「ワイン」選びに迷ったら?ワインナビゲーターが死ぬまでに飲んでおきたい、コスパ抜群な「新世界ワイン」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」
♯4:アルゼンチン・メンドーサのオススメ「ワイン」

2018年02月09日
カテゴリ
賢人コラム
  • ワイン
  • 食知識
  • 食文化
  • プレミアム記事
  • 連載
「ワイン」選びに迷ったら?ワインナビゲーターが死ぬまでに飲んでおきたい、コスパ抜群な「新世界ワイン」
Summary
1.クオリティが高く、コストパフォーマンスのいいワインが味わえる「アルゼンチン・ワイン」
2.自然に恵まれた環境で育まれたアルゼンチンらしさを表現する「トロンテス」と「マルベック」
3.ワインナビゲーターがオススメする、アルゼンチン・メンドーサの「ワイン」5選

ワインナビゲーターが教える、アルゼンチン・メンドーサのオススメ「ワイン」

ワイン消費量世界5位というワイン大国であるアルゼンチンの約7~8割のワインを生み出す街・メンドーサ。今回は、シャンパーニュ専門WEBマガジン『シュワリスタ・ラウンジ』編集長であり、酒旅ライター兼ワインナビゲーターでもある岩瀬大二氏が実際にメンドーサに訪れ試飲した、日本でも味わえるオススメのワインを紹介していただいた。

アルゼンチンのワインは妄想を掻き立ててくれること間違いなし!

「死ぬまでに見るべき絶景」や「人生でやっておきたい10のこと」なんていうトピックスがよくあるが、僕にとってそのひとつが、ワイン畑からアンデスを望めるメンドーサという場所にいき、そこでワインを味わうことだった。

ワインを味わうことは、風景を味わうこと。だからワインを求めて旅に出る。日本、世界、ワインのある場所に行った、その体感と記憶は瞬間で終わるわけではなく、ホームタウンに帰ると不思議に増幅される。風の硬さ、柔らかさ、強さ、涼やかさ、土や木々の匂いに、ワイナリーでなついてきた犬の息の暖かさに撫でた毛の感触。女性でも男性でも、彼女たち、彼たちと過ごした時間。ワインを飲んだ時にそれを思い出すこともあれば、それを思い出すことで飲みたくなるワインもある。

もちろんまだ足を踏み入れていない憧れの場所でもいい。ワインを飲み、その土地の物語を思い浮かべながら飲めば、もうそこにいったようなもの。本気の妄想へと誘ってくれる。僕も実際にメンドーサを訪れるまで、アルゼンチンのワインを飲んで、妄想を大いに膨らませていた。そしてその妄想のメンドーサを、アルゼンチンのワインは掻き立て続けてくれていた。

アルゼンチンの約7~8割のワインを生み出す場所。それがメンドーサ

大西洋岸の首都ブエノスアイレスから西へ遥か1,060kmほど。アンデス山脈に抱かれた街メンドーサは、ワイン消費量世界5位というワイン大国であるアルゼンチンの約8割のワインを生み出す場所だ。標高700mから3,000mとブドウ畑としては世界最高の標高で育まれるブドウ、そこから造られるワインは、朝、昼、夜、季節による寒暖差と存分な日射量、年間200mlというごく僅かな降雨量(東京でいうならばだいたい9月、1カ月分で降ってしまう程度だ)、乾きながらもアンデスの万年雪の潤いを含んだ心地よい風、豊富でピュアでクリーンな雪解け水を利用した灌漑(かんがい)によって、人工的にオーガニックなブドウ栽培をしなくても、自然にオーガニックで行えるという恵まれた環境にある。

僕が訪れた9月は、美しく澄んだ青空と、自由に空を泳ぐ白い雲にアンデスの永遠の白のコントラスト。それはまさにアルゼンチン国旗、そして代表サッカーチームのユニフォームを見るようだった。

アルゼンチンらしさを表現するブドウ品種についても紹介しておこう。

代表的なものは白では「トロンテス」、赤なら「マルベック」だ。「トロンテス」は、ゆるやかな飲み口と桃や洋梨に少しライチなどを感じる清らかで優しいテイスト。明るい午後にちょうどいい。

「マルベック」はもともとフランス南西部生まれ。ここで造られる「マルベック」のワインは、黒ワインという異名も持つ。渋くてタイトなタンニンは、まさに男の世界。しかし、時間の変化とともに少しずつ甘くはないが優しい表情も見える。ハードボイルド映画の主人公を思わせる存在だ。

アルゼンチンの「マルベック」はこれとは反対に、最初の口当たりやアロマは優しくゆるやかで、伸びやかな果実味を感じるけれど、時間の経過とともに力強さやストイックさを感じられる。意外に骨太で芯が強く、でも最後まで優しい表情は変わらない。こういうワインは気がついたときには酔いが回っているという点でやっかいなのだけれど、それがまた幸せであることは間違いない。

他に、世界でも話題になっていくことが予想される「カベルネ・フラン」。ボルドーで名を知られたブドウだが、メンドーサの気候、風土によく合っていて、エレガントでありチャーミング。軽やかさがありながらもじわじわとエネルギーが湧いてくる。

日本の洋食メニューとよく合うワイン、それが「トロンテス」と「マルベック」

食とのペアリングでいえばアルゼンチンは牛肉の国。ステーキと「マルベック」の組み合わせは極上。脂身の少ない赤身肉を、厚切りにしてシンプルな味付けで。お互いの旨み、甘みを引き出す関係だ。

「トロンテス」、「マルベック」とも日本の洋食メニューとよく合う。グラタン、ミートパイ、煮込みハンバーグに、ロールキャベツならデミソース(赤)でもクリームソース(白)でも。

「マルベック」は中濃ソースやお好み焼きソースでもいける。メンチカツにソースをかけた食パンのサンドイッチを豪快にほおばりながらの「マルベック」も楽しい。

大生産国でありながら国内消費によって長らく世界に出てこなかったアルゼンチンワインだが、2000年代に入って日本でも続々とクオリティが高く、かつコストパフォーマンスのいいワインが味わえるようになった。そこで、僕自身が実際に訪問して印象的だったワイナリーを紹介しつつ、すでに日本でも味わえるいくつかのワインを下記に紹介しよう。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

フレンチ仕立ての絶品「餃子」に騎士団オフィシエも唸った、最強のマリアージュを仕掛けた一軒!

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯5:「餃子」と「シャンパーニュ」のマリアージュ

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
「いなり寿司」は関東と関西で形が違う!?「初午」(はつうま)の2/7にこそ知るべき、いなり寿司の由来

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
なぜ節分に「恵方巻き」を食べるのか? 全国に広まった理由は? 恵方巻きのルーツとおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
全国200以上の蔵を訪問した、唎き酒師・女子アナがこっそり通う、ヒミツの日本酒酒場『サケストーリー』

唎酒師、一級フードアナリストの資格をもち、大の日本酒好きとして各メディアで活躍中のフリーアナウンサー・あおい有紀が、選りすぐりの和酒のお店を訪れ、お店とお酒、人の魅力に迫る! #1:『SAKE STORY』

あおい有紀
フリーアナウンサー/一級フードアナリスト/酒サムライ/唎酒師/焼酎唎酒師
なぜ正月に「雑煮」を食べるのか? 日本人なら知っておきたい、雑煮のルーツと江戸雑煮のおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰