サブカルの聖地・中野ブロードウェイで昭和を感じてほっこりできる、大衆天ぷら『住友』のかきあげ丼

【連載】クレイジーケンバンド小野瀬雅生の想う店・想う味 第29回 クレイジーケンバンドのギターにして、その食情報の確かさで多くのグルメなファンも持つ、小野瀬雅生さん。彼の愛する店、どうしても食べたくなる料理を教えていただく。

2017年03月06日
カテゴリ
賢人コラム
  • 中野
  • 天ぷら
  • 連載
サブカルの聖地・中野ブロードウェイで昭和を感じてほっこりできる、大衆天ぷら『住友』のかきあげ丼
Summary
1.マニアックなサブカルの聖地・中野ブロードウェイにある由緒正しき大衆天ぷらの店
2.元東京都知事・青島幸男も贔屓にしていたという50年つづく、昭和を感じる店
3.一番人気はゴボウの存在感がきわだつうまさのかきあげ丼

子供の頃からウルトラマンが大好きです。正確に申しますとウルトラマンなどのウルトラシリーズに登場した怪獣や宇宙人たちが大好きです。今でも怪獣を見れば名前は全て云えます。ウルトラマンレオまででしたら怪獣とその登場回のエピソードも全てお話出来ます。80は飛ばして(現在データ脳内入力中)ティガ、ダイナ、ガイアはほぼコンプリート。以降のウルトラマンは勉強中です。今はDVDとかを買いそろえなくてもアマゾンプライムってヤツでどれもこれもスマホで視聴出来ちゃう。何だか便利なような気忙しいような色々な気分になります。それで今は毎晩馴染みのない80とかメビウスとか少しずつ観てから寝るようにしています。もうこれは一生やめられない止まらない。ウルトラセブンなんてレーザーディスクまで持ってますもの。回によっては劇中の台詞まで覚えちゃっているのもあります。何度観ても、何度観直しても、飽きない。怪獣や宇宙人が出たら子供の頃と同じようにちゃんとワクワクします。

中野ブロードウェイというマニアックな空間

しかしながら、これだけ好きでもソフビとかフィギュアとかのコレクター方面には行かないんです。怪獣カードとか集めた時期もありましたが、どうも整理が出来ないと云うか面倒くさくなっちゃうと云うか、とにかくダメなんですね。蒐集に向いていない。私はそう云う人間です。でも名前はとにかく覚えたい。ウルトラ怪獣だけでなく、怪獣全般ゴジラでもガメラでもドンと来い。仮面ライダーの怪人もキカイダーのダークロボットも鬼太郎の妖怪も大体覚えています。それだけでなく最近ではプロ野球12球団の全選手の名前と成績などのデータが頭に入っています。アメリカ大リーグも有名選手は大体クリア。後はモチロンですが海外のバンドやミュージシャンの名前もたっぷり入っていますし、コレに関しては曲のデータなどもかなりあります。他にも動植物やら魚やらの名前もかなり入っています。

なのに実生活で会った人の顔と名前を全然覚えられないのはどうしてなんでしょうか。興味が薄いから、なんてそんな身も蓋もないことを仰らずに。ウマイやり方を今度そっと教えてください。
そんな収集癖の薄い私でも興奮してしまうのが中野ブロードウェイのマニアックなお店の数々。ちょっとレトロな映画のポスターとか昔のレコードとかを目にするとやっぱりワクワクします。

有名人からも贔屓にされてきた、50年続く老舗の大衆天ぷら

そんな中野ブロードウェイの2階に50年近く営業されている天ぷら屋さん『住友』があります。それこそ中野ブロードウェイの上層階に住んでいた元国会議員で元東京都知事で作詞家でも有名な故青島幸男さんも贔屓にしたと云う、歴史とか由緒あるとまではいきませんが、昭和と云う時代を感じられるお店です。ちなみに青島さんはウルトラマンのギャンゴが登場した回に出演されてました。あと天才バカボンのパパの「国会で青島幸男が決めたのか?」と云うフレーズも印象深い。そんなことはどうでもよろしい。でもわかっちゃいるけどやめられない。

『住友』を知ったのはここ10年くらい。クレイジーケンバンドが中野サンプラザでコンサートをやる時は必ず伺っております。こちらの一番人気はかきあげ丼。このかき揚げがとても面白い。エビやニンジンが目立ちますが、食べていると突然現れるゴボウの一片の存在感にビックリさせられます。ほんの一片なのに味も香りもとても強く感じられる不思議。世の中で一番エライのは青島幸男ではなくゴボウなのではないかと考えたりもします。

不思議な食感の理由は、レタス!

その他にもちょっと不思議な食感のパーツがあったので尋ねてみましたらレタスだと教えられてまたビックリ。そんなかきあげ丼はタレの味が甘すぎず辛すぎずで絶妙にストライク。サクサククリスピーなんて全くお呼びでないソフト天丼系。一心不乱に丼を掻き込めば昭和にワープでウマウマウー。完璧ではないけれどその余白にこそ愛が宿る。天ぷら定食も単品でオーダー出来る天ぷらも昭和的価格帯でリーズナブル。アニメや特撮の世界の中に奇跡的に残っている昭和の佇まい。これからもずっとこの場所で世界の平和を見守ってください。美味しかったです! 御馳走様でした!

住友

住所
〒164-0001 東京都中野区中野5-52-15
電話番号
03-3386-1546
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/h7tkkyp20000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

なぜ正月に「雑煮」を食べるのか? 日本人なら知っておきたい、雑煮のルーツと江戸雑煮のおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
なぜ年末に「年越しそば」を食べるのか?【日本料理研究家/江戸懐石近茶流嗣家・柳原尚之】

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載では、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピを随時紹介します!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
【dressing読者は期間限定で入店可能に!】オトナが注目する街・四谷荒木町の紹介制隠れ家

【連載】幸食のすゝめ #055 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
「日本酒」選びに迷ったら? 騎士団オフィシエがこっそり教える、年末年始に飲むべき旨い「日本酒」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯3:年末年始にオススメの「日本酒」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC