される有名そば店が、完全予約制で営む天ぷら専門店。ここでは、天ぷらコースの〆にそばが供される。

〆と聞いて侮るなかれ。粗挽きのそば粉十割の「田舎そば」と「並」、さらにはひやむぎにうどんまで。そのどれも、そばや小麦のうまみ、香り、口当たりが存分に楽しめ、しみじみ「日本人でよかったなぁ」と思えるのである。

天ぷら 蕎楽亭(きょうらくてい)

住所
〒162-0055 東京都新宿区余丁町1-14 須賀ビル1階
電話番号
03-6755-2500
営業時間
希望の時間 ※ただし来店日の3日前までに要予約
定休日
土曜
公式サイト
https://www.facebook.com/%E5%A4%A9%E3%81%B7%E3%82%89-%E8%95%8E%E6%A5%BD%E4%BA%AD-462144800660190/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

蕎楽亭

住所
東京都新宿区神楽坂3-6 神楽坂館1F
電話番号
03-3269-3233
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間

17:00~21:00
(L.O.20:30)

火~土
昼の部 11:30~15:00
(L.O.14:30)
夜の部 17:00~21:00
(L.O.20:30)
定休日
日曜日
祝日
※その他、不定休日あり
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/gc23000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

【銀座】そばを使ったプリンが絶品! そばの新しい可能性を魅せてくれる『銀座sasuga琳』

自分を食いしん坊だと自負する人は多いが、こと料理人は食いしん坊だらけだ。そんな料理人を虜にするそば店が、『銀座sasuga琳』。

最後の一滴まで飲み干せるつゆと、キリッとしまったそばで挑む「ひやかけ」のうまさ、潔さは説明がいらないほどだが、ここで人気を集めるのはそばだけではない。

それは、意外にも「プリン」だ。卵のなめらかなおいしさをぎゅっと凝縮させた、食感しっかりめのプリンで、カラメルは濃く苦め、さらに炒ったそば茶がトッピングされている。
クリスピーな食感と香ばしさがプラスされたプリンは、デザートとしてではなく、日本酒やハイボールなどにも合う、と評判。コースのしめくくりまでを楽しみに、主役のそばを味わうのも一興だろう。

流石 琳

住所
東京都中央区銀座1-19-12 銀座グラスゲートB1
電話番号
050-3466-8070
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
火~金
18:00~22:00
(L.O.21:00)

土・日・祝日
12:00~15:00
17:00~20:00
(L.O.19:00)
定休日
月曜日
※12/31は蕎麦が売切れ次第終了
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/bgt8p81e0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。