幻想的なドリンクの正体は?世界のセレブに愛される、ひんやりおいしい台湾発の「バタフライピー」が初上陸

2017年07月07日
カテゴリ
トレンド
  • 表参道・青山
  • スイーツ
  • 初上陸
  • 東京
幻想的なドリンクの正体は?世界のセレブに愛される、ひんやりおいしい台湾発の「バタフライピー」が初上陸
Summary
1.台湾からやってきた、美しいドリンク「バタフライピー」とは?
2.アンチエイジングの美容茶として海外セレブにも愛飲されているドリンク
3.濃厚な味わいのフルーツ豆乳スムージーがおいしすぎて大人気

台湾の夜市で大人気となった「バタフライピー」など本格的な台湾スイーツ・グルメが味わえるカフェ『台湾カフェ Zen(ゼン)』が表参道にオープンした。国内外の注目スイーツが軒を連ねる表参道に店を構え、オープン直後からスイーツ好きの間で話題となっている。

日本初上陸となる台湾ドリンク「バタフライピー」って何?

『Zen』のオススメメニューは何と言ってもカラフルかつ栄養満点のドリンクとして現地で大人気の「バタフライピー」だ。

その名を聞いても日本では「どんな飲み物?」と首を傾げる人も多いだろうが、これからのシーズンにぴったりのドリンクなのだ。では、その「バタフライピー」を紹介しよう。

「バタフライピー」とは、マメ科の花が原料のハーブティーのこと。上の写真を見てほしい。ドリンク上部の青紫色の部分は、台湾で作られた無農薬の蝶豆花茶と呼ばれるハーブティーで、これが『Zen』の人気メニュー「バタフライピー」だ。蝶豆花は、ブルーベリーと同じ抗酸化物質ポリフェノールの一種「アントシアニン」を主成分としており、美容茶としても台湾で女性に人気だ。

その下に見えるのは、写真左からローズマリーオレンジ、カルピス、アップルミント、ミックスベリーエルダーフラワーなどのフレーバージュースを層にして注いだもの。

色のグラデーションが美しく、現地でも大人気のドリンクだが、実は、見た目だけではなく、眼精疲労、アンチエイジングの美容茶として世界中のセレブからも今大注目されている。

バタフライピーの中でも特に人気なのは「ローズマリーオレンジ」(写真上)。ストローで混ぜながら飲むとスーッとした香りのハーブティーにオレンジのフレッシュな柑橘の香りが加わり、飲み進めるうちに味わいが変化していく。味の変化を楽しめる美容ドリンクとしてこれから日本でも人気になりそうだ。

暑い夏にぴったりの涼しい「スムージー」から「かき氷」までラインナップ

「バタフライピー」以外で人気が高いのが「フルーツ豆乳スムージー」(写真上)。今や日本では定番になったタピオカがふんだんに入ったフルーツフレーバーの豆乳スムージーだ。

ミックスベリー、キウイ、マンゴー、バナナの4種類からチョイスでき、一番人気は写真のミックスベリー。豆乳にベリーの果肉を加えてスムージーにし、仕上げに練乳ベースのオリジナルソースとタピオカを加えたもので、豆乳にベリーの甘酸っぱさがプラスされ、さっぱりした味わい。そこにもっちもちのタピオカが加わり、デザート感覚で楽しめるドリンクだ。

台湾の魅力が詰まったかき氷「台湾パラダイスカップル」(写真上)も人気スイーツのひとつ。ふわふわのマンゴー味のかき氷に、イチゴ、抹茶など4種類のアイス、フルーツ、タピオカ、白玉もち・仙草・愛玉ゼリーが乗ったボリューム満点の豪華なスイーツだ。花火がトッピングされるので、パーティ気分になること請け合い。

またデザート以外にも、クワパオ(割包)やタンピン(蛋餅)、台湾風おかゆなど台湾で人気の軽食もラインナップ。全品、テイクアウトが可能なので、町歩きのお供として気軽にドリンクを注文できるのも魅力。

【メニュー】
バタフライピー 各700円
フルーツ豆乳スムージー 各680円
台湾パラダイスカップル 1,780円
※価格は税込

台湾カフェ Zen(ゼン)

住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-25-35 原宿メイプルスクエア2F
電話番号
03-6434-0789
営業時間
11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日
不定休
公式サイト
http://taiwan-cafe.jp/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

ラーメン好き大歓喜! 日本最大級のラーメンイベント「東京ラーメンショー2017」が今年も開催
ラーメン好き大歓喜! 日本最大級のラーメンイベント「東京ラーメンショー2017」が今年も開催

1.日本最大規模のラーメンイベント「東京ラーメンショー」が10月26日(木)~11月5日(日)まで11日間開催 2. 全国・海外から選りすぐりの36種類のラーメンが大集結! 3.イベント初の女性限定タイムサービスを実施。トッピングの割引券や試供品をゲットしよう!

dressing編集部