人気の「とうもろこしご飯」はホタテを入れるともっとおいしくなる!夏野菜たっぷり炊き込みご飯レシピ3選

カテゴリ
レシピ
  • 和食
人気の「とうもろこしご飯」はホタテを入れるともっとおいしくなる!夏野菜たっぷり炊き込みご飯レシピ3選
Summary
1.人気の「トウモロコシご飯」や「トマトご飯」にちょい足し!
2.旬の野菜や魚介を組み合わせて栄養満点!
3.食卓を彩る華やかな色合いも魅力のひとつ

ここ数年、トウモロコシやトマトなど、夏野菜をまるごと炊き込んだ、シンプルな味付けの炊き込みご飯が人気。白米と一緒に炊き込むだけの手軽さから、試したことがある人も多いのでは?

そこで今回は、定番人気になりつつある「トマトご飯」「とうもろこしご飯」「新生姜ご飯」をさらにおいしくする、簡単なちょい足しアレンジをご紹介。
「具材一種類の炊き込みご飯では物足りない!」と思っていた人も、このレシピであれば大満足間違いなし! さっそくレシピを見ていこう。

1.「トマトご飯」+「タコ」+「黒オリーブ」で風味と食感にアクセントを

トマトをまるごと炊き込んだ大胆な炊き込みご飯には、タコと黒オリーブをプラスしておしゃれなイタリアン風に。
トマトの酸味が染みたご飯とタマネギの甘み、黒オリーブの香りが絶妙にマッチ。プリッとした食感のタコもアクセントとなり、ついつい箸が進んでしまうおいしさ。
トマトに含まれる「リコピン」の抗酸化作用は肌ダメージを回復してくれる効果が期待できるため、紫外線の気になる今の時期にこそ、積極的に取り入れてほしいメニューだ。

■材料 (2人分)

・タマネギ … 1/2個
・ニンニク … 1かけ
・茹でダコ … 120g
・黒オリーブ(種なし) … 8粒
・トマト … 1個
・米 … 1合(150g)
・水 … 200ml
・[A]オリーブオイル … 大さじ1
・[A]塩 … 小さじ1/2
・[A]コショウ … 少々

■作り方 (調理時間:40分)

① タマネギはみじん切り、ニンニクは薄皮を剥いて潰す。茹でダコはひと口サイズに、黒オリーブは輪切りにカットしておく。

② 研いだ米を土鍋に入れ、水を入れる。黒オリーブ以外の①を加える。
(※炊飯器を使用する場合は、トマトから水分が出るので、水を大さじ2減らす)

③ ②にAを入れ、真ん中にヘタを取ったトマトを置きふたをして中火で沸騰させ、沸騰後は弱火で15分炊く。
(※炊飯器を使用する場合は「普通炊飯」で炊く)

④ ③を火からおろし輪切りの黒オリーブを散らし、再び蓋をして10分蒸らす。

2.「トウモロコシご飯」+「刺身用ホタテ」で、魚介のうまみじんわり!

定番のトウモロコシご飯には、肉厚の刺身用ホタテを入れることでうまみをプラス。塩と昆布のみのさっぱりとした味付けは合わせるおかずを選ばず、献立に取り入れやすいのも嬉しい。
調理のポイントは、トウモロコシの芯も一緒に炊き上げること。トウモロコシの芯に含まれるうまみがご飯に移り、風味が大幅にアップするのだ。

■材料(2人分)

・トウモロコシ … 1/2本
・刺身用ホタテ … 6個
・米 … 1合(150g)
・水 … 200ml
・塩 … 小さじ1/2
・昆布 … 1枚(5cm×2cm)

■作り方(調理時間:40分)

① トウモロコシは粒を包丁で削ぎ、芯と分けておく。ホタテは半分に切っておく。
(※トウモロコシは横に寝かせ、半分に切り、切り口を下にして立ててまな板の上に置いてから、芯の周りを削ぐようにカットする方法が安定するのでおすすめ)

② 研いだ米を土鍋に入れ、水と塩、昆布、トウモロコシの粒と芯を加える。
(※炊飯器を使用する場合は、トウモロコシの芯を入れた分、水を大さじ2増やす)

③ 中火で沸騰させ、沸騰後は弱火で15分炊く。
(※炊飯器を使用する場合は「普通炊飯」で炊く)

④ ③を火からおろしホタテを加え、再び蓋をして10分蒸らす。

3.「新生姜ご飯」+「ひき肉」は夏にピッタリの爽やかな味わい

旬の新生姜をさっぱりと味わえる「新生姜の炊き込みご飯」には、ひき肉でうまみをプラス。
調理のポイントは、ひき肉に調味料を合わせ、味をなじませてから炊き上げること。新生姜のじんわり穏やかな辛みに濃い味のひき肉がよく合う。
新生姜には体を温める効果があるので、冷房で冷えがちな夏にぴったりのメニュー。

■材料(2人分)

・新生姜 … 60g
・合挽き肉 … 100g
・[A]酒 … 大さじ1
・[A]薄口醤油 … 小さじ1
・米 … 1合(150g)
・水 … 200ml
・白だし(なければ3倍濃縮タイプのめんつゆ) … 大さじ1
・酒 … 小さじ1

■作り方(調理時間:40分)

① 新生姜は千切りにする。

② 合挽き肉をボウルに入れ、Aを混ぜる。

③ 研いだ米を土鍋に入れ、水、白だし、酒、①、②を加える。
(※炊飯器を使用する場合は、水を大さじ2減らす)

④ 中火で沸騰させ、沸騰後は弱火で15分炊き、火からおろし10分蒸らす。
(※炊飯器を使用する場合は「普通炊飯」で炊く)

今が旬の夏野菜と、それを引き立てる食材をいっしょに炊き込んだ簡単レシピ。どのレシピもまるごと炊き込むだけなので、難しいコツは一切なし。「トウモロコシだけ」「トマトだけ」の炊き込みご飯に物足りなさを感じていた人にこそ、ぜひ試してほしい。




<レシピ作者プロフィール>
レシピ制作:フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/

関連記事

レシピ本には書かれていない「クッキー作り」最大のコツとは?意外なテクニックがサクホロ食感を作り出す!
レシピ本には書かれていない「クッキー作り」最大のコツとは?意外なテクニックがサクホロ食感を作り出す!

洋菓子レシピは巷に溢れているが、ホンモノを知りたいなら専門家に聞くのがイチバン! 洋菓子レッスンは半年待ち、各メディアで大活躍中の洋菓子研究家・たけだかおる先生にdressing編集部が弟子入り。秘伝メゾットとこだわりレシピを大公開します!